高橋国光のニュース

最高速で日本初のオーバー300km/h! 最強伝説となった深紅のパンテーラ

clicccar / 2017年02月22日12時03分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ フェラーリBBより速い! 空前絶後の300km/hオーバー! パンテーラSPL. by ゲーリー.A.光永 最高速:307.69km/h ドライバー:高橋国光 最高速計測で、307.69km/hという驚異的なこの記録は、OPT計測での歴代1位(当時)であるだけでなく、記憶する限り、谷田部におけるストリートバージ [全文を読む]

最高速テストでタイヤバースト! 高橋国光ドライブで冷や汗ものの谷田部高速周回路

clicccar / 2017年02月09日17時04分

テストドライバーは、自動車メーカーの最高速テストを知り尽くした自動車評論家・望月修さんと、トップレーサー・高橋国光選手です。 しかし、この第1回最高速計測テストは、タイヤや足まわり、各所ブローなどが発生し、この日のトップスピードはTRUST大川トランザムの264.71km/h。しかもこのトランザムには、恐怖のタイヤバーストのオマケ付きです。 1981年8 [全文を読む]

日本初の最高速300km/hオーバーが誕生した日、日本車勢トップは雨宮RX-7!

clicccar / 2017年03月23日16時15分

1981年11月17日 谷田部テストコース テストドライバー=高橋国光・望月修 天候=晴/計測=芝浦工大・小口研究室スタッフ [国産車1位] 277.45km/h RX-7 13Bサイド・ターボ by RS雨宮自動車 国産最速マシン ハイパワーにミッションが負けても277.45km/h! 谷田部でのスピードトライアルを重ねるうちに、着実にステップアップし [全文を読む]

「日本一速い男」が50年越しの夢・ロードレーサーに挑戦!

clicccar / 2017年03月17日16時33分

往年のマシン「RC166」には星野一義氏(69)、「RC164」には元ホンダのレジェンドライダーで星野氏が尊敬して止まない北野 元氏(76)、「RC142」には高橋国光氏(77)がそれぞれ搭乗。エンジンスタートとともに大迫力のサウンドを炸裂させ、サーキット走行を披露。 日本のモータースポーツの原点となったのが、1959年のホンダによるマン島TTレースへの [全文を読む]

レクサス勢が圧倒的な強さを魅せつけSUPER GT第2戦の表彰台を独占!ZENTパーフェクトウィン

Walkerplus / 2017年05月04日19時46分

ホンダ勢は、高橋国光監督率いる「RAYBRIG NSX-GT」の6位が最高位。しかし決勝前のフリー走行ではトップタイムを出すなどキラリと光る部分もあり次戦に期待がもてそうだ。 GT300クラスは、「JMS P.MU LMcorsa RC F GT3」が、見事なタイヤ戦略が功を奏して優勝。いっぽう前線の岡山で優勝、富士も予選1位で優勝候補に目されていた「G [全文を読む]

個性豊かで魅力的な車が溢れる中、自動車免許証を取れる年齢になった頃、フェアレディZに憧れた:木下隆之

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年05月04日15時00分

<1970全日本富士1000kmレース GTS2: #31 ダットサンスポーツ240Z/ 高橋国光・黒沢元治> S30型フェアレディ240ZGのレースデビューは、日産ワークスが送り込んだ「富士1000km」だったという。デビューウイン、多くのファンを魅了した。 ニスモフェスティバルで披露されたフェアレディ240ZGは、1973年式だった。2.8リッターまで [全文を読む]

富士スピードウェイ50周年で伝説の名車やドライバーが集結! 輝かしい日本のモータースポーツ史とは

週プレNEWS / 2017年03月20日06時00分

しかも、国産F1マシンとしてこのレースにデビューしたコジマ・エンジニアリングのKE007や、伝説の国産F1マシン(74年に2戦出場も予選落ち)マキF101、77年に富士で行なわれたレースに出場したウルフWR1までいるなんて、なんていう贅沢! ちなみに、初めて日本で開催されるF1は、当時の日本のレース界にとってまさに「黒船」! コジマKE007でこのレースに [全文を読む]

