上村一夫のニュース

コアチョコ×漫画家・上村一夫がコラボレーション!代表作「同棲時代 -愛の行方-」がTシャツで登場

@Press / 2017年03月15日10時00分

有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、取締役:宗方雅也、以下 ハードコアチョコレート)は、上村一夫オフィス(所在地:東京都世田谷区、代表:上村汀)と共に、フランス、イタリアなど、人気は未だに衰えていない漫画家・上村一夫のコラボレーションTシャツを2種発売しました。▼同棲時代 -愛の行方-http://core-choco.shop-pro.j [全文を読む]

“流浪の俳人”種田山頭火を題材にした上村一夫先生の名作漫画『うしろの山頭火』が、Kindleストアなど4電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2017年04月24日15時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2017年4月24日(月)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、ならびにYahoo!ブックストアにて、電子コミック『うしろの山頭火』(上村一夫=作)の配信を開始いたしました。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、20 [全文を読む]

幻のドラマ「同棲時代」(沢田研二・梶芽衣子主演) 40年ぶりにCS放送・TBSチャンネル2で5月に放送!

PR TIMES / 2013年04月25日14時16分

本作品は若い世代から絶大な支持を受けていた上村一夫の劇画を、当時新進気鋭の山田太一脚本でドラマ化したもの。沢田研二にとっては初のテレビドラマ主演で、ザ・タイガースでの活動を終え、ソロシンガーとして「危険なふたり」が大ヒットする直前の時期。そして、梶芽衣子にとっては映画「女囚さそり」シリーズなどでのイメージとは180度異なるOL役を演じることが注目された作 [全文を読む]

“怪物”と呼ばれた漫画家の軌跡……谷口ジロー版まんが道『冬の動物園』

日刊サイゾー / 2017年02月22日15時00分

谷口先生は実際に京都の繊維会社で働いており、その後に石川球太先生や上村一夫先生のアシスタントとなっています。本作品に出てくる漫画家・近藤史郎は、おそらく石川先生がモデルなのでしょう。 なにしろ、あの谷口先生の「まんが道」ですから、さぞかし漫画家になりたくてメラメラ燃えているのかと思いきや、そうでもありません。 軽い気持ちで漫画アシスタントの見学に行ったら [全文を読む]

後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(2)「由美かおる・同棲時代-今日子と次郎-」

アサ芸プラス / 2016年12月12日12時57分

上村一夫原作の劇画はベストセラーとなり、大信田礼子が歌った主題歌も大ヒットし、新語である「同棲」は社会現象になった。由美は広告代理店に勤めるOL・今日子に扮し、売れないイラストレーターの次郎(仲雅美)と同棲を始める。やがて2人は、今日子の妊娠・中絶など、若さゆえの不安定な日々を送るようになる。「私は23歳でしたから『同棲』という経験もありませんし、初めて [全文を読む]

週プレ創刊50周年!で、レアなバックナンバーの高額ランキングは?

週プレNEWS / 2016年10月20日06時00分

「矢沢永吉さんなど当時の人気アーティストのインタビューや、上村一夫さんの漫画など、その後に単行本化されていない記事をお求めの方もいらっしゃいますね。特に漫画は単行本化の際に内容を変えてしまうこともあるので、オリジナルを読みたいというファンにとって、バックナンバーは価値が高いんです」 また、中には「調べ物をしていて昔の事件の記事を探している」という問い合わ [全文を読む]

エロチックな色白美人は元過激派だった! 定番ジャンルの異質マンガ『おんな教師』

日刊サイゾー / 2016年10月12日19時00分

その名も『おんな教師』(原作:真樹日佐夫、作画:上村一夫)という作品です。 表紙カバーイラストを見れば一目瞭然ですが、上村先生の描く線の細い美人画が、めちゃくちゃ艶っぽいです。加えて、タイトルも女教師と書かず、あえて『おんな教師』としているところに異様ななまめかしさがあります。女教師マンガをこよなく愛す僕としては、いやが上にもボルテージが上がってしまいます [全文を読む]

永遠の70年代アイドルに会いたい!「大信田礼子(同棲時代)」代表作の歌詞に激しく抵抗していた

アサ芸プラス / 2015年09月22日17時57分

ですが、原作者の上村一夫先生にお会いしてお考えを聞き、反対すると思っていた母も承諾したものだから、歌うことに。 のちに同作の作曲家・都倉俊一さんと結婚しましたが、決め手は、母へのアプローチがいちばん強かったから(笑)。私がいない時でも母に「仕事終わりに迎えに行っていいか」などの了承を取りに行っていたそう。 ちなみに母は同時期にアプローチしてきた方たちには「 [全文を読む]

SPコミックス『柳生秘帖 〜柳生十兵衛 風の抄〜』(画:谷口ジロー原作:古山寛)刊行のお知らせ

@Press / 2015年01月27日10時30分

1971年に『嗄れた部屋』でデビュー後、上村一夫のアシスタントを経て独立。ハードボイルド、動物、格闘、文芸、SFなど様々な青年漫画を手がける。ジャン・ジロー(メビウス)やフランソワ・スクイテンなどのバンド・デシネ作家に大きな影響を受けており、その繊細かつ圧倒的な画力で海外での評価も極めて高い。2011年にフランス芸術文化勲章を受章。著書に『「坊っちゃん」の [全文を読む]

CS放送「TBSチャンネル1」で、沢田研二主演『悪魔のようなあいつ』12/3(火)放送開始!38年間一度も再放送されなかった衝撃の問題作がいま甦る!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

衝撃の問題作が38年の沈黙を破り、ついにTBSチャンネルでよみがえる!『悪魔のようなあいつ』(1975年6月~9月・全17話)放送:CS放送「TBSチャンネル1」 12/3(火)スタート (月)~(金)午後11:00~深夜0:40[2話ずつ放送]原作:阿久悠、上村一夫脚本:長谷川和彦プロデューサー:久世光彦演出:久世光彦、和田旭、前川英樹、浅生憲章 ほか出 [全文を読む]

夭逝の多さが異常!? マンガ家残酷物語

メンズサイゾー / 2012年04月30日15時00分

伝説的な少女マンガ家・花郁悠紀子(1980年没・享年26)、80年代の美少女ブームの中で異彩を放ったマンガ家でイラストレーター・かがみあきら(1984年没・享年26)、ちばてつやの弟・ちばあきお(1984年没・享年41)、『同棲時代』のヒットで知られる絵師・上村一夫(1986年没・享年45)、「ガロ」で人気を博した山田花子(1992年没・享年24)、『は [全文を読む]

フォーカス