鈴木章浩のニュース

【エンタがビタミン♪】坂上忍、都議会セクハラヤジ鈴木章浩議員を「選んだのも俺たち」。

TechinsightJapan / 2014年06月23日17時35分

6月18日の都議会で塩村文夏(あやか)都議に対して「早く結婚したらいいんじゃないか」などのヤジが飛んだ件について、23日に都議会自民党の鈴木章浩議員がヤジ発言を認めて謝罪した。同日のテレビ番組『バイキング』でもこの“セクハラヤジ”問題が取り上げられており、MCの坂上忍らが意見を述べている。 海外でも話題となった東京都議会での“セクハラヤジ”問題は、23日午 [全文を読む]

セクハラやじで鈴木章浩都議が謝罪...女性蔑視より深い政治家の病巣

東京ブレイキングニュース / 2014年06月25日14時30分

Photo by 鈴木章浩公式サイトより 東京都議会の一般質問中に、女性都議に対してセクハラ発言・女性蔑視発言と受け取れる野次が飛んだ騒動で、発言の主が鈴木章浩都議(自民党・大田区選出)だったことが判明し、都議会自民党の吉原修幹事長が謝罪した。 野次の標的となった塩村都議および所属するみんなの党は、自民党議員が座るエリアから複数の都議が野次を飛ばしていたと [全文を読む]

セクハラヤジ議員謝罪も、海外は批判継続 「遅い」「他にもいる」「党の体質露呈」

NewSphere / 2014年06月24日17時45分

塩村文夏東京都議員に対し、18日の議会中「早く結婚しろ」「産めないのか」等のセクハラとも取れるヤジを飛ばしたとして、自民党の鈴木章浩都議が23日一部発言についての責任を認めた。鈴木都議は塩村氏に直接謝罪し、会見を開いた。 会見で鈴木都議は「塩村都議を個人的に誹謗する目的はなかったが、結婚したくてもできない、子供を産みたくても持てない女性に対し配慮が欠けてい [全文を読む]

小池都知事への汚いヤジ連発が波紋…都議会自民党が反論「不誠実な答弁をされた」

Business Journal / 2016年12月16日06時00分

そしてヤジから5日後の6月23日、前者については都議会自民党政調会長代行の鈴木章浩都議が、自分が飛ばしたヤジであることを認め謝罪した。後者については、誰がしたものか、ヤジがあったのかどうかも曖昧なままだった。 セクハラヤジを認めたことで、鈴木都議は都議会自民党を離脱し、新会派「都議会再生」を結成する。だが 15年7月1日、会派を解消し都議会自民党に復帰し [全文を読む]

東京都議会にドン内田茂よりコワモテな”ヤジ大王”の存在|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年08月21日19時05分

ヤジを飛ばしたとして鈴木章浩氏が名乗り出たが、しかし鈴木都議は会見で「早く結婚しろ」は自分が言ったが「産めないのか」などのヤジは自分ではないと述べた。つまり、他の「犯人」はウヤムヤのまま終わったのだ。あのとき各紙を読み比べてみると興味深いことがわかった。 まず「東京スポーツ」の2014年6月22日の記事。東スポは“ヤジ大王”川井都議にインタビューしている [全文を読む]

お前らに舛添を責める資格はない...自民党の地方議員はトンデモだらけだ!「同性愛者は異常動物」「早く中出しさせて〜」

リテラ / 2016年06月16日17時30分

登壇した塩村文夏都議に対して、「早く結婚したほうがいいんじゃないか!」「子供を産めないのか!」とセクハラかつ女性差別のやじを公然と放った鈴木章浩都議。彼は、自民党の責任を追及され一度は会派を離脱したが、昨年夏にこっそり自民党に復帰している。 また、この問題を受け、約5年ぶりに再開された「男女共同参画社会推進議員連盟」の議連会長に就任した自民党の野島善司都議 [全文を読む]

日本の"報道の自由"が脅かされている件と外圧(ガイアツ)|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年04月26日20時00分

