大河内奈々子のニュース

大河内奈々子 幼稚園卒園の息子が救ってくれた「離婚の苦悩」

WEB女性自身 / 2015年03月26日06時00分

寅之輔も一生懸命練習していて、本番でも上手にできました」と語るのは、大河内奈々子(37)だ。3月20日に長男・寅之輔くん(6)が幼稚園を卒園した大河内。彼女は、’12年に夫と離婚。だが、その後の生活の心の支えとなったのが、長男の存在だったという。「当時はすごく悩んでいました。でも、寅之輔を見ているとすごく前向きになれたんですよね。『この子がいるから』って。 [全文を読む]

大河内奈々子 前夫とは正反対なタイプの4才下男性と再婚

NEWSポストセブン / 2014年09月18日05時00分

女優の大河内奈々子(37才)が、再婚していたことがわかった──。 大河内は、2006年に俳優でドラマ『花より男子』(TBS系)などを手がけた人気脚本家・宅間孝行氏(44才)と結婚。2008年9月4日に長男を出産したが、2012年に離婚していた。 その後、シングルマザーとして、神奈川県・逗子で子育てをしていることを明かしてきたが、彼女には新しいパートナーがい [全文を読む]

大河内奈々子、離婚原因は夫・宅間孝行の「女優に手を出す」悪癖か

サイゾーウーマン / 2012年05月12日12時00分

双方の所属事務所を通じ、離婚を発表した大河内奈々子と宅間孝行。翌日のスポーツ紙によると、昨年11月から長男のために広い自宅に住もうと神奈川・逗子に住まいを構えたものの、生活にスレ違いが生じてしまい、結婚6年目にして夫婦生活にピリオドを打ったという。しかし、この「スレ違い」という理由に疑問を持つのは、宅間と親交のある演劇関係者だ。「正直言って結婚生活が6年も [全文を読む]

あの徳川家康が、現代の名古屋で恋に落ちる!? メ~テレドラマ「私の愛した家康さま」 1月28日(土)午後2時~放送!

PR TIMES / 2017年01月25日11時37分

今回は主役が「信長」から「家康」にバトンタッチ!これまでの徳川家康の「地味で保守的」なイメージを覆す、オトナの女性に向けたラブストーリーを展開します! [画像1: https://prtimes.jp/i/14977/194/resize/d14977-194-973917-1.jpg ] <番組概要> ■番組タイトル:「私の愛した家康さま」 ■番組ジャン [全文を読む]

田中圭がずぶ濡れで実はマッチョな肉体を披露!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月27日05時00分

有紗は、忙しく海外を飛び回る両親に代わり、面倒を見てくれる叔母の瑤子(大河内奈々子)と共に、絶海の孤島にある屋敷を訪れる。だが、着いた日の夜から天候が悪化し、外界との交通手段も通信も遮断されてしまう。その夜、屋敷内で瑤子が転落死体となって発見される。 人の出入りがない状況での出来事だったため、犯人は宿泊客の中にいるのではないかとそれぞれが疑心暗鬼に。そし [全文を読む]

舞台「こち亀」、原幹恵の“秋本麗子”に原作ファンが「イメージが合わない!」

アサ芸プラス / 2016年07月12日05時59分

以前の舞台では森下千里や大河内奈々子が演じましたが、しっくりきませんでした。テレビドラマでは香里奈でしたが、これも批判を受けています。特に原作者の秋本治氏は香里奈が演じたことに不満だったとか。原はまだいいほうだと思うのですが‥‥」(マスコミ関係者) さらに「俺の麗子をずさんに扱うな!」と声を張り上げる熱心な麗子ファンの存在が事態をややこしくしているという。 [全文を読む]

昼ドラ52年の歴史 スタッフが寝不足で気絶していく過酷現場も

WEB女性自身 / 2016年03月10日06時00分

一日中、泣いたりたたかれたりしている大河内奈々子さんもキツかったと思います。皆さん、演出の意をくんでくださり役に没頭していただいたので、本当に助かりました」 昼ドラの出演者は声をそろえて「本当につらかった」と当時を振り返るが、スタッフもかなりハードだ。 「当時はリハーサル1日、ロケ1日、スタジオ収録4日、休みの1日は準備という1週間のスケジュールで進みます [全文を読む]

