新井敏弘のニュース

本邦初公開のグローバルラリークロス・マシン!580馬力のスバルWRX STIが国内でテスト

clicccar / 2017年01月26日08時03分

そのスバル、2016年には日本のトップドライバーである新井敏弘選手をGRCにスポット参戦させるなど日本サイドの関わりも強くなっています。そして、2017年にはGRCマシンのエンジンをSTIが開発することになりました。 そのスタートといえるテストが埼玉県のミニサーキット「本庄サーキット」にて行なわれるという情報を耳にして、その現場に行ってきたのです。 極秘 [全文を読む]

新井敏弘選手も参戦した「魅せる」ラリークロス・レッドブルGRC最終戦LAラウンド

clicccar / 2016年10月13日19時03分

PWRCで2度の世界チャンピオンに輝いている国内屈指のラリードライバーとなる新井敏弘選手が、WRX STIを駆りGRC(Redbull Global Rally Cross)に参戦するということで話題を浴びた最終戦のロサンゼルスラウンド。 10月8日の土曜日にラウンド11、9日の日曜日にラウンド12の2戦が行なわれました。 GRCはダートとターマック(舗装 [全文を読む]

SUBARUラリーチームUSAから、世界の新井敏弘選手がレッドブルGRC最終戦LAラウンドに参戦決定!

clicccar / 2016年09月23日14時16分

GRC最終戦の第11戦LAラウンドに、新井敏弘選手が参戦決定! 北米で開催されているレッドブル・グローバルラリークロス(GRC)の最終戦、10月8日(金)、9日(土)に開催される第11戦ロサンゼルスに、新井敏弘選手がWRX STIラリークロスカーで参戦することが、SUBARUラリーチームUSAから発表されました。 新井選手は2005年、2007年のPWRC [全文を読む]

見て、乗って、なりきって!? 誰でも気軽に参加できるのが魅力的!【モータースポーツジャパン2017フェスティバル・イン・お台場】

clicccar / 2017年04月17日09時03分

トークショーに登場したのはスーパーGT300ドライバーの井口卓人選手と山内輝選手、そしてラリードライバーの新井敏弘選手と勝田範彦選手。 ドライバーを一目見ようと、ステージの周りはたくさんのファンの方で溢れかえっていましたよ。それにしても、ドライバーとの距離が近い! トークショーに参加された方、最高の思い出になったのではないでしょうか。 様々なブースがありま [全文を読む]

同乗体験はジェットコースター以上の迫力! ただし1日24名限定!!【モータースポーツジャパン2017フェスティバル・イン・お台場】

clicccar / 2017年04月15日13時23分

ドライバーは新井敏弘選手です。日程的に本番で実際に使用しているマシンだと次の本番に間に合わないので、イベント用のマシンだったのですが、外装も内装もレース仕様とほとんど同じなのだそう。 ラリーカーに乗るのが夢だった私は、スタート前から感動。そして加速した瞬間、感動に浸る余裕がないほどのスピードにびっくり! ドリフト時は頭が横にガクガク揺れ、激しすぎて外の景 [全文を読む]

京都府城陽市でモータースポーツの祭典、 車が空を飛ぶ「Joyo Super Jump Extreme」開催

DreamNews / 2017年02月15日17時00分

全日本ランキング5位) / 三橋淳(パリ・ダカールラリー市販車部門で優勝したプロラリースト)※チラシ・ポスターに掲載している新井敏弘選手は諸事情により不参加となりました。(オフィシャルページ)https://www.facebook.com/joyojump/(公開FBページ)(前回の様子の動画)https://youtu.be/l8e5Md3U37s(お [全文を読む]

「魔改造」マシン!? スバルWRX STI GRC仕様のディテールに迫る!

clicccar / 2017年01月27日20時33分

場所は埼玉県・本庄サーキット、走ったマシンは2016年モデルのスバルWRX STI GRC仕様( クリス・アトキンソン車)、ドライバーは世界の新井敏弘選手です。 市販車を改造したマシンですが、ラジエターは重量配分を考えて、キャビン内に置かれ、リアから熱を抜くといった「魔改造」と呼びたくなるスペシャルマシン。コクピットを見ても、着座位置は後方となり、シフト [全文を読む]

