藤原喜明のニュース

胃がんの藤原喜明氏 復帰戦で感じたプロレスラーの喜び

NEWSポストセブン / 2017年02月19日07時00分

2007年に胃がんと診断されたプロレスラーの藤原喜明氏の証言を聞くと、「がんになっても、楽しい人生」が見えてきた。 67歳を迎えた今もプロレスラーとしてリングに上がり、必殺技のフジワラ・アームバー(脇固め)で若手レスラーからタップ(ギブアップ)を奪う。衰え知らずの肉体を持つ藤原氏からは、がんも3カウントを奪えなかった。「2007年に胃の検査を受けて医者から [全文を読む]

俺の趣味! 第5回 藤原喜明 陶芸を語る!「趣味を極めるにはしつこく執念深い性格が求められる。俺みたいに(笑)」

週プレNEWS / 2014年11月13日15時00分

全67巻&エクストラ号を刊行し187万部の大ヒットを記録したDVDマガジン『燃えろ!新日本プロレス』の冊子コンテンツから、プロレスラーの意外な一面を掘り下げた「俺の趣味!」を復活公開! “関節技の鬼”藤原喜明は趣味の鬼! マルチな才能を持つ組長が長年取り組んでいる陶芸。その作品は、もはや趣味の枠を超えている――。 *** 昔から趣味が多くてね。イラスト、盆 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】藤原喜明“組長”、「女装願望がある」と衝撃告白。念願のハイヒール姿も披露。

TechinsightJapan / 2014年11月11日20時55分

かつて関節技を駆使したファイトスタイルで人気を集め、今もなお「組長」として恐れられているプロレスラーの藤原喜明。プロレス界随一の“コワモテ”としても有名だが、そんな組長の衝撃的な告白が話題となっている。なんと長年「女装願望」があったというのだ。しかも「還暦を過ぎてやり残したことは女装だけ」とまで言ってのけたから驚きだ。 今月9日に放送された日本テレビ系番組 [全文を読む]

レジェンドレスラーGETのチャンス到来!! 『激闘!!プロレスカードバトル』 団体別ガチャ【レジェンド&フリー】登場!!

PR TIMES / 2014年03月17日14時47分

日本マット界の一時代を築いたスーパースター…今もなお輝き続けるレジェンドレスラーのSRカードをGETするチャンスが到来!!ガチャを回して出てくるカードはレジェンド&フリーの選手だけなので、お目当ての選手をGETできる確率が大幅アップ!さらにモブダチ招待で入手可能なカードもGETして、レジェンドレスラーでデッキを埋め尽くせ!【団体別ガチャ『レジェンド&フリー [全文を読む]

天龍源一郎が藤原組長と痛飲 組み合い階段転げ落ちた過去

NEWSポストセブン / 2013年01月23日16時00分

ここでは、プロレスラーの天龍源一郎さんが、レスラー仲間の藤原喜明さん(藤原組長)に謝りたいと語る出来事だ。 * * * プロレス界には“天龍カクテル”ってのがあるんです。アイスペールにヘネシーからビール、コショウ、タバスコと店にあるモノを全て放り込んじゃう。 酔えば愉しいし、愉しいともっと酔いたくなるじゃないですか。そういう時、このカクテルが最高なんです [全文を読む]

前田日明は、本当にただの「ヘタクソ」だったか……ベテランプロレス記者が読み解く『1984年のUWF』

日刊サイゾー / 2017年03月24日21時00分

佐山のほか、前田日明、藤原喜明、木戸修、高田伸彦(現・延彦)、山崎一夫らが在籍した。だが、85年9月に経営難のため活動停止。 佐山を除く、残った選手たちは、プロダクション化して、新日本と業務提携を結び、同団体のリングに上がることになる。両軍によるイデオロギー対決は注目を集めたが、新日マットで始まった世代抗争にUWF軍も巻き込まれる格好となり、だんだんUWF [全文を読む]

【書評】UWFはいかにして社会を騙したか

NEWSポストセブン / 2017年03月21日16時00分

1984年、新日本プロレスの内紛によりUWFは誕生し、前田日明、藤原喜明、高田伸彦、佐山聡らが参加した。当初の弱小団体はやがて社会現象となるほど人気が沸騰する。ロープに跳ばず、場外乱闘、凶器攻撃を排し、キックと関節技を中心に攻防し、KOかタップで勝負が決まる。 当時はまだ世界のどこにも「真剣勝負の総合格闘技」が存在しなかったゆえに、それっぽい戦いと発言を [全文を読む]