【フジテレビ】動画配信サービス初出し!ドラマ『牡丹と薔薇』FODにて伝説の昼ドラを会員見放題で配信開始12月28日(月)10時より第1話~第10話を配信!以降毎週月曜日に10話毎配信(全60話)

PR TIMES / 2015年12月28日10時22分

主演の姉・ぼたん(真世)役には大河内奈々子、妹・香世役には小沢真珠が出演し、「役立たずのブタ!」、「香世様って呼びなさい!」などの名台詞や、ジェットコースターのような目まぐるしいストーリー展開が話題となり、放送当時“ボタバラ旋風”を巻き起こしたドラマです。 FODでは、2015年12月28日(月)10時より、『牡丹と薔薇』第1話~第10話を配信開始し、以降 [全文を読む]

ドロドロ愛憎劇の"52年"を惜しむ声…「フジ昼ドラ」人気ランキング

NewsCafe / 2015年12月06日12時00分

[男性/50代/会社員]【2位】牡丹と薔薇(大河内奈々子、小沢真珠)(18.1%)■小沢真珠の迫力ある演技が、印象的だった。[女性/30代/主婦]■主役のふたりはとにかくキャラが濃く、ふたりと同じような演技できる女優他にいないし素敵なコンビでした。ドラマ見てた当時の自分には小沢真珠の目力の印象がすごく強かった。[女性/40代/主婦]■これしか見たことないし [全文を読む]

ドロドロ愛憎劇再び!「新・牡丹と薔薇」の魅力は名言の数々!?

アサ芸プラス / 2015年12月06日09時59分

04年、大河内奈々子と小沢真珠が繰り広げるジェットコースターのような急展開や「役立たずの豚!」などの痛烈なセリフ、牛革財布のステーキが登場するなど、センセーションを巻き起こした前作。今回も前作同様、中島丈博先生による脚本だ。しかもこの作品で、50年以上にわたって続いた昼ドラ枠が消滅するため、最後の作品となるのだ。注目の第1回は?「高校生の女の子が妊娠、相 [全文を読む]

“究極の昼ドラ“超えなるか!? 『ボタバラ』新シリーズのカオスすぎる展開に視聴者大興奮!

メンズサイゾー / 2015年12月01日10時00分

初回の放送では、前シリーズでWヒロインを務めた小沢真珠(38)と大河内奈々子(38)が同姓同名の役柄(キャラクターはまったく別)で登場し、往年のファンを喜ばせた。 制作サイドの遊び心を感じる演出も見どころとなったが、第1話から昼ドラ的な怒涛の展開でも視聴者を翻弄。初回では、のちにぼたんと美輪子の母となる伊藤かずえ(48)演じる西山眞澄が、実は高校生時代にも [全文を読む]

フジ昼ドラが来年3月終幕!女優たちの伝説の名場面をフィードバック「真珠夫人で主演した横山めぐみの扇情シーン」

アサ芸プラス / 2015年11月14日17時57分

そんな屈折した攻撃性の矛先は、姉役の大河内奈々子にも向けられていた。「姉妹の結び付きを強くするために、同じ時刻に処女をささげましょう」という常軌を逸した約束を結ばせる。しかし決行当日、体が硬直して計画に失敗した大河内に対し、処女を失った小沢は激怒。ならず者を雇って大河内の処女を奪おうとする。夜道を歩く大河内に忍び寄る3人の男たち。いきなり襲いかかり、口を塞 [全文を読む]

フジ昼ドラが来年3月終幕!女優たちの伝説の名場面をフィードバック「“華の嵐”で魅せた高木美保の女優魂」

アサ芸プラス / 2015年11月14日09時57分

横山めぐみ(46)、遠野なぎこ(35)、大河内奈々子(38)、安達祐実(34)‥‥。並行してドラマの性描写が露骨になり、昼ドラが“女優再生ドラマ”と化してきたんです」(前出・佐々木氏) [全文を読む]

“2代目・薔薇役”逢沢りなにのしかかる小沢真珠のプレッシャー! 「性格よすぎ」で大コケ予測?

