黒沢明のニュース

『真田十勇士』堤幸彦監督インタビュー「僕は“プロ”なんだけど“プロ”じゃない」

ガジェット通信 / 2016年09月30日19時00分

エキストラも、黒沢明先生の『乱』の時代だったら体育系の大学生を集めて何百人でのシーンが撮れたかもしれないが、今はそれもなかなか難しい。それでも、映像技術に頼りながらも、最大限のアナログな表現を目指したかったんです。同時に、日差しなども含む天候による臨場感が欲しかったので、できる限りロケにしました。セットを建てるにしても、見たこともない規模のものを作りたかっ [全文を読む]

宮崎駿の復活は失敗に終わると予言。 岡田斗司夫「想像力も、体力も、技術力も、峠を越えていることは事実だと思う」

ニコニコニュース / 2017年03月06日12時00分

宮崎駿はアスリートなんだよ でも、黒沢明みたいに現場に座って指示だけをする人だったらともかく、宮崎駿って、やっぱり"自ら動く人"じゃん。あの人のことをみんな監督って言っているんだけども、本質的にはアスリートなんだよ。それが富野由悠季や押井守、庵野秀明と根本的に違うところなんだよ。あの人はずっとアスリートなんだよ。 日本一高い寿司を握る爺さんがいるじゃん。新 [全文を読む]

アカデミー賞外国語映画賞スウェーデン代表の話題作『幸せなひとりぼっち』主人公は「日本人っぽいところがあると思います」 ハンネス・ホルム監督が明かす

AOLニュース / 2016年12月15日21時00分

そんなホルム監督と日本のかかわりだが、影響を受けたという日本の作品については、「ヨーロッパで黒沢明監督は有名だね。どの作品も大好きです」と往年の巨匠の名を挙げると同時に、「あとは 90 年代の作品で『ワンダフルライフ』(99)。死をテーマにした作品でとても気に入っている。死をテーマにすると生の要素が強く栄えてくるから、いいテーマだと思う」と、近年世界中か [全文を読む]

桑田佳祐、最新映像作品の初回盤特典『ルーツミュージック マガジン』詳細解禁!

okmusic UP's / 2016年10月14日18時30分

■Blu-ray&DVD『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』スペシャルサイト http://special.sas-fan.net/special/tokyonouta/■Blu-ray&DVD『THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜』2016年11月30日(水)発売 ■Blu-ray 【初回限定盤】(Blu-ray+7inchレコード [全文を読む]

SMAPのあの名曲は◯◯がもとだった!? ヒット曲の意外な真相ベスト10!秘話満載のカラオケ必携品

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月24日15時00分

本書に登場する思わず人に話したくなる意外な真相ベスト10! 第1位/「世界に一つだけの花」はお経がもとだった(SMAP) 第2位/当時は存在しなかった「赤いスイートピー」(松田聖子) 第3位/「シクラメンのかほり」は匂いではなく妻の名前(布施明) 第4位/桑田がトシちゃんを真似た「チャコの海岸物語」(サザンオールスターズ) 第5位/「卒業写真」の‘あの人 [全文を読む]

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

世界初公開の作品も展示!札幌でスター・ウォーズ展

Walkerplus / 2015年08月10日17時04分

展開されている7つのビジョンの、最初のビジョン「The Original Visions:スター・ウォーズの原点」では、映画の原点や題材となった冒険活劇「フラッシュ・ゴードン」の書籍展示や、ルーカス監督が黒沢明監督からヒントを得たエピソードなどを語る、インタビュー映像などを紹介する。次に、展覧会のメインともいえるビジョン「Vision of SAGA:サー [全文を読む]

イ・ビョンホン、映画「荒野の七人」リメイク版に出演決定!デンゼル・ワシントン、イーサン・ホークらと共演

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年05月06日15時51分

「荒野の七人」(1960)は、日本の巨匠 黒沢明監督の「七人の侍」(1954)をリメイクした作品として、代表的なガンマン映画とも挙げられている。今回のリメイク映画は、メキシコの街を離れた人々のために活躍する7人のガンマンの物語を描く。MGMとSONYが制作を担当し、「トレーニングデイ」(01)、「ティアーズ・オブ・ザ・サン」(03)、「エンド・オブ・ホワイ [全文を読む]

