鈴木健二のニュース

あの鈴木健二元NHKアナが語るビジネスの心得!なんでもいいから得意技を磨きなさい!

Business Journal / 2016年07月07日06時00分

未曾有の高齢化社会を迎えるなか、今年87歳を迎えながらも精力的に動き続ける、元NHKアナウンサーの鈴木健二氏。過去に『気くばりのすすめ』シリーズ(講談社)や『男がしておかなくてはならないこと』シリーズ(大和出版)を執筆したベストセラー作家でもある鈴木氏は、6月に『気くばりのすすめ、三十四年目~どっこい、まだ生きております』(サイゾー)を上梓した。 その鈴木 [全文を読む]

ご存知ですか? 5月24日は、映画監督・鈴木清順の誕生日です

文春オンライン / 2017年05月24日07時00分

なお、弟は元NHKアナウンサーの鈴木健二である。痩身の兄・清順に対し、6歳下の弟の健二は恰幅がよく、いかにも対照的だ。兄弟に言わせると、これはどうやら少年時代からの食べ物の違いらしい。芋の煮っころがしなどが好きな兄に対し、弟はトンカツやご飯にソースをどぼどぼかけて食べていた。休日に外食をしても、兄と母の「あっさり組」、弟と父の「こってり組」に分かれたとか [全文を読む]

鈴木清順の弟が明かす、清順美学の根底に流れる戦争の影響「兄は戦争から帰ってきて人が変わった」

リテラ / 2017年02月25日19時00分

しかし、実は、戦争が清順に与えたものは「影響」なんてなまやさしいものではなく、その人生を180度変えてしまったものであったと、鈴木清順の弟で元NHKアナウンサーの鈴木健二は証言している。 1923年に東京で生まれた清順は、勉強もできてスポーツも万能、加えて口数も多いガキ大将気質の少年であったという。逆に弟の健二は病弱で人見知りで無口。対称的な兄弟であった。 [全文を読む]

紅白事件簿 司会者が都はるみを「ミソ…」と間違い波紋

NEWSポストセブン / 2016年12月24日07時00分

白組司会・鈴木健二アナの「1分間時間をください。私が説得してみます」の名アナウンスの後、紅白史上初のアンコールが披露された。 だが、都がアンコール曲『好きになった人』を熱唱した後、事件は起こった。総合司会の生方恵一アナが「もっともっとたくさんの拍手を“ミソ……”」と、「美空ひばり」と言い間違えたのだ。 瞬間視聴率80%を超える大舞台での言い間違いは波紋を広 [全文を読む]

タモリ紅白断る!再び「タモロス」でネットでは「残念」の声!またジャニーズか。

秒刊SUNDAY / 2015年10月19日10時00分

タモリ、紅白司会断る NHK関係者「白紙に…」 http://t.co/cfzXZuoIOG— 日刊スポーツ (@nikkansports) 2015, 10月 18 タモリは32年前の「第34回NHK紅白歌合戦」で総合司会を行っており、その際の司会が黒柳徹子(紅組司会) 鈴木健二(白組司会) であった。黒柳徹子との共演が期待されたが、これで白紙となった。 [全文を読む]

福山雅治の方言が聞ける!?タモリが司会ならNHK紅白は九州色に!

アサジョ / 2015年10月17日09時58分

今回、情報が漏れたのは、世間がどういう反応をするか見るという意味合いもあったと思いますが、最有力であることは間違いないですね」 タモリは1983年に、紅組・黒柳徹子、白組・鈴木健二の中、総合司会を務めており、実現すれば2度目となる。芸能関係者が続ける。「昨年、タモリさんは黒柳さんと共にゲスト審査員として出演し、83年当時のことを話す演出があったため、『これ [全文を読む]

モバイルヘルステクノロジーベンチャーFiNC、資金調達に伴い中核エンジニアを採用DeNA・KLab出身の人材が参画し、開発体制を強化

DreamNews / 2015年08月31日10時30分

新たにFiNCに参画したのは、鈴木健二、中原瞬の2名です。鈴木は、2010年に株式会社DeNAに新卒で入社し、インフラエンジニアとして国内最大級のトラフィックを支えるサーバーの運用ならびに、海外向けソーシャルゲームのインフラ基盤の整備や、国内外のゲーム開発会社に対するシステムコンサルティング業務の責任者など、数多くのヒットタイトルの運用に携わってきました。 [全文を読む]

知性も読みも抜群…「好きな元NHKアナウンサー」といえば誰!?

