岸惠子のニュース

「岸惠子スペシャルトークショー~夢のあとさき~」開催決定!5月11日(木)10時から公式サイトでチケット先行販売開始

@Press / 2017年05月10日11時30分

株式会社サンライズプロモーション東京(所在地:東京都港区)は、「岸惠子 スペシャルトークショー~夢のあとさき~」を2017年8月9日から11月9日まで開催することをお知らせいたします。チケットは、公式サイトにて2017年5月11日に先行販売を開始いたします。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128186/img [全文を読む]

結婚してもしなくても悩む!? 萬田久子、大竹しのぶ、岸惠子…豊潤な23人の「40代からの生き方」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月05日11時00分

『40代からの「私」の生き方』(伊藤愛子/ポプラ社)では、草笛光子、佐伯チズ、前田美波里、中村玉緒、岸惠子、阿川佐和子、萬田久子、大竹しのぶ、桐島洋子、吉行和子、稲葉賀惠…そうそうたる顔ぶれの先輩たち23人が、自身の生き方、迎えた転機や困難、人生の喜びについて語ってくれている。 例えば「外見」について。いつまでも美しい萬田久子さんは、「年を取るのが怖いうち [全文を読む]

岸惠子+吉永小百合 対談&写真集 『歩いて行く二人 岸 惠子 吉永小百合』 7月3日(木)発売!!

PR TIMES / 2014年07月03日09時27分

日本を代表する、大女優二人が奇跡のコラボレーションを果たした、対談&写真集 『歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合』を、世界文化社より7月3日に刊行します。日本映画界を代表するお二人が、初めて対談したのは、2009年秋 『家庭画報』の取材でのこと。対談の終わりは、岸さんの 『パリでお会いしましょう!』 という一言で締めくくられました。その4年後、20013年 [全文を読む]

最新小説で大人の恋と性を描いた岸惠子「書くのは度胸いった」

NEWSポストセブン / 2013年04月10日16時00分

女優・作家の岸惠子は、カメラの前に立つと、「私、80歳になっちゃったのよ。この年齢で撮られるの、本当は嫌なの」と笑う。 潤った肌に艶やかな黒髪……50~60代にしかみえないその姿に、濃艶な魅力が漂う。その彼女が4年の月日を費やして描いた最新小説は、大人の男と女の恋物語だった。 「男性をひと回り年下にしたのは、60代を過ぎた女性が恋愛しようと思っても、日本男 [全文を読む]

アガサ・クリスティー作品で仲間由紀恵はどこまであの大女優に迫れるか?

アサジョ / 2017年02月01日18時14分

これまでは、ミス・マープルの甥がポワロの助手になるアニメ「アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル」(NHK)が04~05年に、岸惠子主演の日本テレビ系2時間サスペンスの日本版ミス・マープルシリーズ3作品が06~07年に作られた。ポワロものも、15年に三谷幸喜脚本による「オリエント急行殺人事件」(フジテレビ系)が2夜連続のスペシャルドラマとして登場して [全文を読む]

60年以上前にヒットした『君の名は』は、ドロドロの三角関係を描いたメロドラマだった! その内容とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月09日09時00分

1953年〜54年には岸惠子主演で全3部作で映画化され、ヒロイン・真知子のストールの巻き方は「真知子巻き」として大流行。特に『君の名は 第3部』は、1954年の映画配給成績3.3億円を記録。同年に公開された「ゴジラ」を上回り、その年もっとも人気を集めた映画となった。これは、「シン・ゴジラ」を超えるヒットとなった現代の『君の名は。』との奇妙な共通点の一つとい [全文を読む]

明日人に話したくなる! 大ヒット『君の名は。』トリビア5

WEB女性自身 / 2016年10月02日06時00分

実は、『ゴジラ』の1作目が公開された 54年に、同じく公開されたのが岸惠子主演で、真知子巻きで有名な『君の名は』(第三部)だ。ゴジラを抜いて興行成績でもこの年のナンバーワン作品となったが、アニメ『君の名は。』も『シン・ゴジラ』を興収で抜いているのは奇縁といえそうだ。 [全文を読む]

都知事選出馬・鳥越氏に女性トラブル浮上?相次ぐ“醜聞報道”の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月21日12時05分

今回の文春報道に加え、同日発売の『週刊新潮』(新潮社)も毎日新聞時代に女優の岸惠子(83)と噂になった過去に触れている。 ライバルの小池百合子元防衛相(64)、増田寛也元総務相(64)と熾烈な場外舌戦を繰り広げている最中に飛び出した今回のスキャンダル。選挙戦への影響はどう及ぶのか。 「鳥越氏には以前から女性の噂がつきまとっていただけに多少の醜聞は陣営にとっ [全文を読む]

