柳澤健のニュース

その熱さが羨ましい! 伝説の深夜ラジオ『林パック』が今、伝える“本物の青春”

週プレNEWS / 2016年09月21日21時00分

その『1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代』(集英社)の著者、ノンフィクションライター・柳澤健氏が感じとった熱き青春とは。 ―「林パック」はどんな番組だったんでしょうか? 柳澤 林パックは、リスナーの思いを受け止めるということよりも、林さんが自分の心に響いた映画や音楽などを紹介する番組だった。「あなたも興味があったらどうぞ」と [全文を読む]

【書評】UWFはいかにして社会を騙したか

NEWSポストセブン / 2017年03月21日16時00分

【書評】『1984年のUWF』/柳澤健著/文藝春秋/本体1800円+税 【著者プロフィール】柳澤健(やなぎさわ・たけし)/1960年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。文藝春秋勤務を経てフリーライターに。『1976年のアントニオ猪木』(文藝春秋)、『1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代』(集英社)など著書多数。 いまだにファ [全文を読む]

夭逝した天才ノンフィクション作家・井田真木子の若き日の原稿が書籍化―刊行記念トークイベント開催

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月08日17時30分

また、雨宮まみ、上原善広、大塚英志、角幡唯介、北原みのり、木村元彦、杉江松恋、武田砂鉄、中川淳一郎、樋口毅宏、増田俊也、松原隆一郎、柳澤健、吉田豪ほか計17人が、それぞれの「井田真木子論」を特別寄稿している。唯一無二のノンフィクションライターだった井田真木子。その人生にあなたは驚愕することになる。プロレスファンのみならずとも満足する内容だ。 刊行を記念して [全文を読む]

蕎麦屋店主からプロレスラーなど、ユニークな参加者23名のオススメ本!ブックフェア「中井文庫2015」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月07日06時30分

参加しているのは、小説家・怪談作家として知られる平山夢明や、『1976年のアントニオ猪木』などのノンフィクション作品で知られるライターの柳澤健。作家にライターとここまでは普通だが、写真家・青山裕企や、人気プロレス団体「DDT」の竹下幸之介選手が選者として並ぶ。さらに、地元・中井のお蕎麦屋さんの店主、歯医者さん、大学教授といったちょっと意外な人物まで、総勢2 [全文を読む]

“書く人”水道橋博士の書棚に見える、手塚治虫とみうらじゅんの「点と線」

文春オンライン / 2017年04月22日17時00分

◆ (注1)「ユリイカ 2017年1月臨時増刊号 総特集◎みうらじゅん SINCE1958」・20頁 (注2)ほぼ日刊イトイ新聞 https://www.1101.com/kinchan/2004-09-06.html (注3)柳澤健「1974年のサマークリスマス」320頁 (urbansea) [全文を読む]

マキタスポーツの定例ライヴ&トークイベントに西野亮廣(キングコング)が登場

okmusic UP's / 2017年04月15日13時00分

』と柳澤健の『1984年のUWF』を紹介。その虚実入り混じった内容についての忌憚ない感想はもちろん、“全部言っちゃうね"さながら、現在自身のバンドがうまくいってないことも、マキタはサラリと告白する。その後は、最近トライしているというポエトリーリーディングを披露。ジミー岩崎のピアノに合わせて、今の彼のなかにある“リアル"が、むき出しのリリックとなって吐露され [全文を読む]

前田日明は、本当にただの「ヘタクソ」だったか……ベテランプロレス記者が読み解く『1984年のUWF』

日刊サイゾー / 2017年03月24日21時00分

著者はスポーツ雑誌「Number」(文藝春秋)の元編集者で、フリーライター転向後、『1976年のアントニオ猪木』(同)、『1985年のクラッシュ・ギャルズ』(同)、『1993年の女子プロレス』(双葉社)、『1964年のジャイアント馬場』(同)などを執筆した柳澤健氏。『1984年のUWF』は、序章=北海道の少年(中井祐樹)、第1章=リアルワン(カール・ゴッ [全文を読む]

アリ対A.猪木 バンテージに石膏や裏ルールなど噂の真相

NEWSポストセブン / 2016年06月16日11時00分

ノンフィクションライターの柳澤健氏が辿りついた、当事者たちが隠し続けた40年目の真実を明かす。 * * * 当然ルール作成は困難を極めたが、なんとか妥協点を見出すことができた。「アリがバンデージに石膏あるいはシリコンを入れて固めていたから、一発当たれば猪木は死んでいた」「猪木は圧倒的に不利なルールを呑まされた。投げ技も関節技もタックルも禁止された上に、公表 [全文を読む]

アリ対A.猪木 リアルファイト異種格闘技戦実現の経緯

NEWSポストセブン / 2016年06月15日11時00分

ノンフィクションライターの柳澤健氏が、その舞台裏を解き明かす。 * * * 1960年ローマ五輪のボクシングライトヘビー級で優勝したカシアス・クレイ、後のモハメッド・アリの武器は、常人を遥かに超える動体視力と反射神経、そしてフットワークだ。 それらすべてを使ってアリは相手のパンチを軽々と避け続け、フラフラになった相手をKOして世界チャンピオンにまで駆け上っ [全文を読む]

猪木との格闘技戦 当初アリは本気でやるつもりなかった

NEWSポストセブン / 2016年06月13日07時00分

ノンフィクションライターの柳澤健氏が、アリのビッグマウスのルーツと、なぜエキジビションだとアリが語ったのかについてつづる。 * * * いまからちょうど40年前にあたる1976年6月、ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメッド・アリが来日した。目的はプロレスラー、アントニオ猪木との異種格闘技戦である。来日直前のアリは、一部のメディアに向けて次のように語 [全文を読む]

フォーカス