福岡伸一のニュース

福岡伸一 監修『フェルメール 光の王国展』~フェルメール全37点のリ・クリエイト作品を一堂に展示

PR TIMES / 2012年01月13日18時21分

主催:フェルメール・センター銀座 実行委員会(木楽舎、廣済堂、読売新聞社、電通)制作:トド・プレス後援:オランダ大使館特別協賛:味の素KK、ANA、HABA(ハーバー)協力:フェルメール・センター・デルフト、価格コム、J-WAVE監修:福岡伸一(生物学者)音楽:久石譲(音楽家)/美術監修:伊東順二(美術評論家)会場照明:岡安泉(照明デザイナー)音声ガイド・ [全文を読む]

“お散歩感覚”でアートを楽しむ! BS日テレの人気番組『ぶらぶら美術・博物館』の公式ムック最新版がKADOKAWAから好評発売中!!

PR TIMES / 2017年05月01日22時02分

[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/3269/resize/d7006-3269-205421-2.jpg ] [画像3: https://prtimes.jp/i/7006/3269/resize/d7006-3269-916886-1.jpg ] [画像4: https://prtimes.jp/i/7006/3269/r [全文を読む]

センスがよい女性になるために 美のモチベーションがあがる本3選

Woman.excite / 2016年08月13日22時00分

■芸術と科学『芸術と科学のあいだ』(木楽社)福岡伸一ベストセラー『生物と無生物のあいだ』で有名な、生物学者・福岡伸一ハカセが芸術と科学の間にメスを入れました。紹介されているのは、DNAの神秘、昆虫、フェルメール、邪馬台国ロマン、建築物など。これらは何の関係もなさそうに思えますが、終盤にさしかかるにつれて、本当は、理系・文系・芸術系とわけて考える必要がない [全文を読む]

【子育てクイズ】「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれたら?

しらべぇ / 2015年01月07日11時30分

(2)は生物学者の福岡伸一さんの回答の一部 いわゆるリベラル・アーツというやつですね。勉強することで人間は、「思い込み」「常識」「しきたり」みたいなものから解き放たれ、ありのままの自分でいられるようになる。つまり他者に自分を規定されるのではなく、自律することができるようになるという意味です。 (3)は絵本作家の五味太郎さんの答えの一部 「勉強」じゃなくて [全文を読む]

北川智子、小山薫堂、福岡伸一、養老孟司・・・ “知の先達”による特別授業が電子書籍で登場!『未来授業~明日の日本人たちへ~』

PR TIMES / 2013年08月23日14時40分

日本人はどのようにアイデンティティを確立していけばよいのか?歴史学者の北川智子、放送作家・脚本家の小山薫堂、分子生物学者の福岡伸一、解剖学者の養老孟司による特別授業を載録した電子書籍版新書全4巻を刊行致します。1.「歴史の答えはひとつじゃない~参加し、体感する歴史の授業」(北川智子)2.「くまモンから学ぶニッポンの立ち位置」(小山薫堂)3.「あなたはご本人 [全文を読む]

北川智子、小山薫堂、福岡伸一、養老孟司の各氏を講師に迎えた ラジオの授業、FM FESTIVAL「未来授業」が電子書籍版だけで新書化!『未来授業~明日の日本人たちへ~』配信開始

PR TIMES / 2013年08月23日14時40分

1.「歴史の答えはひとつじゃない~参加し、体感する歴史の授業」(北川智子)2.「くまモンから学ぶニッポンの立ち位置」(小山薫堂)3.「あなたはご本人様でいらっしゃいますか~動的平衡の中で考える」(福岡伸一)4.「未来を変える選択」(養老孟司)これからの日本、世界を生き抜くための羅針盤となるヒントや気づきが満載の電子書籍版新書シリーズ『未来授業~明日の日本人 [全文を読む]

FMフェスティバル2012 未来授業~明日の日本人たちへ 福岡伸一、小山薫堂、養老孟司、北川智子、ロバート・キャンベルが登壇 現役大学生の女優、南沢奈央と宮崎香蓮も参加

PR TIMES / 2012年11月08日13時38分

このプログラムでは、現代の『知の巨人』である、福岡伸一、小山薫堂、養老孟司、北川智子、ロバート・キャンベルを講師に迎えて、10月29日(月)・10月31日(水)・11月2日(金)の3日間、京都・熊本・東京の3会場で、大学生を対象としたインタラクティブ授業を公開収録した模様をお届けします。今回で3回目となる本授業のテーマは、『世界の中のニッポン~自らの立ち位 [全文を読む]

「楽しく過ごしているときでも不安」7割の学生が回答 悩める現代の学生達と討議する公開授業 FMフェスティバル2012 未来授業~明日の日本人たちへ 南沢奈央、宮崎香蓮も授業に参加決定!

