宗茂のニュース

「敗者復活型」人間のプライドと知恵とは? 戦国武将たちの負けと復活から学ぶ、現代ビジネスパーソンの心得

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月23日06時30分

■立花宗茂 豊臣側を代表する不敗の猛将として活躍していた宗茂は関ヶ原以降、領地であった筑後柳川を没収される。一時は貧しい生活を余儀なくされるも人望の厚かった宗茂は家臣たちに支えられ見事に復活。徳川と豊臣の最後の戦いである大坂の陣、江戸時代最大級の内乱・島原の乱で活躍し、誠心誠意の奉公で敗将として唯一、没収された領地を取り戻すことに成功した。 ■増田長盛 [全文を読む]

気功健康塾を営むマラソン・宗茂氏 国会議員オファー5回

NEWSポストセブン / 2016年08月13日07時00分

体が痛くて悩んでいる人の自然治癒力の回路を開きたい」 (敬称略) ●撮影/藤岡雅樹 ※週刊ポスト2016年8月12日号 [全文を読む]

瀬古利彦氏「練習足りないと言われたらマラソン選手は失格」

NEWSポストセブン / 2017年07月26日07時00分

昨年末に日本陸連のマラソン強化・戦略プロジェクトのリーダーに就任した、長距離界のレジェンド・瀬古利彦氏(61)。1980年代の日本マラソンは世界をリードしていたが、1990年代から低迷していく。マラソンの志す若手選手が少なくなった今の日本マラソン界に瀬古氏が伝えたいことを、同氏を長く取材してきたルポライターの高川武将氏が聞いた。 * * * 2013年に東 [全文を読む]

戦国の女傑、加藤清正を退却させたエリート「おんな城主」

NEWSポストセブン / 2017年01月29日16時00分

容姿端麗で、剣術や学問などをしっかり学ぶ女性だったと伝えられています」(歴史作家で多摩大学客員教授の河合敦氏) 13歳で婿として迎えた夫・宗茂が朝鮮出兵に出ている間、秀吉がぎん千代をわが物にしようと名護屋城(佐賀県唐津市)に呼び出したことがある。このときぎん千代が長刀を構え、鉢巻・襷(たすき)がけで現われたことに、秀吉は「戦時である。立派な心構え」と苦笑い [全文を読む]

増田明美氏の陸上競技解説、重視するのは「選手の家族の思い」

NEWSポストセブン / 2017年01月24日07時00分

増田:ただね、元旦のニューイヤー(NY)駅伝の解説席で宗茂さん(元旭化成監督)と一緒だったんです。旭化成がトップだったので、機嫌良く市田孝・宏兄弟をすごく褒めるのよ。「彼らは素晴らしい。性格もいいし、兄弟の仲もいい」って。旭化成には、村山謙太・紘太兄弟もいるじゃない? 私は彼らの大ファンだから、「村山兄弟も仲がいいでしょ?」って聞いたら、宗さんが「あいつら [全文を読む]

第三のカレーうどんを味わうべし!12/23(金)『豊川うどん 虎や総本舗』グランドオープン

PR TIMES / 2016年12月08日15時43分

唯一不二の哲学が宿る「究極のカレーうどん」うどん激戦区豊川へ満を持して参戦!有限会社新東サービス(本社:愛知県豊川市 代表取締役:中河 智行)は、多角化戦略の一環として全国に和洋様々な業態の飲食店を展開する株式会社和僑(本社:東京都港区 代表取締役:高取 宗茂)のうどん業態『虎や総本舗』FC 店第一号として、愛知県豊川市に『豊川うどん 虎や総本舗』を出店い [全文を読む]

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」PVPモード『決戦』オープンベータテスト第三弾公開!新武将『真田 幸村』『立花 誾千代』登場!

PR TIMES / 2016年10月28日18時07分

養子に迎え入れられた西国無双こと宗茂とは、幾度かぶつかる場面もあった。*****この支配していく感覚、たまらないわぁ…!*****■PVPモード『決戦』オープンベータテスト第三弾公開![画像3: http://prtimes.jp/i/18760/127/resize/d18760-127-922344-2.jpg ][画像4: http://prtime [全文を読む]

累計60万部突破!上田秀人のベストセラー時代小説シリーズ最新刊『表御番医師診療禄8 乱用』(角川文庫刊)発売、金の爪楊枝が当たる刊行記念キャンペーン実施!

PR TIMES / 2016年08月30日13時58分

2010年『孤闘立花宗茂』で第16回中山義秀文学賞受賞。14年「奥右筆秘帳」シリーズで第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。その他のシリーズに「百万石の留守居役」(講談社文庫)「御広敷用人 大奥記録」(光文社文庫)「闕所物奉行 裏帳合」(中公文庫)「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)「禁裏付雅帳」(徳間文庫)「日雇い浪人生活録」(ハルキ時代小 [全文を読む]

イチローが愛用しチーム内でも大流行。鳥取産シューズ「ビモロ」とは?

週プレNEWS / 2016年03月29日15時00分

「私は約30年前から、師であり、兄貴分でもある元マラソン日本代表の宗茂(そう・しげる)、猛(たけし)兄弟とのトレーニングを始めたのですが、2000年代に入ったある日、彼らから受けた相談がきっかけでした。 『極限まで鍛え抜いているはずのトップランナーでさえ、履いているシューズのせいで故障することがあまりに多いんです。しかしそれをメーカーに訴えても、彼らには [全文を読む]

終わらないドーピング問題。金メダルをとらないと大変なことになる国

まぐまぐニュース! / 2015年12月02日19時00分

当時の3強である宗茂氏、宗猛氏がみんな出たらおそらく1、2、3フィニッシュであった」とよくおっしゃっている。 瀬古氏は非常に朗らかな方なので、そのことは飄々と言われるのだが、余計そこに悔しさがにじみ出ているように感じた。あの時日本が出ないことは非常に苦渋の決断。国としては参加しないことを決定。ヨーロッパの国などでは個人が参加するという例もあり、日本もその道 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】V6・坂本が愕然。“マラソンと聞いて思い浮かぶ有名人 TOP10”に「これはないよ!」

TechinsightJapan / 2015年08月22日16時55分

ちなみに、番組で公表されたところでは、20位以内に「12位 宗猛」「13位 宗茂」「14位 東国原英夫」「20位 谷口浩美」がランクインしていた。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

フォーカス