NewsCafe / 2015年06月21日12時00分

今は神主さんになられた、とテレビ番組で知りびっくりしました」「鈴木健二さん。『面白ゼミナール』懐かしい」「池上先生でしょ!」などなど、選択肢に入りきらなかった多くの名前が挙がっていた。こうして見渡すと、本当に豪華な顔ぶれだ。最近では、元NHKアナといえば、人気お笑い芸人との熱愛報道や写真集発売報道など軽い話題が目についたが…そこはそれ、実力は抜群ということ [全文を読む]

日本の新聞 戦意高揚させて日露開戦を煽って部数を伸ばした

NEWSポストセブン / 2015年03月27日07時00分

元毎日新聞論説委員で城西国際大学大学院客員教授の鈴木健二氏は、「西南戦争の教訓は2つある」と語る。 「一つは、政府と軍部の融通がなければ戦争取材ができないという形を作ったこと。融通された記者は当然、見返りとして政府軍寄りの記事を書きます。実際、東京日日新聞の福地(桜痴)は木戸孝允のコネを利用して軍内部に入り込み、西郷軍を『賊軍』と決めつけて、他紙に先駆け [全文を読む]

名番組も誕生!紅白の裏で放送していた番組の苦闘の歴史(日テレ・TBS・フジ編)

しらべぇ / 2014年12月27日12時00分

■昭和60年 『第36回 NHK紅白歌合戦』(司会:紅組=森昌子、白組=鈴木健二アナウンサー 総合司会=千田正穂アナウンサー) 吉川晃司、C-C-B、石川秀美、原田知世らが初出場。白組トップバッターの吉川晃司がギターを燃やした回である(←いや、覚えている人は40歳以上かも)。(視聴率:66.0%) 一方、TBSでは・・・ 21:00『毎度おさわがせします [全文を読む]

日本風の自己紹介はNG! 日本人が知らない、世界で通用するビジネスシーンでの振る舞い方

Business Journal / 2014年07月13日16時00分

「わたしは鈴木健二です。健二と呼んでください。中東やアフリカでの資源開発を長く担当してきた資源・エネルギーのプロです。あっ、会社名ですか? 会社は○○商事です」など、個人の専門分野や実績、人となりがわかる自己紹介にしましょう。会社名は聞かれたら答えるくらいでいいのかもしれません。会食やパーティーの場であれば、趣味を入れるのも個性のPRに繋がって良印象です [全文を読む]

「集団的自衛権」行使容認で日本人傭兵が“戦地の真実”を警告(1)紛争地の情勢は日ごとに変化

アサ芸プラス / 2014年07月09日09時56分

軍隊を持ちながら、交戦に必要以上の政治的縛りがあるというのがおかしいんだから」 「集団的自衛権」行使容認を目前に、こうきっぱりと言い切ったのは、元フランス外人部隊の戦闘工兵部隊に所属していた鈴木健二氏(50)=仮名=である。 まず集団的自衛権とは、同盟国あるいは活動を共にする軍隊などが攻撃を受けた時に、自分たちが攻撃を受けていなくとも共に反撃を行う権利をい [全文を読む]

鈴木健二さん 紅白での梅沢富美男の姿見て自分の準備悔やむ

NEWSポストセブン / 2013年12月31日07時00分

著書『私に1分間時間を下さい!』(祥伝社)を上梓した元NHKアナウンサーの鈴木健二さん(84才)。 大晦日恒例のNHK紅白歌合戦の司会を、という依頼があったとき、著者は断った。1983(昭和58)年のことである。 紅白の司会者は昔も今も、その年の顔というべき人気者が務めている。前年までは白組の司会は主に芸能に強い、人気の局アナが担当してきた。 著者は人気の [全文を読む]

鈴木健二 紅白「私に1分間時間を下さい」はでまかせだった

NEWSポストセブン / 2013年12月29日16時00分

1983(昭和58)年から3年続けて紅白歌合戦の白組司会を務めた元NHKアナウンサー・鈴木健二さん(84才)が、紅白での思い出を回想した『私に1分間時間を下さい!』(祥伝社/1365円)を出版した。そんな鈴木さんが、当時の思い出、そして紅白歌合戦の歴史に残る名言「私に1分間時間を下さい!」の真実を語った──。 前年に続いて、1984年も鈴木さんは白組の司会 [全文を読む]

フォーカス