椎橋寛のニュース

俳句・季語を擬人化したマンガが美しすぎる!『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛の新作『東京季語譚訪』レビュー

おたぽる / 2017年01月22日22時00分

『ぬらりひょんの孫』の作者として知られる椎橋寛が『ジャンプGIG』にて連載したマンガ『東京季語譚訪』の単行本が2016年12月に発売された。今作でも椎橋は妖怪(?)を描いており、『ぬらりひょんの孫』ファンなら必読、そうでない人も読んでみて十分に楽しめる、ちょっと変わったものをテーマにしている。 テーマは作品のタイトル通り俳句などに使われる「季語」。擬人化、 [全文を読む]

「ぬらりひょんの能力が全く通じない両津って何者」『ぬらりひょんの孫』椎橋寛が描いた両さんが強すぎると話題

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月26日18時00分

2016年11月21日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』51号の「こち亀40周年トリビュート企画 みんなのこち亀」第6弾に、漫画『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛が登場。椎橋の描く両津勘吉が「両津強すぎじゃね?」「妖怪よりも両津の方が人間離れしてる…」と話題になっている。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 超神田寿司の擬宝珠纏が「ここ最近めっきり勘 [全文を読む]

「ONE PIECE」も「ジョジョの奇妙な冒険」も「NANA-ナナ-」も! eBookJapanが集英社の人気コミックスを1000冊以上配信!!

PR TIMES / 2012年11月06日09時43分

■概要※価格はすべて税抜です○配信予定日:11月6日【カテゴリ:少年】・『ONE PIECE モノクロ版』(1)~(63)(尾田栄一郎)350円・『NARUTO―ナルト― モノクロ版』(1)~(51)(岸本斉史)350円・『青の祓魔師 リマスター版』(1)~(8)(加藤和恵)350円・『黒子のバスケ』(1)~(11)(藤巻忠俊)350円・『SKET DAN [全文を読む]

「ジャンプ」編集部は「先生の体調を第一に考えての決断」 “再開は未定”『ワールドトリガー』休載に入る

おたぽる / 2016年11月21日21時00分

「ジャンプ」51号の掲載順位は、『デモンズプラン』以下、『ONE PIECE』『歪のアマルガム』『ハイキュー!!』、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』40 周年トリビュート企画「みんなのこち亀」(第6弾・椎橋寛『ぬらりひょんの孫』)……と続く。その一方で、巻末掲載の『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』を除く最下位は、『レッドスプライト』。先週打ち切りとなっ [全文を読む]

「こち亀復活したかと思った!」『SKET DANCE』篠原健太が描いたこち亀トリビュート企画にファン大絶賛

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月16日06時30分

この「こち亀トリビュート企画」は『週刊少年ジャンプ』52号まで続く予定で、来週は椎橋寛が『ぬらりひょんの孫』と『こち亀』のコラボを見せてくれる。残り少なくなってきた「こち亀トリビュート企画」から、まだまだ目が離せない。 [全文を読む]

Yahoo!ブックストア 2016年5月の月間ランキング

PR TIMES / 2016年06月03日11時03分

■少年コミック1位 CLAYMORE(著作:八木教広/集英社)2位 今際の国のアリス(著作:麻生羽呂/小学館)3位 BECK(著作:ハロルド作石/講談社)4位 KING GOLF(著作:佐々木健 技術指導・監修:谷将貴)5位 ONE PIECE(著作:尾田栄一郎/集英社)6位 僕だけがいない街(著作:三部けい/KADOKAWA / 角川書店)7位 ぬらりひ [全文を読む]

『ONE PIECE』サンジがいきなり“ムートンショット”!! 「(16年は)サンジの年」はガチっぽい!?

おたぽる / 2016年01月04日17時00分

横田氏の師匠が椎橋寛氏というのは作風も絵も全然違うし、なんだか意外。近い将来、師弟でしのぎを削る日も来るのだろうか。 最後に、予告によると18日発売号では『左門くんはサモナー』がセンターカラーとなるもよう。読者の中で打ち切り候補にたびたび挙がる作品なだけに、ネットでは「よしイイぞ、左門もっとやれ」「サモンやるじゃーん」「左門はキモオタ向けだし、スケダンでも [全文を読む]

『冒険王ビィト』が10年ぶりに連載復活! ジャンプスクエアの増刊誌での連載再開が決定

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月21日17時30分

さらに同号では、三条陸と、『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛による新作読切作品『クリメイターズ』も掲載されている。「兆者(ちょうじゃ)」と呼ばれる怪物を焼き倒す「火葬人(クリメイター)」の活躍を描く伝奇バトルアクションだ。 『冒険王ビィト』12巻 原作:三条陸 漫画:稲田浩司 発売日:2006年9月4日 出版社:集英社 あらすじ 「暗黒の世紀」。それは、魔物( [全文を読む]

「感動しすぎて吐いた」 『ダイ大』コンビの『冒険王ビィト』、約10年ぶりの復活に歓喜!!

おたぽる / 2015年12月21日17時00分

『暗殺教室』以下、前号休載となった『ONE PIECE』、『僕のヒーローアカデミア』『火ノ丸相撲』『斉木楠雄のΨ難』……と続く、今号の「ジャンプ」のセンターカラーは、アニメDVD付単行本21巻の発売が決定した『ハイキュー!!』と、『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛氏の読切作品『クリメイターズ』。後者は完全新作ダークファンタジーとなるが、驚くべき点は原作を『DRA [全文を読む]

「ニコニコ静画」とのコラボに、10カ月ぶりの新コーナー誕生――「週刊少年ジャンプ」充実する読者参加型企画

おたぽる / 2015年04月06日20時00分

あわせて、今号では、『ぬらりひょんの孫』などで知られるマンガ家・椎橋寛の新作読切『究極球舞』も掲載。 今号の注目は、10カ月ぶりに新しく始まった読者ページ『バトよん!!!!』だ。昨年6月に読者投稿コーナー『ジャン魂G!』が最終回を迎えた後、以前より告知されていた通り、今号から『バトよん!!!!』がスタートとなった。このコーナーでは、ハガキ、封筒、Web投稿 [全文を読む]

「週刊少年ジャンプ」18年ぶりグラビアの中身は?