スバルで新井敏弘が日本人初挑戦するラリークロス「GRC」とは?

clicccar / 2016年10月09日10時03分

最終戦のロサンゼルスラウンドには、日本人として初出場となる新井敏弘選手が参戦します。国内はもとより世界的な有名なラリードライバーで、PWRCの世界選手権を制覇した新井選手がGRCでどのような活躍を見せるかが見物となります。また、SRTUSA(スバルラリーチームUSA)からは新井選手のほかに元SWRT(スバルワールドラリーチーム)でWRX STIのステアリ [全文を読む]

スバル、「レヴォーグ STI Sport」を一般公開!

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年07月01日18時30分

ラリー・ドライバーの新井敏弘氏は、これに乗り「50m走っただけで全然違うと分かった」と語ったそうだ。 [全文を読む]

日本人も日本車も多数参加するアジアクロスカントリーラリー開幕

clicccar / 2015年08月11日14時29分

4輪部門は今大会2度のPWRC世界チャンピオンに輝いている新井敏弘選手や、かつてのパリダカの王者篠塚建次郎選手、EVマシンでアメリカで行われるパイクスピークヒルクライムに挑戦し続けている塙郁夫選手らが初参戦。元WGPライダー青木拓磨選手は9度目の参戦とバラエティに富んでいます。 参戦マシンは日本では未発売のピックアップトラック、いすゞD-MAXが主流ですが [全文を読む]

欧州国内戦にも参戦!トヨタGAZOO Racingがラリーの若手育成ドライバーを決定。

clicccar / 2015年06月04日16時33分

新井 大輝 (あらい ひろき)さんは、あの「世界の新井」ことスーパーラリードライバーで日本人初のPCWRCのチャンピオンである新井敏弘選手のご子息で、1993年8月2日生まれの現在21歳。2013年には20歳で全日本ラリーデビュー、その年のラリー北海道ではアジアパシフィック選手権で出場するなど、早くも才能を開花させています。 勝田 貴元 (かつた たかも [全文を読む]

4万8000人を集めた一大イベント、全日本ラリー選手権・新城ラリー

clicccar / 2014年11月04日14時33分

2位の新井敏弘選手/竹下紀子選手(スバルWRX STI)に37.3秒の差をつけて今シーズン5勝目を獲得しました。 JN5クラスではトヨタ86の川名賢選手/高橋巧選手が優勝、2位にはトヨタ・ヴィッツGRMNターボの天野智之選手/井上裕紀子選手が入りました。 ギャラリーが観戦できるSSは新城総合公園内に設置され、多くの観客の方が迫力の走りを楽しみました。11月 [全文を読む]

カスタムカー3台、レースカー4台! スバル、東京オートサロン2013の出展車概要を発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年12月25日18時00分

来季のモータースポーツ体制発表も行われ、新井敏弘選手をはじめとするスバル・ドライバーたちが来場するそうだ。他にもスバルらしい技術展示として、BRZ用の水平対向ボクサー+次世代D-4Sエンジンや、「レガシィ」「フォレスター」に搭載されている直噴ターボDIT+リニアトロニックのカットモデルも用意される。市販車の中からはSTI製コンプリートカー「レガシィ ts」 [全文を読む]

【MSJ2012】リアル&ユニークなラリーカー・レプリカを一挙ご紹介!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年11月17日21時00分

2003年のPWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権) ニュージーランドで、新井敏弘選手がドライブして見事優勝を飾った、2代目インプレッサのレプリカ車だ。ボディ外装やスポンサー・ステッカーのみならず、車内には14点式ロールケージやラリー・コンピューターなど、本格的な競技用パーツを多数装備。オーナーは実際にこのクルマでラリーにも出場されているそうだ。Ga [全文を読む]

フォーカス