青島広志のニュース

11/28(土)【広島公演】一般発売開始!青島宏志の世界一たのしくわかりやすいクラシック・コンサート《LINEスタンプ配信中》

PR TIMES / 2015年11月27日12時07分

AIR DO PRESENTS 世界まるごとクラシック2016 ~笑う門には福来たる~テレビでもおなじみ青島広志が指揮、そして楽しい音楽のお話を聞かせてくれる、世界一たのしくわかりやすいクラシック・コンサート「AIR DO PRESENTS 世界まるごとクラシック2016 ~笑う門には福来たる~」の広島公演の初開催が決定しました。11月28日(土)からイー [全文を読む]

10/28(水)一般発売開始!青島宏志の世界一たのしくわかりやすいクラシック・コンサート

PR TIMES / 2015年10月26日10時26分

テレビでもおなじみ青島広志が指揮、そして楽しい音楽のお話を聞かせてくれます。10月28日(水)から光藍社ホームページおよびイープラスにてチケットの一般発売を開始します。[画像1: http://prtimes.jp/i/14480/7/resize/d14480-7-342691-1.jpg ]今回のコンサートでは、青島広志が生誕260年を迎えるモーツァル [全文を読む]

10月21日、東京芸術劇場(池袋)にて青島広志氏のハロウィーンコンサートを開催

@Press / 2016年10月19日12時30分

一般社団法人東京ニューシティ管弦楽団は、2016年10月21日(金)に「青島広志のハロウィーンがやって来た!~陽気な妖怪たち 大集合」を東京芸術劇場 コンサートホール(池袋)にて開催します。テレビやコンサート、イベントで大活躍中の作曲家で音楽家の青島広志(別名ブルー・アイランド)氏が、ピアノの川口兄弟(川口晃祐氏・川口智輝氏)をゲストに迎え、東京ニューシテ [全文を読む]

『浅田真央 スケーティング・ミュージック 2013-14』発売!~今シーズン使用楽曲をはじめ選手生活において特に思い出深い楽曲ばかり収録~

PR TIMES / 2013年10月04日17時25分

■『浅田真央スケーティング・ミュージック2013-14』 2013年10月2日リリース(CD+DVD) TYCE-60001 ¥2,500(税込) [収録曲] CD(収録時間:1時間16分) 1.ノクターン第2番(ショパン) 《2013-14SP》 マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ) 2.ピアノ協奏曲第2番第1楽章( ラフマニノフ) 《2013-14FS [全文を読む]

日本を元気にするピアニスト!豊田裕子が熱い。

PR TIMES / 2012年03月28日09時38分

人気音楽家の青島広志さんと豊田裕子の「ピアノ連弾」による楽しさ溢れる一曲だ。そして、このCDの共演者の顔ぶれが凄い。大鼓の大倉正之助氏や和太鼓のTAO、ヴァイオリンのパヴェル・エレットなど、世界で活躍する豪華アーティストが参加。しかも、音楽家・青島広志氏が全曲の監修をつとめている。青島氏は「このCDは非常に豪華で、まるで万華鏡のような色彩が楽しめる」と太鼓 [全文を読む]

【入場無料】「北海道の団体歌~伊福部昭を中心に」5月14日・札幌時計台で開催

DreamNews / 2017年04月25日09時00分

オペラへの出演も、グルック「思いがけない巡り会い」、トマ「ミニヨン」、マスネ「マノンの肖像」、ドビュッシー「アッシャー家の崩壊」、セヴラック「風車の心」、石桁眞礼生「河童譚」、三木稔「うたよみざる」、青島広志「火の鳥(ヤマト編)」など、日本初演作を含んで多彩である。伊福部昭氏の作品には深く傾倒し、意欲的に演奏を重ねている。日本フォーレ協会、コンセール・C [全文を読む]

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

オペラへの出演も、カヴァッリ「ラ・カリスト」、グルック「思いがけない巡り会い」、ハイドン「騎士オルランド」、トマ「ミニヨン」、マスネ「マノンの肖 像」、プッチーニ「トゥーランドット」、ドビュッシー「アッシャー家の崩壊」、セヴラック「風車の心」、石桁眞礼生「河童譚」、三木稔「うたよみざる」、 青島広志「火の鳥(ヤマト編)」など、日本初演作を含んで多彩である [全文を読む]

CD「伊福部昭の団体歌」の宣伝動画公開!

DreamNews / 2016年09月21日16時30分

オペラへの出演も、グルック「思いがけない巡り会い」、トマ「ミニヨン」、マスネ「マノンの肖像」、ドビュッシー「アッシャー家の崩壊」、セヴラック「風車の心」、石桁眞礼生「河童譚」、三木稔「うたよみざる」、青島広志「火の鳥(ヤマト編)」など、日本初演作を含んで多彩である。伊福部昭氏の作品には深く傾倒し、意欲的に演奏を重ねている。日本フォーレ協会、コンセール・C [全文を読む]

伊福部マニア、校歌マニア必聴の究極のレア音楽集CD~『伊福部昭の団体歌』完成記念トーク&コンサート2016年9月9日開催(東京・有楽町)!