PR TIMES / 2012年10月18日17時47分

3回目となる今回の授業は、グローバル化の中で日本の立ち位置をもう一度見つめ、確認しようという意図のもと、養老孟司、北川智子、ロバート・キャンベル、福岡伸一、小山薫堂、といった現代の知の巨人たちを迎え、10年後日本の主軸を担う大学生たちと、「世界の中のニッポン~自らの立ち位置」について討議します。特に、北川智子はハーバード大学で「ティーチング・アワード」を受 [全文を読む]

養老孟司、北川智子、ロバート・キャンベル、福岡伸一、小山薫堂、知の巨人達が集結する授業が、今年も開講決定!! 未来授業~明日の日本人たちへ

PR TIMES / 2012年09月21日12時02分

講師として、養老孟司、北川智子、ロバート・キャンベル、福岡伸一、小山薫堂、といった現代の知の巨人達が集結。このプログラムは、東京、京都、熊本で、大学生を対象とした講義の形で公開収録されます。尚、ハーバード大学で人気を博し、「ティーチング・アワードも受賞した北川智子の授業は、日本人の学生を対象としたものでは、今回が初の凱旋授業となります。《今年の未来授業のテ [全文を読む]

坂本龍一がニューヨークで音楽と生命の共通点を語り合う「SWITCHインタビュー」

CinemaCafe.net / 2017年06月03日17時30分

今年8年ぶりにソロアルバム「async」を発表した音楽家の坂本龍一が、6月3日(土)今夜放送の「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」に出演、「動的平衡」の概念を提示、生命の謎を探求する生物学者の福岡伸一と活動拠点のニューヨークで語り合う。 東京藝術大学に在学していた頃からスタジオ・ミュージシャンとして活動、細野晴臣、高橋幸宏らと結成したテクノポップユ [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第28号 6月6日(火)発売!

DreamNews / 2017年05月23日14時00分

【特集構成】Part1 ファーブルと進化論 奥本大三郎 『昆虫記』の誕生 福岡伸一 ファーブルより受け継がれるナチュラリストの矜持 荒俣 宏 大人になってわかった『昆虫記』の魅力 池田清彦 本能行動の獲得は自然選択では説明できない 倉谷 滋 学者ファーブルの言葉から浮かび上がる逆説的イメージ 吉川浩満 進化論ぎらい Column1 ダーウィンとファーブルの [全文を読む]

大注目の画家、池田学を特集! 極細の線で描く壮大な絵画世界に迫る

PR TIMES / 2017年03月16日10時51分

東京藝術大学時代の後輩であった、俳優・映画監督の伊勢谷友介や、美術史家の山下裕二、生物学者の福岡伸一ら、親交が深い著名人も、池田の作品や人となりについてインタビューにこたえている。[画像3: https://prtimes.jp/i/10983/46/resize/d10983-46-536856-2.jpg ]さらに、宇宙飛行士・毛利衛との対談では、科学 [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第27号 3月6日発売!

DreamNews / 2017年02月24日15時00分

【特集構成】Part1 聞く 沢木耕太郎×梯 久美子 「作家の妻」をめぐる二つの物語 ジョン・クラカワー 「少なくとも一〇〇回は書き直している」 国分 拓 「ノンフィクションのようなドキュメンタリーを作りたい」Part2 読む 池澤夏樹 ノンフィクションと文学のあいだ 福岡伸一 文化の狭間を生きた建築家ミノル・ヤマサキの人生を読む 中島岳志 見えないタブー [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第26号 12月6日発売! 本当に伝えるべき価値あるコトバを、きちんと伝えていく。今、最も考えたいテーマを、最も読みたい書き手のコトバで発信します。

DreamNews / 2016年12月06日16時30分

伊藤晴雨の幽霊画に“あの世”を見る 田中 栞 武井武雄刊本作品を買う 烏兎沼佳代 蒐集家・野村胡堂とあらえびす小特集 福岡伸一 ロックフェラー大学で出会った研究者たちの矜持 トゥー・チェロズ チェロで奏でる超絶技巧 魔夜峰央 大人バレエのすすめ 香取秀俊 光格子時計とは何か対談 ドナルド・キーン×久邇邦昭 日本人の戦争と平和 高野秀行×清水克行 世界の名著 [全文を読む]

中居正広に蒼井優、読書量がハンパなかった!?