おたぽる / 2014年08月04日22時30分

作者の椎橋寛はアニメ化経験もある人気作家なので、今後浮沈に注目だ。 そのほかの情報としては、『ワールドトリガー』が8月11日にテレビアニメの声優お披露目イベントを開催。ティザーサイトには、声優陣として岡本信彦、釘宮理恵、田中秀幸、田村奈央、福山潤、村中知、梶裕貴といった名前が並んでいる。テレビ朝日系列での放送ということで、同局のイベント「テレビ朝日・六本木 [全文を読む]

「NARUTO-ナルト-展」開催が決定! 『ワールドトリガー』の広報戦略も気になる「週刊少年ジャンプ」

おたぽる / 2014年07月28日23時50分

これまでの「ジャンプ金未来杯」は、現在連載中の椎橋寛、芝田優作ほか、いずれの回からも「ジャンプ」連載作家を輩出している。今回も「金未来杯」から連載作家が誕生することだろうことから、本企画の結果も楽しみに待ちたい。 そのほか、今号の注目は、『ワールドトリガー』の企画ページ「BMPT」で告知されている「書店POPイラストコンテンスト」だ。これは「ニコニコ静画」 [全文を読む]

アニメ『銀魂』新作も 大規模イベントが恒例化する「週刊少年ジャンプ」

おたぽる / 2014年07月21日20時30分

『ILLEGAL RARE』の椎橋寛、『ヨアケモノ』の芝田優作を輩出した本企画から、「ジャンプ」の次世代を担う作家が出てくるのかにも注目したい。 また、今号では「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2014」の開始が告知された。以前まで「J(ジャンプ)スーパーアニメツアー」として開催されていたイベントがリニューアル。すでに放送が終了しているアニメ『銀魂』が1話 [全文を読む]

連載作の過半数がアニメに! 『ワールドトリガー』アニメ化でより盤石となる 「週刊少年ジャンプ」

おたぽる / 2014年06月02日12時30分

さらにテレビアニメ化経験のある作家という観点では、『魔人探偵脳噛ネウロ』の松井優征(『暗殺教室』連載中)、『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛(『ILLEGAL RARE』連載中)も有しており、改めて「ジャンプ」の"強さ"がわかるだろう。 そのほか巻頭の情報ページでは、『ONE PIECE』単行本3億冊突破を記念した書店での販促キャンペーンや、『ONE PIECE [全文を読む]

『ニセコイ』の“湯気“から声優・東山奈央の意外なエピソードまで! 「週刊少年ジャンプ」の『ニセコイ』対談が興味深い

おたぽる / 2014年05月19日13時00分

さすが『ぬらりひょんの孫』でアニメ化経験もある作者・椎橋寛だけある、といったところか。 そして、今週注目したい企画は、20号で行われた『ニセコイ』作者・古味直志と作家・西尾維新の『ニセコイ』対談に続いて、アニメ『ニセコイ』総監督の新房昭之と同作ヒロイン・桐崎千棘の声優を務める東山奈央のスペシャル対談だ。 この対談では、アニメ『ニセコイ』のオーディション秘話 [全文を読む]

ソーシャルゲームの利用実態調査の理由は? 「ジャンプ」アンケートに見る深い関係

おたぽる / 2014年02月10日18時00分

その口火を切ったのは、『ぬらりひょんの孫』などで知られる椎橋寛による『ILLEGAL RARE』だ。『ぬらりひょんの孫』は日本妖怪のバトルマンガだったが、本作は"怪物・幻獣"のキャラが多数登場するノワール・サスペンスもの。西洋妖怪の類が出ており、作者の得意分野はそのままに前作から少し毛色を変えてきた印象だ。また、トビラの煽り文「畏れなき世界で」は、『ぬらり [全文を読む]

スマホアプリとのシナジーを発揮する「ジャンプ」 新連載を前に打ち切り濃厚なのは...?

おたぽる / 2014年02月03日15時00分

第1弾は、前作『ぬらりひょんの孫』がアニメ化されるほどの人気を博した、椎橋寛の『ILLEGAL RARE』だ。現在、スマホアプリ「ジャンプLIVE」では、『ILLEGAL RARE』の新連載を記念して、2月8日まで毎日『ぬらりひょんの孫』を無料配信している。こうしたシナジー効果を出せるのは、スマホアプリを展開する「ジャンプ」ならでは。この企画は、椎橋にとっ [全文を読む]

「日本のマンガ・アニメ・ゲームの未来を語る!」講演会・シンポジウムを6月23日(日)大阪にて開催

@Press / 2013年06月12日10時30分

■プログラム<第I部>9:30 開会 学園長 越田英喜9:45~10:45 記念講演テーマ:「杉井ギサブローアニメワールド」内容 :「杉井ギサブローのアニメ監督としての実績とアニメづくりの思想」講師 :杉井ギサブロー(アニメーション監督)10:50~12:30 シンポジウムテーマ :「世界のアニメの潮流」内容 :「日本のアニメは今後、どのように発展していく [全文を読む]

フォーカス