米長邦雄のニュース

第2回将棋電王戦 第1局 電王戦記1.2 (筆者:夢枕獏)

ニコニコニュース / 2013年03月28日18時00分

迷っているのは、米長邦雄の『われ敗れたり』を読んでしまったからである。 本来であれば、今日、本日の朝からこの原稿を書き出す予定であったのだが、半日かけてこの本を読んでしまったため、この時間――二〇一三年三月二十六日の午後五時にこの稿を書き出すことになってしまったのである。 三日前の三月二十三日のこの時間、ぼくは千駄ヶ谷の将棋会館にいた。第二回将棋電王戦の [全文を読む]

米長邦雄永世棋聖 対 コンピュータ・ボンクラーズ 「将棋電王戦」始まる

ニコニコニュース / 2012年01月14日13時41分

日本将棋連盟会長・米長邦雄永世棋聖と第21回世界コンピュータ将棋選手権の優勝ソフト・ボンクラーズが対局をおこなう「将棋電王戦」が2012年1月14日午前10時、東京・将棋会館で始まった。 ボンクラーズの先手で始まった対局は2時間が経過した13時現在、昼食休憩に入った。対局を中継するニコニコ生放送の番組で解説を務める渡辺明竜王は、ここまでの状況について「これ [全文を読む]

プロ棋士対コンピュータ「将棋電王戦」第2回戦開催へ 対局者は船江四段

ニコニコニュース / 2012年01月06日18時42分

第1回戦は今月14日に開催される予定で、日本将棋連盟の米長邦雄会長と、第21回世界コンピュータ将棋選手権の優勝ソフト「ボンクラーズ」が激突する。先月21日におこなわれたプレマッチでは、ボンクラーズが米長会長を下している。 今回発表された第2回「将棋電王戦」では、第1回加古川青流戦・優勝(2011年10月)のプロ棋士・船江恒平四段と、第22回世界コンピュータ [全文を読む]

話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた

ガジェット通信 / 2017年05月01日15時30分

【神宮寺崇徳→米長邦雄永世棋聖と中原誠十六世名人】 (日本将棋連盟会長) 原作はどちらかと言うと米長先生寄りですが、映画の神宮寺会長の姿を例えるなら中原誠十六世名人寄りになっておりました。 【柳原朔太郎→米長邦雄永世棋聖と加藤一二三九段 】 (現役最年長棋士であった) 映画は、神宮寺(中原誠十六世名人モデル)さんとコンビだからか、棋士に例えると、ライバル [全文を読む]

「将棋電王戦」第2回はプロ棋士5人とコンピュータ5チームが一斉対決

ニコニコニュース / 2012年01月15日19時36分

日本将棋連盟会長・米長邦雄永世棋聖と第21回世界コンピュータ将棋選手権の優勝ソフト・ボンクラーズが対局する「将棋電王戦」が2012年1月14日に開催され、ボンクラーズが勝利を収めた。対局後の記者会見で米長棋聖は、当初今後5年間、年に1度ずつ行うとしていたコンピュータとプロ棋士との対局を「まったくの白紙撤回」とし、来年にプロ棋士5人対コンピュータ5チームの一 [全文を読む]

「森内名人 対 羽生二冠」将棋・名人戦が開幕、ニコニコ生放送で全編中継

ニコニコニュース / 2012年04月12日20時45分

◇関連サイト・[ニコニコ生放送]将棋名人戦チャンネルhttp://ch.nicovideo.jp/channel/meijin・[ニコニコ生放送]第70期名人戦七番勝負第2局​(初日) - 会員登録が必要http://live.nicovideo.jp/watch/lv88126410?po=newsinfoseek&ref=news・[ニコニコ生放送]第 [全文を読む]

米長永世棋聖「築いた万里の長城、穴が開いた」 電王戦敗北後の会見 全文

ニコニコニュース / 2012年01月15日02時46分

プロ棋士対コンピュータ「将棋電王戦」の第1回戦が2012年1月14日おこなわれ、コンピュータ・ボンクラーズが日本将棋連盟会長の米長邦雄・永世棋聖を下した。対局後の記者会見では敗れた米長永世棋聖が「万里の長城を築きながら、そこから穴が開いて攻めこまれた」と自身の敗北を表現。1秒に1800万手を読むというボンクラーズに対して「手を読ませない」作戦で序盤は想定通 [全文を読む]

