増田雅昭のニュース

台風6号、急旋回して日本に接近する恐れがあると警鐘!

秒刊SUNDAY / 2015年05月08日09時12分

毎年この時期の台風は、発生するも偏西風の影響で日本に接近する可能性は低いのですが、お天気キャスター「増田雅昭」さんによると、来週の13日には日本に急旋回して接近するおそれがあるとのこと。ただし、海水温が低いため接近したとしても現在の勢力よりはだいぶ衰えるとのことですが、奄美大島は大しけになりそうだ。台風6号の影響、関東では来週火曜か水曜頃に、雨が強まる可能 [全文を読む]

【台風ヤバい】台風1号が超成長!「910hpa→900hpa」という猛烈な台風に成長!

秒刊SUNDAY / 2016年07月06日14時10分

台風1号、正午でさらに発達して900hPaに!→ 『台風1号は900hPaまで発達 「猛烈」な勢力で沖縄へ接近 九州~本州でも大雨のおそれ』(増田雅昭) - Y!ニュース https://t.co/4mlBfbdiIC #台風 pic.twitter.com/jsN5GYFr0Q— 増田雅昭 (@MasudaMasaaki) 2016年7月6日 ―ネットの [全文を読む]

「ビストロSMAPに出演すると総理になれる」政界のジンクス

NEWSポストセブン / 2016年11月26日07時00分

◆雨の日に就任した総理は短命 ・小渕恵三首相→雷雨(在任1年8か月) ・森喜朗首相→雨降り続く(在任1年1か月) ・安倍晋三首相(第1次)→土砂降りの大雨(在任1年) ・野田佳彦首相→午後から雨(在任1年3か月) 総理の就任日に雨が降ると政権は短命に終わる──というのは、気象予報士の増田雅昭氏が第1次安倍政権末期に唱えた説だ。上記の事例を見るとうなずける [全文を読む]

【注意】台風13号、東海地方を直撃か?過去に例なき異例の事態!

秒刊SUNDAY / 2016年09月07日08時40分

#台風 pic.twitter.com/nxfwFidWJ9— 増田雅昭 (@MasudaMasaaki) 2016年9月6日 13号の特徴として、気圧990~995hpaとそれほど低くない。気圧が低いというのはイコール風が強いということになるが、今回の台風はそれほど低くはないが、そもそも「台風」という状態を維持している時点では、当然ながら恐れるべき事態 [全文を読む]

【注意】台風12号、九州北部を襲来!950hpaの勢力を維持したまま

秒刊SUNDAY / 2016年09月03日11時24分

#台風 pic.twitter.com/sN4X1jGOEq — 増田雅昭 (@MasudaMasaaki) 2016年9月2日 さてそんな中突如発生しました台風12号ですが、勢力を維持したまま北上。温かい海水をふくんでいるので、あまり勢力は衰えず、現在955hpa。中心付近では40メートルという非常に強い風が吹いております。もはや立っていることとさえ困 [全文を読む]

9月台風は「ボルト型」超大型&高速で予報士が被害警鐘

WEB女性自身 / 2016年09月01日06時00分

とくに今年は、例年よりも台風の発生回数が少なかったぶん、今後は帳尻を合わせるかのように、多くの台風が発生する危険性が考えられます」 このように、日本列島を脅かす台風が、これからも連続するかもしれないと、警告を鳴らすのは、ウェザーマップの気象予報士・増田雅昭さん。8月下旬にかけて連続で発生した台風は、東海、関東、東北に上陸、最接近しながら、列島各地に大雨と暴 [全文を読む]

【凄い進路】さまよう台風10号やはり急旋回して日本に接近!

秒刊SUNDAY / 2016年08月23日10時36分

しかも発達して…→ 『さまよう台風10号の動きに今週は注目です』 https://t.co/B9KcZnxYah pic.twitter.com/f0jtuYvua3— 増田雅昭 (@MasudaMasaaki) 2016年8月22日 さてトリプル台風ということで、3つの台風が襲ってきているわけですが、9号・11号に関しては、報道のとおりでございます。しか [全文を読む]

【寒い】松岡修造カナダへ!→日本で雨が降り「マフラー必要」ぐらい極寒に!

秒刊SUNDAY / 2015年11月02日08時59分

pic.twitter.com/bPSqq47GDp— 増田雅昭 (@MasudaMasaaki) 2015, 11月 1 松岡修造が居ないから寒いのではないかという、半分ネタのような都市伝説も有りますが、スケジュールを見ると確かにフィギュアスケートグランプリシリーズでカナダにいらっしゃるようです。したがって日本が寒くなったという説はさておき、この時期西 [全文を読む]

大寒波到来で食料品や光熱費の高騰必至 家計負担は2万円増

NEWSポストセブン / 2014年12月10日07時01分

気象予報士の増田雅昭さんが言う。 「空気の乾燥と急激な気温低下でインフルエンザ患者が増加するでしょう。寒気の影響で亡くなる高齢者のかたが増加するおそれもあります」 また、寒さの厳しい冬は心臓発作を発症するケースが多い。風邪から肺炎をこじらせて亡くなる人が増えることも危惧されている。 予想を超える冷え込みが生活に与える影響はかように甚大だ。油断することのない [全文を読む]

米国を襲った大寒波 もしも日本に到来したら大停電の危険性

NEWSポストセブン / 2014年12月04日07時00分

気象予報士の増田雅昭さんは「今回の米国の寒波は、北極圏に溜まっていた寒気が流れ出したことが原因」だと説明する。 「北極圏の寒い空気は2~3週間ごとに蓄積と放出を繰り返します。そして放出された寒波は集中的にどこかにドドッとなだれ込む。どこになだれ込むか、冬になる前からは予測できません。また、その規模を予測することは難しい。つまり米国を襲った強さの寒波が日本 [全文を読む]

天気予報 気象庁とウェザーニュース、微妙に違うのはなぜ?

NEWSポストセブン / 2014年09月13日07時00分

差異が生じる理由は、気象庁やそれぞれの気象会社が持っている計算のロジックが違うと気象予報士の増田雅昭さんは解説する。 もとは世界各地にある観測値からスタートして、気象庁が持っているスーパーコンピューターに今後の予測を計算させる。ここまでは気象庁も気象会社もみんな一緒で、スーパーコンピューターがはじき出した要素、場所ごとの気温、風、湿度などを、気象庁や各気象 [全文を読む]

梅雨入り前から「猛暑」も8月は冷夏の予想 大雨被害の危険も

NEWSポストセブン / 2014年06月05日07時00分

その原因を、気象予報士の増田雅昭氏はこう説明する。 「5月下旬から6月上旬にかけて、例年、南の太平洋側から暖かい空気が流れ込んでくるんですが、今回はそれに加えて、西側からかなり高温の空気が流れ込んできたんです。中国大陸で雨が少なかったために、北京では40℃を超える日もありました。その熱い空気が日本にやってきたというわけです」 とはいえ、夏本番はこれから。8 [全文を読む]

フォーカス