福谷浩司のニュース

苦戦が続く中日の二軍投手陣

ベースボールキング / 2017年04月14日11時15分

友利コーチが話すように、山井大介、鈴木翔太、福谷浩司らは二軍で苦戦している。特に開幕先発ローテーション入りが期待された山井は、先発した13日のオリックスとの二軍戦で1回5失点と炎上。3月30日に行われた楽天との二軍戦でも2回6失点と、大量失点するケースが目立つ。ここまで二軍戦は、3試合に登板して、0勝2敗、防御率は24.00と結果を残せていない。 オープ [全文を読む]

中日のセットアッパーといえば…最近10年の最多HPを振り返る

ベースボールキング / 2017年02月27日10時00分

12年以降は12年に田島慎二が35HP、14年に福谷浩司が34HP、15年と16年に又吉克樹がチーム最多ホールドポイントとなったが、絶対的セットアッパーとは言いにくかった。 森繁和監督が就任した今季、2年連続でチーム最多ホールドポイントの又吉が先発に配置転換となる。勝ち試合の“8回”は誰が務めることになるのか非常に注目だ。 ◆ 中日の最近10年間の年度別 [全文を読む]

【5月26日プロ野球全試合結果】ロッテが清田育宏のサヨナラ打で連勝、中日が劇的な逆転サヨナラ勝ち、日本ハム・大田泰示が決勝弾

サイクルスタイル / 2017年05月27日03時06分

投げては、福谷浩司投手が今季初勝利。敗れたヤクルトは、守護神・秋吉亮投手が2点リードでマウンドに上がるも、まさかの3失点を喫した。中日ファンからは「だから野球は面白い」「勝利を信じてました。毎試合ですがね。例え点差がひらいていても劣勢でも」「ツーアウトから4連打サヨナラなんて信じられない!」「これぞドラゴンズ野球。この調子で3タテだっ!」「藤井サイコー!」 [全文を読む]

中日、最終回に一挙3点で劇的な逆転サヨナラ勝ち…藤井淳志が決めた

サイクルスタイル / 2017年05月27日01時29分

投げては、福谷浩司投手が今季初勝利。敗れたヤクルトは、守護神・秋吉亮投手が2点リードでマウンドに上がるも、まさかの3失点を喫した。 中日ファンからは「だから野球は面白い」「勝利を信じてました。毎試合ですがね。例え点差がひらいていても劣勢でも」「ツーアウトから4連打サヨナラなんて信じられない!」「これぞドラゴンズ野球。この調子で3タテだっ!」「藤井サイコー [全文を読む]

巨人・大竹寛を抹消、戸根が昇格…オリは吉田一を抹消 26日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月26日15時11分

<5月26日の公示情報> ※再登録=6月5日以降 ■ オリックス・バファローズ -登録- 60 赤間謙/投手 =抹消= 14 吉田一将/投手 ■ 読売ジャイアンツ -登録- 50 戸根千明/投手 =抹消= 17 大竹寛/投手 ■ 中日ドラゴンズ -登録- 24 福谷浩司/投手 =抹消= 14 佐藤優/投手 [全文を読む]

いよいよムネリンが一軍昇格! 二軍では打率4割越え 28日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月28日15時08分

<4月28日の公示情報> ※再登録=5月8日以降 ■福岡ソフトバンクホークス -登録- 52 川崎宗則/内野手 =抹消= 36 牧原大成/内野手 ■千葉ロッテマリーンズ -登録- 1 清田育宏 ■東京ヤクルトスワローズ -登録- 60 三輪正義/内野手 =抹消= 37 星野雄大/捕手 ■中日ドラゴンズ -登録- 21 岡田俊哉/投手 =抹消= 24 福谷 [全文を読む]

畠山までも…主力の離脱が相次ぐヤクルト 19日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月19日15時15分

■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 18 藤岡貴裕/投手 =抹消= 12 石川歩/投手 ■ 横浜DeNAベイスターズ -登録- 7 石川雄洋/内野手 =抹消= 51 宮崎敏郎/内野手 ■ 東京ヤクルトスワローズ =抹消= 33 畠山和洋/内野手 ■ 中日ドラゴンズ -登録- 24 福谷浩司/投手 =抹消= 48 溝脇隼人/内野手 [全文を読む]

かつては“投手王国”も…苦戦が続く中日投手陣

ベースボールキング / 2017年04月04日12時46分

14年にリーグ最多登板を果たした福谷浩司、昨季左のワンポイントとして存在感を示した小川龍也も二軍で開幕を迎えた。 黄金時代を支えた浅尾拓也、岩瀬仁紀が復帰したことは心強いが、全盛期のような投球を求めるのは酷。守護神・田島をはじめ、WBC日本代表に選出された岡田俊哉、昨季46試合に登板した祖父江大輔らの働きが重要になってくる。 また、3年連続で60試合登板中 [全文を読む]

中日・山井、福谷、ピリッとせず…3月24日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年03月25日07時45分

さらに、1点リードの8回には、6番手の福谷浩司が狩野恵輔に逆転の3ランを浴びるなど、一軍経験が豊富な山井、福谷が揃っていまひとつな投球内容だった。 ◆ 3月24日のイースタン・リーグ試合結果 ▼ 日本ハム 3 - 1 ロッテ(鎌ケ谷) ロ|001 000 000|1 日|003 000 00X|3 [勝] 上原(1勝0敗) [負] 関谷(0勝1敗) [本 [全文を読む]

地元出身の選手が多い球団は?

