田中絹代のニュース

下関市が大正時代の建築物「田中絹代ぶんか館」を 3D モデル化

6 / 2015年02月16日18時00分

公開するのは、「下関市立近代先人顕彰館」(旧逓信省下関電信局電話課庁舎、1924年)、愛称「田中絹代ぶんか館」の 3D モデルなど。プロジェクトは、建物竣工90周年、田中絹代ぶんか館オープン5周年記念事業で開始された。 3D モデルデータは、「田中絹代ぶんか館」1階ロビー」とインターネット(現在調整中)で公開される。 「田中絹代ぶんか館」は、大正時代特有 [全文を読む]

中条あやみ、栄誉獲得で大粒の涙

2 / 2017年02月15日19時11分

ほか、表彰式には中条と同じく新人賞を受賞した毎熊克哉、男優主演賞の本木雅弘、女優主演賞の筒井真理子、男優助演賞の香川照之、女優助演賞の市川実日子、田中絹代賞の松原智恵子、アニメーション映画賞を受賞した映画「君の名は。」の新海誠監督らが出席。日本映画大賞には「シン・ゴジラ」が選出された。(modelpress編集部) ■第71回(2016年)毎日映画コンクー [全文を読む]

綾瀬はるか、長澤まさみらが栄誉獲得「第70回毎日映画コンクール」受賞発表

2 / 2016年02月16日18時51分

70回目を迎える今年は、二人のほか男優主演賞を塚本晋也、男優助演賞を加藤健一、スポニチグランプリ新人賞を野田洋次郎と藤野涼子、田中絹代賞を桃井かおりが受賞。またももいろクローバーZ主演の「幕が上がる」がTSUTAYA 映画ファン賞(日本映画部門)に選ばれた。(modelpress編集部) ■「第70回毎日映画コンクール」受賞一覧 【作品部門】 日本映画大賞 [全文を読む]

期待のSeventeenモデル、新人賞を受賞 「世界でも認められるような女優になりたい」

2 / 2013年02月07日23時30分

対象作品は洋画、邦画を問わず、前年12月1日からその年の11月30日までに公開された全作品の中から、日本映画大賞をはじめ同優秀賞、個人賞(監督賞、脚本賞、男・女優主演賞、同助演賞、撮影賞、美術賞、音楽賞、録音賞、技術賞)、記録文化映画賞、アニメーション映画賞、スポニチグランプリ新人賞、大藤信郎賞、田中絹代賞、日本映画ファン賞、外国映画ベストワン賞、外国映画 [全文を読む]

草刈民代、加瀬亮らが受賞 「毎日映画コンクール」豪華俳優陣から喜びの声

2 / 2013年02月07日20時39分

対象作品は洋画、邦画を問わず、前年12月1日からその年の11月30日までに公開された全作品の中から、日本映画大賞をはじめ同優秀賞、個人賞(監督賞、脚本賞、男・女優主演賞、同助演賞、撮影賞、美術賞、音楽賞、録音賞、技術賞)、記録文化映画賞、アニメーション映画賞、スポニチグランプリ新人賞、大藤信郎賞、田中絹代賞、日本映画ファン賞、外国映画ベストワン賞、外国映画 [全文を読む]

VOD初配信!を含む、HBC(北海道放送)と脚本家・倉本聰が描いた珠玉の名作ドラマ『HBCドラマ傑作選』がビデオマーケットにてついに配信開始!

1 / 2017年06月05日15時30分

【配信開始作品】 [画像2: https://prtimes.jp/i/23222/47/resize/d23222-47-178921-1.jpg ] 初回配信「幻の町」(初回放送1976年2月8日) VOD初配信 脚本 倉本聰 出演 田中絹代 笠智衆 北島三郎 桃井かおり 演出 守分寿男 (C)北海道放送 ※1976年度芸術祭テレビドラマ部門 優秀賞 [全文を読む]

往年の名女優月丘夢路さん95歳で死去 端麗な容姿で人気を集める

1 / 2017年05月08日18時34分

看板スターとして川島雄三監督『あした来る人』(55)、田中絹代監督『乳房よ永遠なれ』(55)、中平康監督『美徳のよろめき』(57)などに主演、日活の黄金時代を支えた。被爆者の手記を基に原爆の悲惨さを訴えた関川秀雄監督の『ひろしま』(53)にも出演した。 日活がアクション路線に転じたのを機にフリーとなり、映画『華麗なる一族』(74)のほか、ドラマ、バラエティ [全文を読む]

巨匠たちに愛された銀幕女優・香川京子が語る黒澤明監督の遺作「自然に、肩の力を抜いてやれた好きな作品」BS12で『まあだだよ』ほか5月放送!

1 / 2017年04月18日13時00分

■成瀬巳喜男監督『おかあさん』~女優として初めてプロ意識を持った思い出の作品~ 田中絹代さんが演じる下町のクリーニング店のお母さんを支える長女役でした。田中さんとの共演からたくさんのことを学びましたし、自分はこういう明るい庶民的な娘役が合っているのかな、と女優として初めてプロ意識を持った思い出の作品です。■黒澤明監督『まあだだよ』~自然に、肩の力を抜いてや [全文を読む]

女優たちの「初濡れ場」メモリアル(2)校内での初体験演技が光った森下愛子

1 / 2017年04月03日12時57分

明治時代に、天草からボルネオに娼婦として売られていった「からゆきさん」を題材にしたものだが、高橋は田中絹代が回想で語る若き日のからゆきさん・北川サキを演じている。 高橋はNHKの朝ドラ「北の家族」(73年)でヒロインを演じた直後。熊井啓監督が直々に出演交渉に来たと本人が明かす。「朝ドラが終わりに近づいた頃、監督が撮影所に訪ねて来られて、1対1で話しました。 [全文を読む]

『君の名は。』『シン・ゴジラ』らヒットの立役者が集結

1 / 2017年02月24日16時00分

』の新海誠監督、『この世界の片隅に』ののん、『セトウツミ』の中条あやみ、『シン・ゴジラ』の市川実日子、『クリーピー 偽りの隣人』の香川照之、『永い言い訳』の本木雅弘、「田中絹代賞」を受賞した松原智恵子ら。 撮影■平野哲郎 [全文を読む]

フォーカス