鳥越俊太郎候補に”文春砲”! 女子大生とのスキャンダルが炸裂 週刊新潮は「無節操の履歴書」

ガジェット通信 / 2016年07月20日21時15分

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6379 同じく7月21日発売の『週刊新潮』(7月28日号)も 「岸惠子」にバラ100本! 政策がボケボケ! 76歳「鳥越俊太郎」無節操の履歴書 と、やはり鳥越氏の特集記事を組んでいる。 ――業界の先達に対して甚だ失礼だが、演説は下手、政策はピンボケ、健康や体力に不安の状況で、よくぞ [全文を読む]

市川崑監督、生誕100年記念映画祭が開幕

Smartザテレビジョン / 2016年01月16日19時55分

この日上映した映画「おとうと」('60年)の舞台あいさつに女優の岸惠子が登場し、市川監督との撮影裏話を語った。 映画「おとうと」は、岸にとって初めて市川監督の作品に出演した作品。当時の撮影について「『これはあなた以外にやる人がいません』」と言われ感動して引き受けたけれど、撮影が始まるとお気に召さなかったようで、『もうやめようか』と言われてしまいました。でも [全文を読む]

今ではスタンダードになってる物も!?“ドラマから流行したモノ・コト”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月03日09時55分

映画版の主演女優である岸惠子さんが、寒さ避けのためアドリブでやったファッションとの事。映画ドラマから数年、冬の定番ファッションになりました。 そして、バブル期に流行ったファッションと言えば「渋カジ」。もともと流行ってはいたのですが、名作『東京ラブストーリー』で一気に全国区に。タートルネックのニットやカーディガン。タックの入ったキュロットスカート、濃い目の色 [全文を読む]

【ウラ芸能】高評価・安藤サクラへの「不満」

NewsCafe / 2014年12月18日15時00分

男女10人ずつ計20人の日本映画で活躍した俳優が選ばれてて、安藤の他は、若尾文子(81)、富司純子(69)、浅丘ルリ子(74)、岸惠子(82)、原節子(94)…とバアサンか、高峰秀子、山田五十鈴、田中絹代、夏目雅子と故人ばっかりなんだよ」記者「ふーん…」デスク「男優では三船敏郎、森雅之…高倉健…とベスト10のうち9人が故人。8位の役所広司(58)だけが現役 [全文を読む]

2月25日(火)創刊!『山口百恵「赤いシリーズ」DVDマガジン』

PR TIMES / 2014年02月13日11時38分

■商品情報 ・山口百恵「赤いシリーズ」DVDマガジン ◇創刊号発売日:2014年2月25日(火) ◇発売:講談社 ◇価格:本体1,514円(税別) 創刊号のみ752円(税別) <収録作品(放送順) タイトル(放送年月日/山口百恵以外の主な出演者)> 赤い迷路 1974年10月~1975年3月 / 宇津井健、長山藍子、松田優作 赤い疑惑 1975年10月~ [全文を読む]

40代女性が実感「20代女性より男からコスパ良いと思われる」

NEWSポストセブン / 2013年07月10日16時00分

話題になった岸惠子(80才)の『わりなき恋』(幻冬舎刊)を読んだんだけど、69才の女性と58才の男性が恋に落ちて、セックスをする。結構赤裸々に性交痛の話も出てきて、はじめは、女性の体が男性を受け入れられない。 A子:それで病院に通って治療してできるようになるのよね。まぁ、主人公たちはおとぎ話みたいにかっこよくてきれいだからなんだけど、“70近い女ともしたい [全文を読む]

大好評連載をまとめた『朝日新聞版 寅さんの伝言』が発売! “寅さん関係者”のインタビュー集大成!

PR TIMES / 2013年07月02日19時00分

●登場人物(一部抜粋) 山田洋次監督、浅丘ルリ子、吉永小百合、竹下景子、いしだあゆみ、桃井かおり、笹野高史、光本幸子、 音無美紀子、柄本明、財津一郎、佐藤オリエ、八代亜紀、倍賞千恵子、大村崑、長門勇、香川京子、 小林幸子、岡本茉利、栗原小巻、すまけい、榊原るみ、檀ふみ、夏木マリ、前田吟、江戸家猫八、松坂慶子、 湯原昌幸、淡路恵子、岸惠子、秋吉久美子 他 [全文を読む]

WOWOWの連続ドラマW「パンとスープとネコ日和」7月21日放送決定!

PR TIMES / 2013年04月24日10時28分

<スタッフ・キャスト> 原作:群ようこ「パンとスープとネコ日和」(角川春樹事務所) 監督:松本佳奈 脚本:カーゴパンツ 主題歌:大貫妙子 音楽:金子隆博 出演:小林聡美 伽奈 もたいまさこ 光石研 塩見三省 美波 市川実和子 加瀬亮 岸惠子 ほか <放送情報> 番組名 : 連続ドラマW「パンとスープとネコ日和」 放送日時 : 7月21日(日) 毎週日曜夜 [全文を読む]

フォーカス