鈴鹿サーキットでGT500仕様のレクサス「LC500」が初デモラン!

clicccar / 2017年03月16日19時33分

また高橋国光氏が率いるチーム国光は、シーズンオフ用のカラーリング「PHASE01」を纏った新型ホンダNSXベースの「RAYBRIG NSX-GT」を披露。山本尚貴選手がドライビングを担当しました。 シーズン開幕戦ではRAYBRIGのブルーをメインとしたカラーリング「PHASE02」が施されることになります。 日産は「CALSONIC IMPUL GT-R [全文を読む]

3万1000人を魅了!富士スピードウェイ50周年イベントで名車達が夢の饗宴

Walkerplus / 2017年03月13日17時30分

中でも1976年に行われた「F1世界選手権 イン・ジャパン」の再現として、『フェラーリ312 T2』、『ロータス77』、『マクラーレンM23』、『ウルフWR1』といったヴィンテージF1カーが走行した他、寺田陽次郎が『マツダ787B』、鈴木利男が『カルソニック ニッサンR92CP』、中嶋悟が『TOYOTA TOM’S 85C-L』、高橋国光が『タイサンスタ [全文を読む]

【モーターファンフェスタ】フェスタ公認PRドライバー・奈々美のレポート!

clicccar / 2016年04月27日12時33分

私は高橋国光さん、土屋圭市さん、飯田章さんの3人によるトークショーのMCも担当。さすがにこのお三方を相手にかなり緊張する私です。 NSXでルマン24時間耐久に参戦したお話にステージ前は黒山の人だかり。この3人のトークショーは十数年ぶりだそうです。 期待通り、土屋さんがステージを楽しくして下さいました。 こちらはD1プロモーションブース、家族連れがすごく多 [全文を読む]

【モーターファンフェスタ】サーキットでオートサロン? FSWに2万人超が集結したビッグイベント開催!

clicccar / 2016年04月25日20時31分

続いてMCを塚本奈々美さんにタッチ、NSXでルマン24時間耐久レースに参戦した高橋国光氏、土屋圭市氏、飯田章氏の3人によるトークショーを開催。 ステージではLIVEショーも行われ、そのステージ横には当選者にプレゼントされるマツダ「ロードスター」とダイハツ「コペン セロ」の姿が。何と太っ腹! 会場に設けられたクリッカーブースでは公道を走れる50ccカート「 [全文を読む]

【追悼・画像ギャラリー】徳大寺有恒氏の“あのころ”

clicccar / 2014年11月20日08時55分

このレースでは、生沢選手のポルシェ・カレラ6と高橋国光選手のニッサン・R380がレース中に接触しそうになりスピン。生沢選手が緊急ピットインした際に機転を利かせて給油を指示しました。これにより生沢選手は給油のためのピットインをせずに走り切り総合優勝を果たしました。 また、60年代後半から式場壮吉氏が編集長を務めた「CAR MAGAZINE」(ベースボールマガ [全文を読む]

10月13・14日の連休には「モータースポーツジャパン フェスティバル」へ行こう!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年10月10日19時35分

そして今年は、日本で初めて開催された本格レース「第1回日本グランプリ」から数えてちょうど50年という節目の年ということもあり、歴史映像館に当時の参戦ドライバーである大久保力氏、津々見友彦氏、高橋国光氏をお迎えして、貴重な映像を観ながらトークイベントを開催するそうだ。モータースポーツがお好きな方も、本物のレースカーをまだご覧になったことがない方も、今週末の連 [全文を読む]

タグ・ホイヤーが2013年度「ジャパン・モーター・レーシング・ホール・オブ・フェイム」表彰式を開催

PR TIMES / 2013年10月10日19時32分

2013年10月9日(水) - タグ・ホイヤーは、2013年度「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME / ジャパン・モーター・レーシング・ホール・オブ・フェイム)」の表彰式を開催いたしました。2011年度に開設された「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME / ジャパン・モーター・レーシング・ホール・オブ・ [全文を読む]

フォーカス