報道は再燃し、週明けに鈴木章浩都議が名乗り出た。結局「外圧(ガイアツ)」だったのである。 実はヤジが発生した6月18日には、ほとんどのメディアが犯人の1人は鈴木都議だとわかっていたフシがある。議会終了直後の鈴木議員のコメントを多くのメディアがおさえていた。「重要参考人」である。しかしそれ以上の追及はせず、海外メディアが騒ぎだしてからあらためて「乗った」。 [全文を読む]

“次世代の党”なのに旧世代… 国会議員の「女性は扱いにくい」発言に批判が集中

ウートピ / 2015年08月10日10時30分

この党に次世代らしさを感じたことは一度としてない ・女性活躍推進法案審議のための参院内閣委員会で言うことかね ・ハラスメント研修の教材にダメな例として必ず載ってそう ・もうこの層を変えることは無理なので、早く引退していただくことを勧めるだけ 女性地方議員の52%がセクハラを受けたことがある 今年6月30日には、昨年の東京都議会のセクハラやじ事件で、発言の責 [全文を読む]

6月は「突っ込み、セクハラやじ、悲劇…」 NewsCafeが選ぶ 2014年重大ニュース

NewsCafe / 2014年12月24日13時20分

23日には自民党の鈴木章浩議員がやじを飛ばしたとして、塩村議員に謝罪した。◆第20回FIFAワールドカップ6月12日から7月13日にかけ第20回目のFIFAワールドカップがブラジルで開催されドイツが6大会ぶり4回目の優勝を勝ち取った。前大会ベスト16だった日本は予選をコロンビア、ギリシャ、コートジボワールを含めたグループCで挑んだが、1勝もあげることができ [全文を読む]

野々村氏、小保方氏他 2014年記者会見の名言・迷言11を回顧

NEWSポストセブン / 2014年12月21日16時00分

当初はしらばっくれていた発言者・鈴木章浩都議もとうとう追い詰められて謝罪。会見では正確なヤジの内容を聞かれ、「早く結婚したほうがいいんじゃないか」と認めた。会見前には塩村議員にも頭を下げた。■「酉の市で大きな熊手を買った」 みんなの党の渡辺喜美元代表が、化粧品会社DHCから8億円を借り入れていることが発覚したのは3月。会見で使い途を聞かれ「熊手」の名が飛び [全文を読む]

男脳・女脳に根拠なし!「◯◯しない男、◯◯しない女」の煽りに騙されるな!

リテラ / 2014年11月19日08時00分

半年近く前の話題だが、塩村文夏都議会議員に「産めないのか」とヤジを放った鈴木章浩議員、そのヤジも去ることながら、同様にいただけなかったのが、釈明会見での「本当にしたくても結婚がなかなかできない方の配慮が足りなかった」発言。おそらくご本人は、未だにこの釈明の何が問題だったのか、お気づきではないのだろう。 その鈍感っぷりを証明したのが『正論』9月号の座談会。「 [全文を読む]

数多い醜聞の中でもぶっちぎり!? "不祥事議員"No.1は

NewsCafe / 2014年10月08日12時00分

不祥事をおこした他の議員の印象を薄くした罪は重い![男性/30代/その他]【2位】都議会セクハラ野次の鈴木章浩都議(2.5%)■セクハラ男は女の敵。議員を辞めるべき。[女性/40代/主婦]■国際的にも恥ずかしい。男尊女卑の考えが根底にあるのだろう。解明が不十分で幕が引かれた。[男性/50代/会社員]■「号泣」も問題アリだが、こちらはセクハラ云々より与党が一 [全文を読む]

35歳は仕事より出産しろ!? 野島都議だけじゃないセクハラヤジ擁護論

リテラ / 2014年09月18日20時15分

今年6月、当時自民党会派に所属していた鈴木章浩都議による塩村文夏都議へのセクハラヤジが大きな批判を浴びたのは記憶に新しい。この問題を受け、セクハラ防止も含めた「男女共同参画社会推進議員連盟」の活動が約5年ぶりに再開されたのだが、その議連会長に就任したのがこの野島都議だ。しかも野島都議は釈明会見で謝罪するどころか「男女は結婚すべきだと思うのは僕の思想信条で当 [全文を読む]

安倍内閣と一体の右派組織「日本会議」究極の狙いは徴兵制だった!