梅宮アンナ&神田うの、確執は嘘? おそろしくどうでもいい和解騒動の裏に隠された思惑

messy / 2016年11月12日19時00分

同年1月1日、みのもんたと八木亜希子司会の同番組で彼女たちは東軍に配され、吉沢悠、藤原喜明、杉崎政宏を含む5人で殺陣100人斬りに挑戦したのだった。ちなみにDA PUMP、花田勝、デヴィ夫人、さまぁ~ずらによる中国語劇「ナースのお仕事」とか、奈美悦子や氷川きよしの逆回転ミュージカルといった演目もあった。 当時はモデル同士で仲の良かったアンナとうの。13年前 [全文を読む]

アリ、猪木を「東京の臆病者」呼ばわり?

Smartザテレビジョン / 2016年06月12日05時00分

登場するのは、アリのファイトマネー約20億円を工面した新間寿、猪木サイドのセコンドについた当時プロレスラーの坂口征二、試合に備えて猪木のスパーリングパートナーを務めた藤原喜明、そして試合の実況を担当した、当時のテレビ朝日アナウンサー・舟橋慶一だ。 それぞれが間近で体験した“世紀の一戦”の裏側がついに、明らかになる。 [全文を読む]

PlayStation(R)4/PlayStation(R)3『龍が如く 極』序盤に登場する主要キャラクター9名を一挙紹介!

PR TIMES / 2016年01月15日17時14分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5397/972/resize/d5397-972-676335-0.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/5397/972/resize/d5397-972-228679-1.jpg ]【サイの花屋(さいのはなや)】演・藤原喜明神室町の中でもホームレスが集う吹き溜まりのような場所 [全文を読む]

~天龍源一郎 引退~革命終焉 Revolution FINAL ライブ・ビューイング開催決定!!

PR TIMES / 2015年10月19日10時26分

昭和から平成まで、いつの時代も人々を熱狂させ、数々の名勝負を生んだプロレスラー、天龍源一郎の最後の花道に向かって、全国から熱い声援を!【対戦カード】◆[メイン] 天龍 源一郎 (天龍プロジェクト) VS オカダ・カズチカ (新日本プロレス)◆長州力(リキプロ)&石井智宏(新日本) VS 斉藤彰俊(NOAH)&河上隆一(大日本)◆獣神サンタ゛ー・ライカ゛ー( [全文を読む]

長州力を活写した作家・田崎健太に吉田豪が「次は『真説・藤波辰爾』を書いてくださいよ!」

週プレNEWS / 2015年09月27日06時00分

この試合は藤原喜明が乱入してムチャクチャにして、あの温厚な藤波さんが「こんな会社、辞めてやる!」と激怒し、当時付き人だった高田延彦をぶん殴って、試合コスチュームのまま雪の札幌に飛び出していった。 この事件自体は有名ですけど、僕は「その後、どうしたんですか?」と聞いたんです。「タクシーを拾ってホテルまで戻ったはいいけど、そこでルームキーを持っていないことに気 [全文を読む]

なぜプロレスは八百長批判から解放されたのか?馬鹿みたいにやり続ければ常識になるの法則

Business Journal / 2015年04月12日06時00分

1980年代に盛り上がった、前田日明、高田延彦、藤原喜明、船木誠勝、鈴木みのるなどが在籍したUWFと、そこから分派した団体は、ロープに飛ばず、格闘技志向のルールで試合をすることにより、やはり強さを証明しようとした。90年代の全日本プロレスは、三沢光晴、川田利明、田上明、小橋建太による四天王プロレスの時代だったが、垂直落下式の過激な技を連発することにより、痛 [全文を読む]

日本プロレス史「“10大”伝説のガチンコ試合」(4)ユリオカ超特Qが語る“隠れたガチンコ勝負”

アサ芸プラス / 2015年03月18日09時55分

新倉氏が若手時代に目の当たりにしたのは、83年のキラー・カンvs藤原喜明のガチンコマッチ。アメリカ帰りのトップレスラーであるカンに対し、当時は前座レスラーにすぎなかった藤原が仕掛けた。「小澤正志さん(キラー・カンの本名)がリングインする時の階段を、藤原さんがシャレで逆さに設置したんですよ。そのことで烈火のごとく怒られたけど、もともと藤原さんは人を見下す小 [全文を読む]

