村川透のニュース

『探偵物語』『あぶない刑事』シリーズの監督・村川透さんが、自らの映画人生について語ります! 2月11日(木・祝)『映画監督 村川透』発売記念トークイベント&サイン会 開催!

DreamNews / 2016年01月07日15時30分

『探偵物語』『あぶない刑事』シリーズの監督・村川透さんが、自らの映画人生について語ります! 2月11日(木・祝)『映画監督 村川透』発売記念トークイベント&サイン会 開催!約20年ぶりの銀幕復帰作『さらば あぶない刑事』が、1月30日(土)に公開!映画監督・村川透さんが、自らの映画人生について語ります!書籍『映画監督 村川透』の発売を記念して、2016年2 [全文を読む]

銀幕を彩る古今東西の女優へ、等身大の愛を語る『パツキン一筋50年 パツキンとカラダを目当てに映画を見続けた男』

日刊サイゾー / 2017年03月15日23時30分

私が初めて秋本鉄次さんの映画批評を読んだのは、1979年の春、「キネマ旬報」誌に掲載された角川春樹プロデュース&村川透監督による東映映画『白昼の死角』評だった。 当時は日本映画界が2本立プログラムピクチュアから1本立大作路線へとめまぐるしく変貌していった時期で、映画マスコミはそれらの作品群を「贅肉のつきまくった大作」と頭ごなしに批判しまくっていたが、このと [全文を読む]

『あぶない刑事』関係者がズラリ 佐藤浩市、宮沢りえも

NEWSポストセブン / 2017年01月09日16時00分

さらには『さらば あぶない刑事』に関連する木の実ナナ、村川透監督、石原まき子・石原プロモーション会長も壇上に登場した。 撮影■矢口和也 [全文を読む]

10分に1回の絡みも…新旧の日活ロマンポルノが熱い!

anan NEWS / 2016年08月18日20時00分

『あぶない刑事』などで知られる村川透のデビュー作。(C)日活 ◇『秘色情めす市場』大阪の西成を舞台にした、売春婦の母と娘の物語。シリーズを代表する女優・芹明香と宮下順子の演技が光る名作。1974年公開作品。(C)日活 ◇リバイバル上映は常に大人気! '12 年には、日活の創立100年を記念し、特集上映(写真)が行われ、大盛況。今も世界各国で回顧上映が行われ [全文を読む]

シリーズ完結編!名物コンビが最後の大暴れする「さらば あぶない刑事」U-NEXTにて配信開始

ITライフハック / 2016年07月14日09時00分

監督は、テレビ「あぶない刑事」から演出を手掛け、映画「もっともあぶない刑事」「あぶない刑事リターンズ」で大ヒットを飛ばした村川透がメガホンをとり、「あぶデカ」の魅力を知り尽くした製作陣によって手掛けられた本作は、ハードボイルドな男たちの戦いの中に、手に汗握るアクション、数々のユーモアが散りばめられた唯一無二の世界観が作り上げられ、多くの人を虜にしてきた「あ [全文を読む]

シリーズ完結編!名物コンビが最後の大暴れ『さらば あぶない刑事』U-NEXTにて配信開始

@Press / 2016年07月13日16時00分

監督は、テレビ「あぶない刑事」から演出を手掛け、映画「もっともあぶない刑事」「あぶない刑事リターンズ」で大ヒットを飛ばした村川透がメガホンをとり、「あぶデカ」の魅力を知り尽くした製作陣によって手掛けられた本作は、ハードボイルドな男たちの戦いの中に、手に汗握るアクション、数々のユーモアが散りばめられた唯一無二の世界観が作り上げられ、多くの人を虜にしてきた「あ [全文を読む]

30年前は売れなかった! “あぶない刑事”復活でレパードが大人気、中古車市場で高騰する理由とは…

週プレNEWS / 2016年05月11日06時00分

“あぶデカ”のTVドラマ第1作から劇場版第3弾まで、メイン覆面車両として使用されていた2代目レパードが、公開中の映画『さらば あぶない刑事』(村川透監督)で30年ぶりに復活。往年のファンはもちろん、リアルタイムを知らない若い世代からも「レパードかっけー!」「欲しくなった!」と興奮の声が巻き起こっている。 人気は自動車専門誌業界にも及ぶ。 「昨年、絶版『ニュ [全文を読む]

年齢なんて、関係ないね!「さらば あぶない刑事」徹底レビュー

まぐまぐニュース! / 2016年02月09日14時00分

いいをじゅんこ(フリーライター) 【作品データ】・全国ロードショー中!・配給:東映 【スタッフ】監督:村川透/脚本:柏原寛司 【キャスト】舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル、木の実ナナ、伊藤洋三郎、山西道広、長谷部香苗、ベンガル、小林稔侍、菜々緒、夕輝壽太、吉沢亮、入江甚儀、片桐竜次、吉川晃司、他 ・公式HP:http://www.abu-deka [全文を読む]

柴田恭兵が「あぶない刑事」ファイナルに本音「本当は70歳を過ぎてやりたかった」

Entame Plex / 2016年01月13日03時40分

イベントには、歴代キャストから舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル、ベンガル、伊藤洋三郎、長谷部香苗など、おなじみの「横浜港警察署」の面々に加え、菜々緒、夕輝壽太、吉沢亮、入江甚儀、そして村川透監督が登壇した。キャストらは、敷きつめられた50メートルのレッドカーペットにリムジンで登場。特に舘や柴田、浅野、仲村が姿を見せたとき、会場に駆けつけた約1,00 [全文を読む]

『あぶない刑事』復活!タカ&ユージ「まだまだ走れるし、大ヒットしたら続編も!」

AOLニュース / 2015年04月28日16時30分

その後のミニ会見は、"あぶデカ"メンバーに村川透監督も加わった5人でスタート。再集結を果たした感想を問われた舘が、「早くしないと皆死んじゃうから(笑)」と自虐ネタで口火を切ると、"さらば"のタイトルについて柴田も「映画が大ヒットすれば、再来年には撮影が始まります!」とファイナル方針を一蹴! 村川監督も「面白いと思ったことは何でもやる。それが"あぶデカ"精 [全文を読む]

東山紀之主演「棟居刑事」シリーズ8作目が放送!

Smartザテレビジョン / 2015年02月28日16時03分

俳優たちの挑戦にあふれた演技をまとめ上げるのは、77歳の名監督・村川透。息を飲むスリリングな展開の中に、事件の奥に潜む娘を思う母親の気持ちを織り込んだ。 [全文を読む]

伝説の井筒監督作品 ― 猛抗議で“必然的に“封印された「猫肉ハンバーガー」映画!

tocana / 2014年06月30日18時00分

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り! 【映画 『ガキ帝国 悪たれ戦争』】 1981年、村川透監督の『獣たちの熱い眠り』の公開を控えていた東映は、観客動員を不安視したため、急遽併映作品を付けることにした。白羽の矢が立ったのは、今やナインティナイン初主演映画『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBI [全文を読む]

フォーカス