八名信夫のニュース

初監督作品撮った・八名信夫 収益で被災地支援に励む理由

NEWSポストセブン / 2017年06月25日07時00分

ここで、6月10日、悪役で知られる俳優の八名信夫(81)が初めて監督した映画『おやじの釜めしと編みかけのセーター』の上映会が行なわれた。 八名が続々と訪れる観客を入口で迎え、一緒に写真に収まり、サインをし、握手をすると、これから上映される映画のDVDが飛ぶように売れてゆく。収容人員250人の館内はあっという間に満席となり、生の舞台を待つような熱気に溢れた。 [全文を読む]

80代からが人生の黄金期だ「八名信夫」(4)忘れられない「恩師」の言葉

アサ芸プラス / 2017年06月02日12時57分

八名信夫:1935年、岡山市生まれ。明治大野球部から東映フライヤーズに入団。現役を引退後、東映に入社。悪役中心の役者として脚光を浴びる。83年に俳優仲間と「悪役商会」を結成。現在に至る。 [全文を読む]

80代からが人生の黄金期だ「八名信夫」(1)80代にして初めての監督に

アサ芸プラス / 2017年05月30日12時57分

「悪役商会」の八名信夫は御年81歳。昨年には、初監督した映画が公開されるなど意気軒昂。全国の上映会にも足を運ぶというバイタリティはどこから湧き出るのか。本人を直撃すると、思わぬ答えが返ってきた。── 昨秋完成した映画「おやじの釜めしと編みかけのセーター」で、生まれて初めてメガホンを取りました。劇場公開ではなく、申し込みをいただいたホールや公民館などでの無料 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(4)映画で被災地支援。八名さんは偉いな

アサ芸プラス / 2016年09月02日05時57分

絶対成功するように応援しますよ! [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(3)悪役俳優の応募にその筋の人も来て‥‥

アサ芸プラス / 2016年09月01日05時57分

テリー 八名さん自身、これまでの俳優人生を振り返ってみて、どう思われていますか。八名 そうだな、「悪役専門になってよかった」とは思ってるよ。何せ、悪役には定年がないからね。テリー なぜ「悪役」だったんですか?八名 普通のサラリーマン役で1日300円もらっても、食っていけないからね。でも悪役は、早く出てボーンと撃たれて、ひっくり返れば次の仕事に行ける。テリー [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(2)大スターばかりの現場は大変ですね

アサ芸プラス / 2016年08月31日05時57分

テリー 健さんと八名さんは、大学が同じだったんですよね。八名 うん、2人とも明治大学の商学部で、かわいがってもらいました。ある時、「八名、お前にこれやるわ」って、着てるジャンパーを脱いでくれてね、「こんな高価なジャンパー、自分では買えないな」と思って、大切にしまってたんだけど、あるドラマのロケで、上野駅を逃げる犯人役をやった時に、役作りでそのジャンパーを着 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(1)健さんが気配りで見せてくれたこと

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時57分

●ゲスト:八名信夫(やな・のぶお) 1935年、岡山県生まれ。明治大学へ進学後、父親の知人だった東映フライヤーズのエース・米川泰夫の口利きで、56年、東映フライヤーズに入団。58年、3年目のシーズンに腰を骨折して入院、現役を引退。引退後、東映本社社長に誘われ、東映専属の映画俳優に。59年、梅宮辰夫主演の映画「遊星王子」で俳優デビュー。以降、「大江戸捜査網」 [全文を読む]

「故人」にされた八名信夫は映画撮影の真っ最中だった

NEWSポストセブン / 2016年06月09日16時00分

6月6日、日本テレビ系で放送されたバラエティ番組『超頭脳トレード』にて、誤って「故人」と紹介されてしまった俳優の八名信夫(80)。 八名が所属する悪役商会は、慌ててホームページで〈八名は健在で、現在も俳優として活動しております。この明らかな事実誤認につきまして、日本テレビに確認中です〉とのコメントを掲載する事態となった。 一番困惑しているのは八名本人に違い [全文を読む]

【覚醒剤】野村貴仁の姿に衝撃!プロ野球選手の引退後って?

しらべぇ / 2016年02月17日16時00分

(2)八名信夫(東映フライヤーズ) 俳優悪役商会の親分としてドラマで数限りない「ワル」ぶりを見せていた八名信夫は、元々東映フライヤーズの投手だった。投球中に腰を骨折し、親会社である東映の映画俳優に転身。(3)松谷竜二郎(読売ジャイアンツ) 会社社長現役時代は二軍の帝王として活躍するも、右肩の故障で引退。会社員に転身し、2003年から社長に就任。年商は約40 [全文を読む]

悪役には悪役の華がある!八名信夫の悪役美学

Smartザテレビジョン / 2015年03月27日11時10分

個性的な悪役俳優として活躍してきた八名信夫。CS放送の東映チャンネルでは、オリジナル番組「シネマ☆チョップ!」や「ピンスポ!」で八名のインタビューを放送する。 プロ野球「東映フライヤーズ」の投手として入団したものの、けがで選手生命を断たれて俳優に転身した八名。演技経験が無く、岡山弁のなまりもあり最初は苦労の連続だったという。 「ある時、先輩の悪役俳優の撮影 [全文を読む]

フォーカス