【星野哲郎作詞作品】シングル44タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年11月19日09時30分

http://meg-cd.jp/artist/kitajima_saburo■木村隆衛「浮雲★/青年劇場」 ■杆屋栄基衛「お地蔵さんと鳥( 杆屋栄基衛) /おみやげ★( 渡辺恵美)」■クラウン・ボニー・ボーイズ「牧場の三日月まちがえた★/地球は僕らのふるさと」 「記念樹/降っても晴れても曇っても★」 ■黒沢明とロス・プリモス「悪いお酒ね/ラスト・ワルツ★ [全文を読む]

追悼・『李香蘭』山口淑子氏 プロパガンダ映画出演の過去も、中国紙は長年の友好活動に着目

NewSphere / 2014年09月19日11時48分

その後は、ハリウッド映画やブロードウェイのミュージカルに出演し、日本でも黒沢明監督の作品に出演するなどしたが、1958年に外交官の大鷹弘氏と結婚。それを機に映画界を引退した。その後は、テレビ番組で司会やキャスターを務めた。1974年に参院議員に初当選し、国会議員をおよそ20年間務めた。 【日中の友好関係を望んで】 山口氏は日本と中国、アジア諸国との友好的な [全文を読む]

【星野哲郎作詞作品】シングル138タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年09月10日16時00分

http://meg-cd.jp/artist/wakayama_akira ■林里江子「愛の哀しみ」 ■晴乃チック・晴乃タック「涙の行進」■東山明美「私の恋人」「ありがとうさよぅなら」「明日子ちゃんと今日子ちゃん」「我が家はたのしい汽車ポッポ」 ■樋口夏「津和野日記」「悲恋竹人形」■聖佳代「東京夜景」「恋にいのちがけ」「あなたの神戸」■一節太郎「男惚れだ [全文を読む]

【星野哲郎作詞作品】シングル97タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年07月30日10時00分

http://meg-cd.jp/artist/suizenji_kiyoko ■黒沢明とロス・プリモス「ゆく春を」「城ヶ崎ブルース」「恋の銀座」「小さなお店をもちました」■黒沢久雄「わかればなし」 ■黒田ゆかり「ユー・アー・マイ・サンシャイン」「真夜中のパンチ」■河野道子「あじさいの歌」 ■幸山あきら「あゝ宍道湖」「雨のカーフェリー深夜便」■谺良太郎「人 [全文を読む]

ヒトラーが現代に現れたら? そんな「もし」を描きながら文明を考える

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月17日11時00分

まさか黒沢明へのオマージュとはいわせない主演の栗塚旭を知る人は無残にももういない。 『帰ってきたヨッパライ』。加藤和彦に何があったのか。 帰ってきた宿六。ほとばしるDVとともに、華麗に吹き出す吐瀉物のミラージュが6畳間に描く7色の聖画を思わせて胸が躍る。 『帰ってきたヒトラー』(ティムール・ヴェルメシュ/河出書房新社)もそのタイトル通りヒトラーが帰ってきた [全文を読む]

「ガッチャマン」と「宮崎駿引退」にみる日本映画の終焉

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

世界中から惜しむ声が聞こえてくるが、ある監督は「日本には黒沢明と宮崎駿以外、映画人がいないみたいだ」と唇を噛んだ。 しかし、制作費80億円を費やしたという「ガッチャマン」の惨状を見るかぎり、宮崎監督の引退が「日本映画の終焉」と言われても、返す言葉がない現状なのだ。 [全文を読む]

舞台、テレビなどで活躍する若手俳優の等身大の姿を切り取る----若い女性を中心に人気のムック!待望の3冊目「キャストサイズ vol.3」1月24日発刊

PR TIMES / 2012年01月24日09時19分

■キャストサイズ vol.3 掲載内容●巻頭 馬場徹×中河内雅貴対談! 原作となる『SAMURAI7』は、黒沢明監督の映画『七人の侍』公開50周年記念で、リメイクされたGONZOによるアニメーション作品。2008年、2010年と舞台化され、2012年3月に再度舞台化される。この舞台に出演する馬場徹×中河内雅貴の魅力に迫る!●人気少年マンガ『弱虫ペダル』が初 [全文を読む]

フォーカス