山村浩二のニュース

絵本の原画を見に行こう! 『雨ニモマケズ Rain Won’t』&『サンパギータのくびかざり』原画展開催

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月08日17時30分

★『雨ニモマケズ Rain Won’t』山村浩二絵本原画展 一つ目は、今年生誕120年を迎える宮沢賢治の絵本『雨ニモマケズ Rain Won’t』の原画展。宮沢の誕生日である2016年8月27日(土)から始まり、9月25日(日)まで、「長谷川書店ネスパ茅ケ崎店」で開催される。これまでにも東京・国立駅前のギャラリービブリオや紀伊國屋書店新宿本店で開かれたが [全文を読む]

【INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2017 @SuperDeluxe vol.4】開催!

Digital PR Platform / 2017年02月28日16時46分

隈研吾や山村浩二ら6名によるトーク&プレゼンテーション(T&P)日時:3月17日(金)19:00開演(18:30開場)/会場:スーパー・デラックス(東京・西麻布) アート、デザイン、建築、科学、文学、食、音楽など多彩な分野で活躍する専門家が、ジャンルの垣根を超えて多角的な視点から「文化をデザイン」することを目的に活動している、一般社団法人日本文化デザインフ [全文を読む]

東京アニメアワードフェスティバル2015で追加プログラム「カナダフォーカス」実施が決定

ITライフハック / 2015年03月06日13時00分

3月5日にカナダ大使館にて行われたプレスカンファレンスには、カナダ在住のアニメーション監督コ・ホードマン氏や、アニメーション協会副会長である東京藝術大学大学院映像研究家アニメーション専攻教授である山村浩二氏が登場。カナダフォーカスのプログラム内容や意義に加えて、ホードマン氏からはこれまでたどってきた足跡についての話があった。左から江口美都絵氏、山村浩二氏、 [全文を読む]

「動かないけどアニメーションになる」とは? 山村浩二、第15回広島国際アニメーションフェスティバルのQ&Aで語る

おたぽる / 2014年09月03日18時00分

会期3日目の8月23日にフレームインにて実施された中には、「Q&A 山村浩二」も含まれていた。アニメーション作家の山村浩二さんについては、翌日24日に大ホールにて「山村浩二特集」と題した上映もあり、これは今回、同氏がコンペティションにノミネートされた作品から各賞を決定する国際審査委員の1人を務めていることから組まれた特集である。 山村さんは第1回(198 [全文を読む]

「山村浩二 右目と左目でみる夢」8月5日公開 短編9作品をラインナップ

アニメ!アニメ! / 2017年06月09日14時55分

アニメーション作家・山村浩二の最新短編集『山村浩二 右目と左目でみる夢』の公開が決定した。8月5日よりユーロスペースにてロードショーとなる。このたび、上映プログラムの中から『サティの「パラード」』と『怪物学抄』の予告編が配信された。 短編集『山村浩二 右目と左目でみる夢』はフランスの作曲家エリック・サティの曲名「右と左に見えるもの(眼鏡なしで)」から着想を [全文を読む]

東京藝大の公開講座「コンテンポラリーアニメーション入門 2017」世界的な映像作家が講師に

アニメ!アニメ! / 2017年05月04日23時00分

そして11月12日にはウェンディ・ティルビー、アマンダ・フォービス、そして進行役として東京藝術大学大学院アニメーション専攻教授・山村浩二という3人が登場。 ウェンディ・ティルビーとアマンダ・フォービスは、それぞれがカナダ国立映画制作庁で創作に携わると、その後は世界各国で30以上の賞を獲得した短編アニメ『ある一日の始まり』を共同制作した。 3回の講座はいず [全文を読む]

世界的アニメーション作家「山村浩二原画展 陰影礼賛」開催決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月22日17時30分

2016年3月3日(木)から8日(火)にかけて、アニメーション作家・山村浩二の原画展「山村浩二原画展 陰影礼賛」が開催されることが決定した。 13歳で最初のアニメーションを制作したという山村。東京造形大学卒業後、自主制作を続けながら独自の手法を見出し、2002年に発表した「頭山」がアニメーション映画祭で6つのグランプリを受賞。さらに米国アカデミー賞にもノミ [全文を読む]

「“Anime”と言うと限定されたものになる」 山村浩二のアニメーションに対する思いとは?【後編】

おたぽる / 2015年10月15日23時00分

山村浩二監督は現在、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の教授やASIFA(国際アニメーションフィルム協会)日本支部の理事、そのTAAFでもスーパーバイザーを務めるなど、幅広く活動している。後編では、2003年に第75回アカデミー賞でノミネートされた『頭山』から現在までの活動を伺う。■アカデミー賞への道が思いがけず到来 改めて振り返る『頭山』ノ [全文を読む]

実は「RETAS」ユーザー! 山村浩二のアニメーション制作は『もーれつア太郎』がキッカケ【前編】

おたぽる / 2015年10月09日16時00分

セルシスからリリースされているアニメーション制作ソフトでは「RETAS STUDIO」が知られているが、2003年に第75回アカデミー賞にノミネートされた『頭山』などの山村浩二監督がそのユーザーであることは意外と知られていない。 現在は東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の教授やASIFA(国際アニメーションフィルム協会)日本支部の理事など、幅広 [全文を読む]

「花開くコリア・アニメーション」韓国の短編26本とアジアコンペ部門の8本を一挙上映

アニメ!アニメ! / 2017年05月15日16時00分

またアジアコンペ部門「アジア路」には、日本のアニメーション作家・山村浩二監督によるエリック・サティのバレエ音楽「パラード」を超現実的アニメーテッド・バレエとして再現した『サティの「パラード」』など、中国・インド・イラン・シンガポール・イスラエル・日本の作家たちによる必見作が勢ぞろいする。同プログラムでコーディネーターを務めたイ・ギョンファ氏によるスペシャ [全文を読む]

フォーカス