幸田露伴のニュース

自然だけじゃない! 安曇潤平が選ぶ山の怪異を楽しむ文庫ベスト3

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月20日12時30分

文豪と呼ばれる作家も山をテーマにした怪談を書いていて、幸田露伴の『文豪怪談傑作選 幸田露伴集 怪談』(東 雅夫/編)に集録された「観画談」もその一作だ。貧困生活を送りながら大学に通う自称が精神的に疲れ、放浪の旅に出た先で山に迷い込む。雨に見舞われ辿り着いた僧房で先生があるものを見る。陰鬱な雨の描写と不可思議ながら露伴らしいどこか飄々とした筆致が魅力的だ。 [全文を読む]

「獅子の児の親を仰げば霞かな」(幸田露伴)【漱石と明治人のことば125】

サライ.jp / 2017年05月05日06時00分

【今日のことば】 「獅子の児の親を仰げば霞可那(かな)/巌間の松の花しぶく瀧/ほそ道のここにも春のかよふ覧(らん)」 --幸田露伴 作家の幸田露伴は夏目漱石と同じ慶応3年(1867)の生まれだ。 幸田家は代々、江戸幕府に仕えて有職故実や芸事にかかわった表御坊主の家柄で、露伴は第四子だった。露伴誕生の翌年には明治新政府が成立して仕えるべき幕府は瓦解するが、 [全文を読む]

知識とは伸びる手、わかるとは結ぶこと!幸田家に伝わる「知るよろこび」を表すことば2つ

サライ.jp / 2017年03月27日17時00分

2017年は明治の文豪・幸田露伴の生誕150周年。その露伴を曾祖父に、作家・幸田文を祖母に、随筆家・青木玉さんを母に持つエッセイスト・青木奈緒さんの著書『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』(小学館)には、親から娘へ、祖母から孫へと伝えられたいろいろな「ことば」が躍動しています。今回はそんな幸田家に伝わる「知るよろこび」をあらわすことばを2つ、同書からご [全文を読む]

DMM GAMES『文豪とアルケミスト』衣装を獲得できる大型イベント開催のお知らせ!同時に限定文豪の実装や有魂書キャンペーンも開催!

PR TIMES / 2017年03月22日18時20分

開催期間:3月22日(水)メンテナンス後 ~ 4月5日(水)13:59 [画像2: https://prtimes.jp/i/2581/1953/resize/d2581-1953-662937-2.jpg ] ▼文豪「幸田露伴」ドロップ イベント高難易度ステージ「特別授業」より「幸田露伴」が限定で転生いたします。 このステージは3月27日(月)0:00 [全文を読む]

穏やかな幸せの記憶がにじむ!幸田家に息づく「猫にまつわることば」3つ

サライ.jp / 2017年03月18日17時00分

文と玉、幸田家で飼われていた黒猫の“お坊ボン”2017年は明治の文豪・幸田露伴の生誕150年にあたります。その露伴を曾祖父に、作家・幸田文を祖母に、随筆家・青木玉さんを母に持ち、自身もエッセイストとして活躍する青木奈緒さんの著書『幸田家のことば』(小学館)には、四代にわたって幸田家に伝わる、特別な輝きを持つことばが数多く紹介されています。今回は同書から、猫 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』 初のイベント開催と新アイテム追加のお知らせ! さらに幸田露伴のサイン色紙プレゼント企画も!

PR TIMES / 2016年12月28日17時24分

本イベントでは「幸田露伴」の作品である『五重塔』を舞台に侵蝕者により穢されている有碍書を浄化することが目的です。「尾崎紅葉」を会派に編成していることでイベントを有利に進行することができ、進行中に特殊なストーリーが発生いたします。開催期間:12月28日(水)メンテナンス後 ~ 1月11(水)メンテナンス前まで[画像1: https://prtimes.jp/ [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』 初のイベント開催と 新アイテム追加のお知らせ! さらに幸田露伴のサイン色紙プレゼント企画も!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月28日17時00分

本イベントでは「幸田露伴」の作品である『五重塔』を舞台に侵蝕者により穢されている有碍書を浄化することが目的です。「尾崎紅葉」を会派に編成していることでイベントを有利に進行することができ、進行中に特殊なストーリーが発生いたします。開催期間:12月28日(水)メンテナンス後 ~ 1月11(水)メンテナンス前まで ▼新アイテム追加今回、「精錬ノ霊薬」「探求ノ霊薬 [全文を読む]

“釣聖”と呼ばれた文豪・幸田露伴 釣り針について分析残す

NEWSポストセブン / 2012年08月02日16時00分

その高木氏が、“釣聖”と呼ばれた幸田露伴のエピソードを紹介する。 * * * 昔から噺家、歌手、俳優といった芸能人には名人級の釣り人が数多くいて、作家にも趣味の域を超えたアングラーが少なくない。井伏鱒二、開高健、夢枕獏などが有名だが、『五重塔』や『風流仏』で知られる明治の文豪・幸田露伴は“釣聖”と呼ばれるほどの名人だったらしい。 露伴はクロダイ釣りを題材に [全文を読む]

「桃栗三年柿八年 だるまは九年 俺は一生」(武者小路実篤)【漱石と明治人のことば140】

サライ.jp / 2017年05月20日06時00分

先輩作家としての夏目漱石や幸田露伴にも会い、彼らを尊敬していたが、一方では「自分より偉い人に会ったことはない」とも綴る。傲慢というわけではない。物事に取り組むときは自分自身が出発点であり、その意味では皆が対等と考えていた。そんな武者小路実篤が絵筆を握るようになったのは、40歳のころ。もともと、文学のみならず芸術全般に意を注いだ白樺派の運動の中心メンバーであ [全文を読む]