うつ病予防に最適? 矢口真里が休養中にハマった「陶芸」の深イイ謎!

tocana / 2014年11月12日15時30分

また、演歌歌手の藤あや子は、趣味が高じて山梨県に自身が制作した陶器や絵画等を展示している『藤あや子 Gallery彩』を持ち、さらにプロレスラーで"組長"の愛称で知られる藤原喜明も1993年から陶芸にのめり込み、幾多の展示会を開催。自身のショップで、作品の見学や販売を行っている。 「長期休養中の矢口は、部屋に長い間引きこもり『ゲーム三昧』であったことや『仕 [全文を読む]

「猪木VSアリ」38年目の死闘“新”事実!(1)世紀の一戦は茶番劇でではない

アサ芸プラス / 2014年07月08日09時57分

当時、アリ戦に向けて、猪木のトレーニングパートナーを務め、試合当日もリングサイドでセコンドを務めたプロレスラーの藤原喜明が言う。 「当時、したり顔をして、“茶番”だと言う連中を見ると我慢ならなかった。ホント、ぶっ殺してやろうかと思ったほどです。試合前も非常にピリピリした状態で、常に命の危険もあった。漏れ伝わってくるアリサイドとの舞台裏を聞くと、アリ軍団に [全文を読む]

闘いの舞台は“mobcast”へ… 現在、事前登録受付中 『激闘!!プロレスカードバトル』 チュートリアル突破で「SR 三沢光晴」をプレゼント!

PR TIMES / 2013年12月27日17時07分

そんな過酷な世界の中で自分だけの団体を旗揚げし、世界ナンバー1を目指せ!!全日本プロレス、プロレスリング・ノア、ZERO1、DDT、大日本プロレス、FREEDOMS、WAVE 、スターダム、and more!! 佐々木健介、諏訪魔、KENTAといったトップレスラーから三沢光晴、藤原喜明、藤波辰爾などレジェンドレスラーや女子レスラーも大挙参戦!!夢の対決、夢 [全文を読む]

闘いの舞台は“mobcast”へ… 団体の枠を超え、女子プロも含め、100名を超えるレスラーが集結!! 『激闘!!プロレスカードバトル』 事前登録受付開始

PR TIMES / 2013年12月26日17時58分

そんな過酷な世界の中で自分だけの団体を旗揚げし、世界ナンバー1を目指せ!! 全日本プロレス、プロレスリング・ノア、ZERO1、DDT、大日本プロレス、FREEDOMS、WAVE 、スターダム、and more!! 佐々木健介、諏訪魔、KENTAといったトップレスラーから三沢光晴、藤原喜明、藤波辰爾などレジェンドレスラーや女子レスラーも大挙参戦!! 夢の対決 [全文を読む]

Mobage 配信開始!! 団体の枠を超え、女子プロも含め、100名を超えるレスラーが集結!! 『激闘!! プロレスカードバトル』

PR TIMES / 2013年08月28日17時12分

そんな過酷な世界の中で、自分だけ団体を旗揚げ!!世界ナンバー1の団体を目指せ!!全日本プロレス、プロレスリング・ノア、ZERO1、DDT、大日本プロレス、FREEDOMS、WAVE 、スターダム、and more!! 佐々木健介、諏訪魔、KENTAといったトップレスラーから三沢光晴、藤原喜明などレジェンドレスラーも登場!! さらに女子レスラーも参戦!!夢の [全文を読む]

「ドラゴンゲート KOBE プロレス フェスティバル 2013」ライブ・ビューイング開催、および全対戦カード確定!

PR TIMES / 2013年07月10日10時54分

迫力の大画面で、ドラゴンゲートの本拠地、神戸の盛り上がりをリングサイド気分で体感しよう! ■ドラゴンゲート KOBE プロレス フェスティバル 2013 全対戦カード■ 【第1試合 6人タッグマッチ】 スペル・シーサー&しゃちほこBOY&リッチ・スワン vs 琴香&三代目超神龍&富永千浩 【第2試合 暴走十番勝負~サブミッション編~】 “ハリウッド”ストー [全文を読む]

フォーカス