「将棋電王戦」コンピュータ・ボンクラーズが米長邦雄永世棋聖に勝利

ニコニコニュース / 2012年01月14日17時15分

日本将棋連盟会長・米長邦雄永世棋聖と第21回世界コンピュータ将棋選手権の優勝ソフト・ボンクラーズが対局をおこなう「将棋電王戦」が2012年1月14日午前10時より、東京・将棋会館で行われ、先手・ボンクラーズが113手で勝利した。 米長邦雄永世棋聖は、通算1103勝800敗1持将棋、タイトル獲得合計19期で、引退棋士ながら実績はトップクラス。一方のボンクラー [全文を読む]

『陰陽師』のようなロングセラーを書く秘訣を教えてください。夢枕獏×阿部智里(1)

文春オンライン / 2017年06月08日11時00分

昔、棋士の米長邦雄さんと将棋を指したことがあるんです。もちろん駒を落としてもらうんですが、その時に米長さんが「脳が鼻から将棋盤の上に垂れるくらい考えてください」とおっしゃった。僕もその表現を時々使わせてもらっているんです。自分が小説を書くときも、やっぱり脳が鼻から垂れるくらい考えて、やっとアイディアが出てくる。勢いがある時は申し訳ないくらい速くなるときが [全文を読む]

NHK杯戦史上、最も有名な一手に学ぶ待ち駒戦法

NHKテキストビュー / 2017年06月03日17時00分

解説者だった米長邦雄永世棋聖が「おー、やった!」と声を出されたことでも有名です。放置していれば▲1四角から、△5二同金としても▲1四角△4二玉▲4一金までの詰みとなります。実戦は▲5二銀に△4二玉と寄りましたが、▲6一銀不成が▲3二金からの詰めろで、以下先手の勝ちとなりました。■『NHK将棋講座』2017年5月号より [全文を読む]

人工知能(AI)が人間を超える日は来るのか?

プレジデントオンライン / 2016年12月20日15時15分

すでにチェスでは1996年に世界チャンピオンに勝利し、将棋は将棋ソフト「ボンクラーズ」が日本将棋連盟会長も務めた故米長邦雄永世棋聖が引退後の2012年を打ち負かしている。しかしチェスや将棋よりもはるかに手数の多い囲碁でAIがプロ棋士に勝つのはまだ先のことだといわれていた。しかし脳の構造を模倣したディープランニングの発展がAIの世界を根本的に変えた。 では、 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(4)ルビー・モレノ、天地真理…「失踪美女」の気になる「今」!

アサ芸プラス / 2016年10月13日05時57分

林葉直子(48)が、師匠の米長邦雄(故人)に「サイババに会いに行く」と言い残して行方をくらましたのだ。林葉は騒動の真相をこう明かしていた。〈米長先生が冗談でおっしゃったんだと思いますよ。実際の行き先はアイルランドの友人のところでした。理由は今風に言えば“傷心旅行”〉(09年4月30日号) その後、豊胸告白、自己破産などで世間の耳目を集め、14年には重度の肝 [全文を読む]

改憲を目指す「日本会議」が参院選後、表舞台に出てきた真意とは

週プレNEWS / 2016年07月21日10時00分

それを聞いて、ふと思い出したのが、2004年秋の園遊会に招待された棋士で東京都教育委員の米長邦雄氏が、天皇陛下に「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と話しかけた際、天皇陛下が「やはり、強制になるということではないことが望ましいですね」と答えられて、やんわりと否定されたことです。 現憲法では天皇が政治に関する具体的な発言 [全文を読む]

Cannes Lions 2016② 人工知能は神か悪魔か

FUTURUS / 2016年07月17日12時12分

チェスでは1997年に当時の世界チャンピオンロシアのガリ・カスパロフ氏が、IBMが開発したコンピューター「ディープブルー」に敗北を喫しており、将棋の世界では、日本将棋連盟会長も務めた故米長邦雄永世棋聖が引退後の2012年、将棋ソフト「ボンクラーズ」に敗北している。 チェスや将棋よりも盤面が広く、可能な打ち手の数が膨大な囲碁の世界では、AIが人類を下すのは、 [全文を読む]