人には運命を踏んで立つ力がある!幸田家に伝わる「生きる元気が出てくる言葉」2つ

サライ.jp / 2017年04月11日17時00分

後列左から幾之助さんの母、露伴、露伴の後妻・八代さん文/酒寄美智子2017年は、明治の文豪・幸田露伴の生誕150周年にあたります。その露伴を曾祖父に、作家・幸田文さんを祖母に、随筆家・青木玉さんを母に持ち、自身もエッセイストとして活躍する青木奈緒さんの著書『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』(小学館)には、“生きるための知恵”がちりばめられています。 [全文を読む]

旨いものは宵に喰え!作家・幸田文の生き方を映した「食にまつわることば」2つ

サライ.jp / 2017年04月09日17時00分

文/酒寄美智子2017年は明治の文豪・幸田露伴の生誕150周年。露伴、娘で作家の幸田文、その娘で随筆家の青木玉さん、そしてその娘でエッセイストの青木奈緒さんを生んだ「幸田家」にとって、ことばを紡ぐことは呼吸することや食べることと同じように、生きることにつながっています。奈緒さんの著書『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』(小学館)には、“食”に生き方を映 [全文を読む]

「私は博士の学位を頂きたくないのであります」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば96】

サライ.jp / 2017年04月06日06時00分

この入院中、文部省で文学博士会が開かれ、幸田露伴、佐佐木信綱、森魁南、有賀長雄とともに漱石を文学博士に推すことを決定した。その学位(博士)の授与式に出席するよう、漱石の留守宅へ通知が届いた。それが、2月20日の夜10時頃の出来事であった。 翌日、この知らせを聞いて、すぐに漱石が断りのためにしたためたのが、掲出の手紙である。 ところが、漱石の手紙が先方へ届 [全文を読む]

立つときには倍の力になる!幸田家に息づく「前を向くためのことば」2つ

サライ.jp / 2017年03月14日11時30分

2017年は明治の文豪・幸田露伴の生誕150年にあたります。その露伴を曾祖父に、作家・幸田文を祖母に、随筆家・青木玉さんを母に持ち、自身もエッセイストとして活躍する青木奈緒さんの著書『幸田家のことば』(小学館)には、四代にわたって幸田家に伝わる、特別な輝きを持つことばが数多く紹介されています。それでは同書から、青木奈緒さんが心に刻む「前を向くためのことば」 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』 有魂書転生キャンペーン実施とDMM GAMES 5周年記念セット販売のお知らせ! さらに初の大型イベント開催予告!

PR TIMES / 2016年12月21日16時23分

本イベントでは「幸田露伴」の作品である『五重塔』を舞台に侵蝕者により穢されている有碍書を浄化することが目的です。 開催期間:12月28日(火)メンテナンス後 ~ 1月11(水)メンテナンス前まで [画像3: https://prtimes.jp/i/2581/1720/resize/d2581-1720-229456-2.jpg ] ▼文豪紹介 [画像4: [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』 有魂書転生キャンペーン実施と DMM GAMES 5周年記念セット販売のお知らせ! さらに初の大型イベント開催予告!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月21日16時00分

本イベントでは「幸田露伴」の作品である『五重塔』を舞台に侵蝕者により穢されている有碍書を浄化することが目的です。開催期間:12月28日(火)メンテナンス後 ~ 1月11(水)メンテナンス前まで ▼文豪紹介 幸田 露伴(こうだろはん) CV:子安武人 ▼「文豪とアルケミスト」公式サイト ▼公式twitterアカウント ▼運営twitterアカウント ▼DMM [全文を読む]

二宮金次郎像に「歩きスマホ」「虐待」のクレームは的外れ

NEWSポストセブン / 2016年11月23日07時00分

明治24年には幸田露伴が『報徳記』をもとに『二宮尊徳翁』を記し、その中で薪を背負いながら本を読む金次郎の挿し絵を初めて紹介した。明治27年に内村鑑三が英文で書いた『代表的日本人』では、西郷隆盛、日蓮上人らと並んで金次郎を「日本の五大偉人」のひとりに挙げた。 明治43年には、彫刻家の岡崎雪聲が薪を背負って歩きながら読書する金次郎の銅像を初めて制作した。この像 [全文を読む]

ネット時代だからこそ読書の素晴らしさを再確認すべし! 『本を読まないとバカになる! 知的読書の技術』 知的生活の第一人者が語る、 読書家のための読書術決定版!!

DreamNews / 2016年08月30日10時00分

十年間無人島にいなければならないとき持って行く本としては本居宣長の『古事記伝』や幸田露伴の『評釈芭蕉七部集』など。一年間無人島にいなければならないとき持って行く本としてはパスカルの『パンセ』や『藤村詩集』『孟子』などなど、著者の意外な一面がわかるセレクションとなっています。本が好きだが何を読んだらわからない人、さらに面白い読み方を知りたい人などなど、すべて [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『濹東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美南 [全文を読む]

だいだい10ページ。”史上最も肩のこらない文学入門” 中島敦『山月記』を読む

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月27日11時00分

今回は特別に、『山月記』をだいたい8ページくらいの漫画で読んでみよう! 有名すぎる文学作品収録作品 太宰治『人間失格』 中島敦『山月記』 梶井基次郎『檸檬』 森鴎外『舞姫』 坂口安吾『桜の森の満開の下』 フランツ・カフカ『変身』 宮沢賢治『注文の多い料理店』 永井荷風『ぼく東綺譚』 泉鏡花『高野聖』 夏目漱石『三四郎』 アンデルセン『雪の女王』 芥川龍之 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『ぼく東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美 [全文を読む]

フォーカス