日刊大衆 / 2016年10月31日22時00分

また、そんな蒼井は2014年放送の『王様のブランチ』(TBS系)に出演した際に愛読書について語っているが、そこで取り上げたのは水村美苗の『本格小説』(新潮文庫)や福岡伸一の『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)だった。 そして、かつて雑誌のインタビューで「幸せな時間は本棚を整理しているときや、昼間から本を読んでいるとき」と答えたことがあるほど本好きなの [全文を読む]

作家や識者らも驚愕!「SFとエンタメの新たな扉を開いたエポックとなる一作」とは?山田宗樹著『代体』5月28日発売!試し読み&ラジオドラマも公開!

PR TIMES / 2016年05月27日12時29分

科学が到達しつつある禁断の領域に、小説的創造力が疾走する空前絶後の問題作!——福岡伸一(『生物と無生物のあいだ』著者)イッキ読みでした。『代体』ということで「カラダ」(=物質)にまつわる話かと思っていたら、いつの間にか「ココロ」の話へと展開し、驚きの連続の中で読み通しました。「そこにいる相手が、実はその人物ではないかも知れない」「ひょっとすると、自分が自分 [全文を読む]

『commmons10健康音楽』最終日はあふりらんぽ、空間現代、高橋幸宏らが熱演

okmusic UP's / 2016年04月12日13時30分

この日は、センター広場で「運動」カテゴリーのヨガや太極拳のワークショップが開かれ、「知」のカテゴリーでは坂本龍一と生物学者の福岡伸一のトークセッションがJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」の公開収録という形で行われた。 「食」のカテゴリーではシャトー広場/YEBISUマルシェで国内外の「カラダ」にいいフード&ドリンクを販売。センター広場では漢方茶 [全文を読む]

男性ももっと上手に愚痴を言おう!

しらべぇ / 2016年02月04日10時30分

■男はみんな「できそこない」ところで、私は生物学者・福岡伸一博士の『できそこないの男たち』という本が大好きです。その本によると、「生物の基本仕様としての女性を無理矢理作りかえたものが男であり、そこにはカスタマイズにつきものの不整合や不具合がある。つまり生物学的には、男は女のできそこないだといってよい」ということです。何のためか?「ママの遺伝子を別の娘に届け [全文を読む]

日立グループ世界最大規模のイベント「Hitachi SOCIAL INNOVATION FORUM 2015 -TOKYO-」を開催

JCN Newswire / 2015年09月15日15時57分

また、生物学者で青山学院大学教授の福岡伸一氏と建築家の妹島和世氏が生命と建築の両面から都市の未来像を語る対談、デザインコンサルティング会社IDEOの共同経営者のトム・ケリー氏がデザイン・シンキングなどのイノベーションの秘訣を紹介する講演、株式会社ディー・エヌ・エー取締役会長の南場智子氏から新しい価値を生み出すためのチームワークについて学ぶ講演を開催し、各分 [全文を読む]

「親子時間」をもっと楽しみたいママへ。「kodomoe(コドモエ)」10月号 、9月7日発売!からすのパンやさんポータブルショッピングBAG、絵本「レッツゴーおべんとう! 」ほか豪華3大付録付き!

DreamNews / 2015年09月07日10時00分

「kodomoe(コドモエ)」10月号は 、9月7日発売! ●豪華3大付録● 1、からすのパンやさん ポータブルショッピングBAG(タテ約38cm×ヨコ約43cm) (C)1973 Satoshi Kako 偕成社 2、24P絵本「レッツゴーおべんとう! 」わたなべあや 3、とじこみ付録 ノラネコぐんだん おみせやさんごっこシール&ポスター ●巻頭大特集● [全文を読む]

フォーカス