おたぽる / 2015年11月10日12時00分

今月30日から放送開始予定のドラマ『新・牡丹と薔薇』(フジテレビ系)のキャストが発表され、かつて大河内奈々子が演じた“ぼたん”役を黛英里佳、同じく小沢真珠が演じた“薔薇”役を逢沢りなが務めることが明らかになったのだが、このキャスティングに対してネット上では「逢沢に小沢真珠を超える演技ができるのか?」「“役立たずのブタ”にならなきゃいいけど」など、特に逢沢に [全文を読む]

【悲報】フジテレビ「昼ドラ」枠が終了に悲しみの声がネット上で殺到中

AOLニュース / 2015年10月29日12時00分

また、吉川十和子の『あなたが好きです』や中原果南の『はるちゃん』シリーズ、2000年代には社会現象にまでなった横山めぐみの『真珠夫人』や、大河内奈々子と小沢真珠主演の『牡丹と薔薇』、安達祐実が一人二役を演じた『娼婦と淑女』など数多くの名作ドラマを生み出してきた。 平日昼どきの30分枠という手頃な時間帯であること、また中毒性たっぷりの脚本・演出力に、週1回の [全文を読む]

イライラムカムカさせるのは名女優の証拠!ドラマの中の印象的な悪女10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月30日12時55分

子どもの頃から少々ツンデレ気味だった香世ですが、生き別れの姉、大河内奈々子さん演じるぼたん(真世)と偶然仲良くなったところを引き離され、「ウラギラレター」と大激怒。その後、同居する事になった際には復讐とばかりに暴言を吐いて意地悪し、あげくの果てにぼたんの恋人を死なせてしまいます・・・。もろもろの事情を知り仲直りしますが、今度は同じ人に恋をして、譲ろうとした [全文を読む]

映画「かぐらめ」 第39回モントリオール世界映画祭ファースト・フィルム・ワールド・コンペティション正式出品決定

PR TIMES / 2015年08月04日17時33分

出演:武田梨奈、大杉漣、筒井真理子、黒川芽以、森岡龍、大河内奈々子、白須慶子、瀬駒妃、足立智充、 滝沢涼子、朝加真由美、今井雅之、上條恒彦 脚本:難波望 / エグゼクティブプロデューサー:清家端 / プロデューサー:前信介 / 音楽:五十嵐宏治 主題歌:「姿」片平里菜(ポニーキャニオン) 公式サイト:http://kagurame.jp/ 予告本編:ht [全文を読む]

上越妙高の旅! 4000本の桜が咲き誇る高田公園にぴったりな「さば押し寿し」

ぐるなび / 2015年04月16日13時10分

」(テレビ東京系、毎週火曜午後6時57分)で「金沢だけじゃない!北陸新幹線の降りたほうがいい最高の駅SP」と題して、女優の大河内奈々子さんとお笑いコンビ「ピース」綾部祐二さんが、「富寿し高田駅前店」(新潟県上越市)を訪れた。 同店は、高田駅前の繁華街にある1954(昭和29)年創業の老舗寿し店。日本海の豊富な地魚を楽しめる。新潟市内のほか、長野市やシンガポ [全文を読む]

昼ドラが生み出した名優 男性なら渡辺裕之、女性なら小沢真珠

NEWSポストセブン / 2014年08月27日16時00分

『牡丹と薔薇』では嫉妬にかられた小沢真珠(37才)と、自己犠牲でひたすら耐える大河内奈々子(37才)の掛け合いが、社会現象を巻き起こした。 コラムニストのペリー荻野さんはこう話す。 「昼ドラで花開いた俳優が、嵐シリーズの渡辺裕之なら、女優は小沢真珠。驚くときは思いっきり目をむき、吐き捨てるようにセリフを言う。自然体の演技じゃだめなんですよ。視聴者が求めてい [全文を読む]

能登ならではの海の幸を堪能 老舗の寿司店「能登すしの庄 信寿し」

ぐるなび / 2014年07月10日21時10分

7月5日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、毎週土曜午前8時)で、「石川・能登で野生のイルカと泳ぐ旅」と題し、女優の大河内奈々子さんが「能登すしの庄 信寿し」(石川県七尾市)を訪れた。 地元で評判の同店は今年創業53年。旅館を彷彿させるような佇まいの門をくぐり、店内を奥へと進むと、その日に水揚げされたばかりの新鮮なネタが長いケースにずらりと並んだ [全文を読む]

フォーカス