DreamNews / 2016年08月29日11時30分

オペラへの出演も、グルック「思いがけない巡り会い」、トマ「ミニヨン」、マスネ「マノンの肖像」、ドビュッシー「アッシャー家の崩壊」、セヴラック「風車の心」、石桁眞礼生「河童譚」、三木稔「うたよみざる」、青島広志「火の鳥(ヤマト編)」など、日本初演作を含んで多彩である。伊福部昭氏の作品には深く傾倒し、意欲的に演奏を重ねている。日本フォーレ協会、コンセール・C [全文を読む]

現代最高のピアノで聴く校歌・社歌。CD「伊福部昭の団体歌」発売! 作曲はシン・ゴジラで再評価される伊福部昭。演奏は、根岸一郎(歌)と河内春香(ピアノ)。

DreamNews / 2016年08月24日18時00分

オペラへの出演も、グルック「思いがけない巡り会い」、トマ「ミニヨン」、マスネ「マノンの肖像」、ドビュッシー「アッシャー家の崩壊」、セヴラック「風車の心」、石桁眞礼生「河童譚」、三木稔「うたよみざる」、青島広志「火の鳥(ヤマト編)」など、日本初演作を含んで多彩である。伊福部昭氏の作品には深く傾倒し、意欲的に演奏を重ねている。日本フォーレ協会、コンセール・C [全文を読む]

筧美和子が、有吉に思わず乳首の色を答えちゃった!?

Walkerplus / 2016年04月02日09時00分

しかしこの香水をかける量が尋常ではなかった…ライブ中はもちろん楽屋にまで被害が! そしてスタジオ中が香水で大混乱する! もう一人は、作曲家・青島広志氏。青山氏は、部屋が汚すぎることを反省しにやって来たものの、しゃべりが止まらないキャラクターで大爆発! 見届け人のバカリズムから「トークの整理整頓したほうがいい!」と一喝される。 [全文を読む]

筧美和子が、有吉に思わず乳首の色を答えちゃった!?

Smartザテレビジョン / 2016年04月02日09時00分

しかしこの香水をかける量が尋常ではなかった…ライブ中はもちろん楽屋にまで被害が! そしてスタジオ中が香水で大混乱する! もう一人は、作曲家・青島広志氏。青山氏は、部屋が汚すぎることを反省しにやって来たものの、しゃべりが止まらないキャラクターで大爆発! 見届け人のバカリズムから「トークの整理整頓したほうがいい!」と一喝される。 [全文を読む]

WINDS CAFE 229【日本の団体歌(校歌・社歌など)を集めて-伊福部昭とその門下を中心に-】2016年1月24日原宿で開催。

DreamNews / 2015年12月24日10時30分

オペラへの出演も、カヴァッリ「ラ・カリスト」、グルック「思いがけない巡り会い」、ハイドン「騎士オルランド」、トマ「ミニヨン」、マスネ「マノンの肖像」、プッチーニ「トゥーランドット」、ドビュッシー「アッシャー家の崩壊」、セヴラック「風車の心」、石桁眞礼生「河童譚」、三木稔「うたよみざる」、青島広志「火の鳥(ヤマト編)」など、日本初演作を含んで多彩である。伊 [全文を読む]

「AIR DO presents 世界まるごとクラシック 2016~笑う門には福来たる~」開催とキャンペーンの実施について

PR TIMES / 2015年12月11日17時35分

[画像1: http://prtimes.jp/i/11620/7/resize/d11620-7-450124-2.jpg ] 本コンサートは過去8回にわたって開催され、クラシック初心者の方でも耳馴染みのある楽曲や、指揮者・青島広志氏によるユーモラスな解説など、世代を問わずお楽しみいただける内容で毎年好評を博しております。 また、クラシック音楽とともに [全文を読む]

【日本合唱曲全集】アルバム33タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年10月22日10時00分

発売商品■マザーグースの歌/青島広志作品集 (15 曲収録) MSCL-60440 価格¥2,000+ 税■枯木と太陽の歌/石井歓作品集 (13 曲収録) MSCL-60441 価格¥2,000+ 税■愛の風船/大中恩作品集 2 (15 曲収録) MSCL-60442 価格¥2,000+ 税■落葉松/小林秀雄作品集 (14 曲収録) MSCL-60443 [全文を読む]

受験生の暗記に『アルプス一万尺』が多用されるワケ

WEB女性自身 / 2014年08月20日12時00分

民族が初めて触れた外国曲というのは、記憶に残るんですよ」 そう解説するのは、作曲家の青島広志先生。青島先生によれば、明治以前に日本に入ってきた外国の曲には、今でも定着しているものが多いという。 「ペリーは、この曲を勇ましい行進曲として使ったようです。もともとアメリカ民謡としての歌詞があったようですが、はっきりしていません。このとき、すでに『替え歌』になって [全文を読む]

フォーカス