リテラ / 2014年09月11日22時00分

そのひとりが東京都議会で塩村文夏都議に「早く結婚したほうがいいんじゃないか」とヤジを飛ばした鈴木章浩都議。鈴木都議は12年8月、政府が立ち入り禁止にしていた尖閣諸島に上陸した日本人10人のなかの1人だが、他のメンバーの中にも日本会議参加者が複数含まれていた。 ようするに、旧来型の右翼に新興宗教とネトウヨが合体したような団体なのだが、安倍首相は何十年も前から [全文を読む]

東京都議会政務活動費 セクハラ野次騒動当事者2人の状況は

NEWSポストセブン / 2014年07月16日16時00分

一方、野次を飛ばして謝罪した鈴木章浩都議はノートパソコン3台にウイルスソフトを加えた合計22万円の買い物をし、半分を政務活動費として計上していた。 さらに調べると旅行会社発行の89万円の領収証も出てきた。「ロンドンオリンピック視察団渡航費用」との但し書きがあり、こちらは全額を計上していた。 ●取材協力/若林亜紀(ジャーナリスト) ※週刊ポスト2014年7 [全文を読む]

都議・塩村文夏 構成作家時代に行ったグラドルへの“過激なセクハラ”所業

アサ芸プラス / 2014年07月15日09時52分

都議会で鈴木章浩議員から、 「早く結婚しろ!」 と、やじを飛ばされ涙を流した塩村氏。その後、彼女は外国人記者クラブで会見を開き、女性蔑視発言の悪質性を訴えながら、 「安倍首相にご意見も聞いてみたい」 と発言した。このことで、やじ問題はロイター通信が、海外に向けて次のように発信する事態に発展したのだった。 「女性議員へのやじに強い怒り」「夏季五輪を開催する [全文を読む]

【都議会ヤジ問題】男性の意見から今後を考える 小林よしのり氏、佐々木俊尚氏、荻上チキ氏らも発言

ウートピ / 2014年07月03日12時00分

鬼の首をとったような……この一件が起こったのは6月18日の議会でのことだが、23日には鈴木章浩議員が野次の主であることを認めた。このころから、鈴木議員をやり玉にあげる人々のことを「鬼の首を取ったような」という人も現れた。また、同じ時期から、塩村文夏議員の過去を持ち出してくる人々や記事も増えてくる。これについて、漫画家の小林よしのり氏は、25日の自身のブログ [全文を読む]

塩村文夏都議の悪行続出?過去の性的侮蔑行為や恋人からの高額慰謝料、選挙違反疑惑も

Business Journal / 2014年07月03日01時00分

6月18日、東京都議会で塩村文夏議員が質問中に「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などとセクハラ的な内容の野次を浴び、23日には発言を名乗り出た鈴木章浩議員が塩村議員へ謝罪。さらに鈴木議員以外からも同様の野次が上がっていたため、塩村議員は24日、名乗り出ない議員を刑事告訴する可能性を表明したが、都議会は鈴木議員以外の発言者を特定する決議を否決。事態をうや [全文を読む]

“日本の女性差別は改善している” 『アナ雪』ヒットとセクハラ野次から米メディア分析

NewSphere / 2014年07月01日17時54分

『Change.org』には発言者の解明と謝罪を求める署名が約10万件集まり、数日後、鈴木章浩都議が名乗り出て謝罪するに至った。その後さらに、鈴木都議の事務所に卵を投げつける人物(しかも男性)まで現れた。 この顛末は、日本が新しい方向へ進んでいることの象徴、と同メディアは指摘する。これまで女性が「かわいらしくて、家事ができること」に価値が置かれていたのが、 [全文を読む]

塩村都議 海外の「日本の女性蔑視」報道への責任問われるか

NEWSポストセブン / 2014年07月01日07時00分

東京都議会で登壇した塩村文夏都議(35)に対し「早く結婚した方がいいんじゃないか」と野次を飛ばした鈴木章浩都議(51)が謝罪した騒動は、広く世界にも報道された。“悲劇のヒロイン”となった塩村氏だが、政治家としての姿勢が問われる側面もある。 野次の中に「産めないのか」という発言があったとして事実確認もせずにツイートしたが、この発言が本当にあったかは確認できて [全文を読む]

フォーカス