「私の履歴書」連載の中原誠氏 林葉直子氏との仲を夫人が説明

NEWSポストセブン / 2016年05月30日16時00分

米長邦雄、加藤一二三、谷川浩司など名棋士たちとの交流や、1979年の名人戦で見せた将棋史に残る絶妙手「5七銀」など、将棋ファンにはたまらない逸話が盛り沢山だが、誰もが気になったのは、元女流棋士・林葉直子(48)とのドロ沼不倫騒動を「書くか、書かないか」だった。 12歳でプロ棋士になった林葉は「将棋界の聖子ちゃん」として脚光を浴びる一方、1994年に失踪騒 [全文を読む]

ついに山が動く?羽生善治名人と人工知能の対局が実現か

しらべぇ / 2016年05月19日21時00分

■世間はコンピューターのほうが強いと認識電王戦は、2012年の米長邦雄永世棋聖対ボンクラーズを皮切りに、2015年まで団体戦形式で開催。AI側が勝ち越す結果となっている。開催当初は世間も「棋士の方が強い」という認識がほとんどだったが、現在はそれが逆転。2016年の電王戦に出場する山崎隆之八段とPonanzaどちらが勝つと思うかという調査では、7割がPona [全文を読む]

人工知能、ホワイトカラーの仕事の大部分を代替可能に…人間でいえば上位16%のレベル

Business Journal / 2016年02月25日06時00分

日本でも、日本将棋連盟会長も務めた故米長邦雄永世棋聖が引退後の12年に、人工知能ソフトウェア「ボンクラーズ」と対局して敗れている。15年には、グーグルの関連企業が開発した人工知能ソフトウェアが、将棋よりも難易度が高いといわれた囲碁のプロ棋士を破っている。 ムーアの法則が示すように、物理的な制約を受けにくいデジタル技術の急速な進歩によって、雇用喪失の議論は、 [全文を読む]

怨讐を越えて!?株主優待生活の桐谷さんグッズ、日本将棋連盟が絶賛発売中

アサ芸プラス / 2015年06月13日17時59分

「桐谷さんは、日本将棋連盟の会長だった故・米長邦雄永世棋聖に婚約者を寝取られたこと、米長氏と恋仲にあった相手への脅迫状を代筆させられたことなどを06年に告白、のちに棋士を引退し、将棋連盟と決別した過去があるんです」(スポーツ紙記者) 米長氏が反論することなく亡くなったのは12年12月のこと。将棋連盟は翌年夏から桐谷モデルのうちわを販売している。そこにどんな [全文を読む]

株で2億損失、彼女を寝取られ‥‥関ジャニ・村上も推す“桐谷さん”の幸せの形

アサ芸プラス / 2015年01月28日18時00分

「私は独身でひとりぼっちですから、家庭があって子供がいて孫がいてっていう方はそういう幸せもあるけれど、私にはそれがないから、必ずしも株をたくさん持っていることが幸せというわけではないと思いますね」 かつて、駆け出しの頃から慕っていた日本将棋連盟元会長の故・米長邦雄永世棋聖に、若かりし頃、彼女を寝取られたこともあるという桐谷さん。さまざまな幸せのカタチが模 [全文を読む]

桐谷広人“株主優待王”が衝撃告白「婚約者を寝取られた!」

WEB女性自身 / 2014年08月01日10時00分

おととし亡くなるまで“棋界のドン”であり続けた日本将棋連盟元会長の故・米長邦雄永世棋聖(享年69)。艶福家としても知られた人物で、桐谷さんは駆け出し時代から米長氏を慕い、“子分”のように献身的に尽くしていた。81年、桐谷さんは故郷・広島でクラブホステスのA子さんと知り合う。2年後に彼女にプロポーズした桐谷さんは、幸せの絶頂にあった。上京したA子さんと、仲良 [全文を読む]

フォーカス