ベースボールキング / 2017年02月25日17時00分

【日本ハム=北海道】 鍵谷陽平 瀬川隼郎 玉井大翔 大累 進 【ソフトバンク=福岡県】 中田賢一 二保 旭 笠原大芽 牧原大成 本多雄一 吉村裕基 【ロッテ=千葉県】 涌井秀章 唐川侑己 有吉優樹 島 孝明 吉田裕太 福浦和也 大木貴将 清田育宏 【西武=埼玉県】 豊田拓矢 斉藤彰吾 【楽天=宮城県】 岸 孝之 阿部俊人 【オリックス=大阪府】 岸田 護 [全文を読む]

【プロ野球】《2012年ドラフト会議を振り返る》逸材揃いの豊作年。鈴木誠也(広島)ら今年大躍進の大器も指名

デイリーニュースオンライン / 2016年10月07日17時05分

ほかにも今季9勝で飛躍した東浜、リリーフの一角を担う西武・増田達至、ロッテ・松永昂大、中日・福谷浩司、先発の一角を担うオリックス・松葉貴大と、ドラフト1位は活躍している選手が多い。 そんな逸材が揃うなか、2013年に新人王を獲得したのは、両リーグとも2位指名の投手だった。ヤクルト2位の小川泰弘は左足を大きく上げる独特な「ライアン投法」で開幕から勝ち星を積 [全文を読む]

【プロ野球】《中日&オリックス敢闘賞》セ、パの最下位球団、投打で奮闘したのは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月28日17時05分

5月後半からは不調の福谷浩司に代わって守護神を務めた。 8月後半からは夏場の疲れもあってか、やや打ち込まれる試合もあったが、それでも中日投手陣の苦しい台所事情にわずかでも明かりを灯したのは田島だろう。 大島洋平 141試合:打率.294/3本塁打/27打点/26盗塁 昨季は打率.260とやや低調だったものの、今季は持ち直し、リードオフマンとして存在感を発揮 [全文を読む]

2015年プロ野球”ワーストナイン”はコイツらだ!「マートンは年俸に対しての働きが…」

アサ芸プラス / 2015年11月07日17時56分

「二遊間寄りの打球には強いのですが、肩が弱いため、三遊間深めの打球をセーフにしてしまうことが多いですね」(スポーツライター) 3年連続Bクラスに終わった中日では、3年目の右腕・福谷浩司(24)がもがき続けた。昨年は主に抑えとして72試合に登板し、2勝4敗11セーブ、防御率1.81とブレイク。だが、今季は四球を連発するなど不安定な投球が続き、42試合、3勝4 [全文を読む]

【プロ野球】球団別!2015年シーズン“戦犯”候補(セ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年07月31日14時00分

不動のストッパー・岩瀬仁紀が今季未だ登板なし、福谷浩司、又吉克樹らリリーフ陣の成績がやや低下するなどの問題もあるが、これはある程度、予想できたもの。 岩瀬は昨年ピリッとせず、福谷、又吉もそれぞれフル回転で、疲労が越年することは想定できたはず。それでも、エース・大野雄大がひと回り大きくなるなり、各選手も及第点といえる働きを見せている。 得点差も305得点32 [全文を読む]

中日 吉見が復活の兆し&岩瀬と福谷で2枚看板の守護神なるか

NEWSポストセブン / 2015年02月13日07時00分

代わりに守護神候補として期待されているのが2013年のドラ1の福谷浩司。当面は岩瀬との2枚看板になると見られています」(中日番記者) ※週刊ポスト2015年2月20日号 [全文を読む]

中日落合GM「ファンを敵に回す可能性」を阪神元球団社長指摘

NEWSポストセブン / 2013年11月24日07時00分

「昨年のドラ1・福谷浩司は中継ぎで9試合に登板し、0勝1敗3ホールドの成績で、ドラ1の基本といわれる年俸1500万円から25%ダウンの1125万円になった。ドラ1が1年目に限度額いっぱいのダウンなど聞いたことがない。温情はないということらしいが、スカウトも活動がしづらくなると頭を抱えている」(中日関係者) 阪神で球団社長を務めた、関西国際大学客員教授の野 [全文を読む]

フォーカス