伊藤整のニュース

太平洋戦争開戦時の日本人心理

クオリティ埼玉 / 2016年12月09日12時04分

伊藤整は英文学と仏文学を学び、戦後は『チャタレイ夫人の恋人』の訳者としても知られるが、『十二月八日の記録』では「この日、我が海軍航空隊が大挙ハワイに決死的空襲を行ったというニュースを耳にすると同時に、私は急激な感動の中で、妙に静かに、ああこれでいい、これで大丈夫だ、もう決まったのだ、と安堵の念の湧くのをも覚えた」と記している。 詩歌となるともっとオクター [全文を読む]

「SKE48<二次元同好会>」×「時をかける少女」再びコラボレーション企画が決定! 12/18(日)スタジオ地図 LINE LIVEを生配信!

PR TIMES / 2016年12月16日17時31分

当日は生配信!どんな企画や話題が飛び出すかわかりません!お見逃し無く![表1: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/2936_1.jpg ]場所:時かけカフェ@大阪(THE GUEST café & diner 心斎橋161) 店内日時:12月18日(日)15:00~17:00 OA 予定出演者:鎌田菜月さん / [全文を読む]

欲棒、肉芽、秘口、彼の分身...官能小説は「性器」をどう言い換えてきたのか。背後にあった検察の表現規制

リテラ / 2016年05月22日21時00分

また、50年に伊藤整による翻訳で小山書店から出版されたD・H・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』は、作中に登場する性行為の描写などからわいせつ文書であるとされ裁判に。表現の自由をめぐって最高裁まで争われたが、結果は有罪であった。 このような前例から、性器の名称を露骨に書くのではなく何かに例えるなどの、官能小説ならではとされる婉曲表現が発達した。いまとなっては [全文を読む]

ろくでなし子氏は「わいせつの3要件満たしてない」と弁護士

NEWSポストセブン / 2014年07月25日11時00分

3要件とは、伊藤整が翻訳した『チャタレイ夫人の恋人』を巡るわいせつ裁判の最高裁判決(1957年)で示された「【1】いたずらに性欲を興奮又は刺激せしめ、【2】普通人の正常な性的羞恥心を害し、【3】善良な性的道義観念に反するもの」をいうが、山口弁護士は「今回はこの3要件を充足しておらず、犯罪は成立しない」と断言する。 性犯罪やインターネット犯罪に詳しい奥村徹弁 [全文を読む]

ろくでなし子さんは有罪になるのか? “芸術とわいせつ”に関わる過去の事件集から今後の展開を探る

ウートピ / 2014年07月20日12時00分

チャタレー事件(文学)イギリスの作家D・H・ローレンスの『チャタレイ夫人の恋人』を翻訳した作家・伊藤整と、版元の小山書店社長に対して刑法第175条のわいせつ物頒布罪が問われたが、1957年、最高裁判決で有罪が確定。(参考)判決では以下の「わいせつの三要素」が示された。1、性欲を興奮または刺激させる2、性的羞恥心を侵害する3、善良な性的道義観念に反する※なお [全文を読む]

太宰治、井上ひさし、遠藤周作らによる嘘が題材作を集めた本

NEWSポストセブン / 2013年03月06日16時00分

河合隼雄「うそからまことが出てくる」、串田孫一「嘘について」、伊藤整「正直な夫」、佐野洋子「悪女と善人」、吉田健一「とぼけることの効用」など傑作ぞろいであるが、こんなのを中学生までに読んじゃったら、どうなるんだろうか。まあ、中学生のふりをして読めばいい。 圧巻は嘘小説対決で、遠藤周作「嘘」vs太宰治「嘘」。どちらの嘘がうまいかは読者の判断。いつだったか、東 [全文を読む]

フォーカス