島田佳奈のニュース

日本のセックスレス解消を目指す 『カップル茶』開発に向け クラウドファンディング開始

PR TIMES / 2014年11月19日12時45分

プロデュースは恋愛のプロフェッショナル、”女豹ライター”の作家 島田佳奈さん漢方茶をおしゃれに本格的に楽しめる恵比寿のカフェ【メデテ】を運営する株式会社メデテ(東京都港区・代表取締役 佐々木美紗)とプロモーションプランニング会社 株式会社BEEMERRY(ビーメリー/東京都杉並区/代表取締役 笹山真琴・渡邉学)は2014年11月19日より、株式会社サイバ [全文を読む]

婚活しないなら“人生のお手本女”と出会え! アラフォー独女作家に聞く、一生独身でも輝ける方法

ウートピ / 2014年10月30日18時00分

そこで、今回は9月25日に著書『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』を出版した作家の島田佳奈さんに、素敵なアラフォー独女(独身女性)になるため、アラサーのうちにやっておくべき秘訣をうかがいました。結婚するつもりがなかったアラサー時代、しっかり仕事をした――島田さんは、素敵なアラフォー独女ですが、どんなアラサー時代を過ごしたのでしょうか?島 [全文を読む]

アラフォー独女はなぜ「痛い」のか? 女豹ライターが斬る3つの原因とは

しらべぇ / 2014年10月12日12時00分

自身の奔放な恋愛経験を元に数多くのコラムを執筆し、先日、7冊目となる新著『アラフォー独女の生きる道』を書き下ろした“女豹ライター”の島田佳奈さんは、ちょうど“アラフォー”を卒業したばかり(45歳)。彼女のまわりで実際にあった3つのケースから、「痛い!」と言われてしまう理由について探ってみた。 1.「街コン」にハマる39歳がけっぷち女子 女豹:ブームが続い [全文を読む]

女豹ライターが選ぶクリスマスにプレゼントすると両思いになれる本ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月20日20時10分

もうすぐクリスマス! 気になるあの子に何があげたらいいか迷ってるあなた、本のプレゼントなんていかがでしょうか? 相手の性格や趣味に合わせて選んであげれば、「この子、僕の事を分かってくれてる!」といい感じになれる事間違いなし! というワケで今回は『人のオトコを奪る方法』(大和書房)、『女豹本!』(ベストセラーズ)などの著作を持つ女豹ライター、島田佳奈さんにプ [全文を読む]

真面目で「いい人」だからって、相性が合うとは限らない

cafeglobe / 2017年06月03日20時45分

島田佳奈さんの連載をもっと見る >>大人の恋愛リハビリ講座 image via Shutterstock [全文を読む]

ねえ、結局だれでもいいの? バツあり婚活初デート

cafeglobe / 2017年05月25日20時45分

島田佳奈さんの連載をもっと見る >>大人の恋愛リハビリ講座 image via Shutterstock [全文を読む]

不倫を終わらせる時、既婚者側が気を付けるべきこと3つ

WooRis / 2016年05月27日23時00分

女豹ライターとして数々の著書や連載を行っている島田佳奈さんに、不倫を終わらせようとするときの注意点について聞いてきました。■考える必要があるのは既婚者側のみ島田さんによれば、「気をつけるべきは既婚者側のみ。独身にとっては他の恋愛と変わりません」とのことです。実際に不倫をしていても、別れるときに色々と考えなければいけないのは、既婚者側で独身側の場合は普通の恋 [全文を読む]

『いつ恋』 月9現象起こした脚本家のセリフ書き分けが秀逸

NEWSポストセブン / 2016年02月22日07時00分

泣けてきました」(28才・派遣) ドラマウオッチャーで恋愛作家の島田佳奈さんは坂元さんが描いてきた「リアル」に注目している。 「昔のラブストーリーは、必要以上にキラキラしていたじゃないですか? みんな華やかでしたよね。やたらバーで飲んでいたけれど、それが憧れであり、リアルでもあった。 そういった意味で、『いつ恋』にもリアルがある。ただそれは、苦しいリアル。 [全文を読む]

ベッキー騒動が実証 「30代女の不倫デビュー」はリスク大

NEWSポストセブン / 2016年01月12日16時00分

そんな30代以降の独身女子に対して、今回のベッキー騒動を「反面教師にすべし」と忠告するのは、不倫に関する著書も多い作家で、女豹ライターとしても活躍する島田佳奈さんだ。「恋愛経験の少ないピュアな女子ほど、年齢を重ねてから不倫にはまりがちです。ベッキーも、実年齢は31歳ですけど、恋愛年齢はまだ20代だったのかなと、報道を見た限りは感じますね。お相手の川谷さん [全文を読む]

夫に浮気された妻が怒りをスッキリさせるための方法を紹介

NEWSポストセブン / 2015年08月05日16時00分

「それまで、耐えて待てるか、ですね」(作家/女豹ライターの島田佳奈さん) 「冗談じゃない!」と怒りを隠さないのは、4年前、夫の浮気で離婚寸前まで追い詰められたK香さん(53才)だ。 「私は夫が他の女を好きになったことより、その間、私にウソをつきまくって相手の女と会っていた事実が、人として許せないんです」と唇を噛む。 「その気持ち、よくわかる」としたうえで、 [全文を読む]

携帯電話をトイレ・風呂に持ち込み始めたら夫の浮気疑惑濃厚

NEWSポストセブン / 2015年08月01日07時00分

それを恐れています」 作家/女豹ライターの島田佳奈さんはこう語る。 公務員のE美さん(36才)は浮気を疑って夫を問い詰めている最中、彼の携帯が鳴った。しかし、かたくなに電話をとらないのでE美さんが出たところ「もしもし」と女の声。修羅場となった。 調査会社を経営している須藤明さんによれば、ほかにも就寝時、携帯を枕の下に忍ばせたり、風呂場にまでは持ち込まないけ [全文を読む]

「歓送迎会や接待なのに酔っていない」は夫の浮気の重要サイン

NEWSポストセブン / 2015年07月31日16時00分

作家で女豹ライターの島田佳奈さんはこう話す。 「入浴後に帰宅してもバレないように、スポーツクラブに入会する人もいます」 ※女性セブン2015年8月13日号 [全文を読む]

60歳から始めた恋活♡リアルドキュメント映画『私の恋活ダイアリー』明日(12/20)公開!

恋学 / 2014年12月19日14時47分

日時:2014年12月23日(火・祝)~25日(木) ※各日先着限定 会場:ヒューマントラストシネマ有楽町 その3:【最強に“モテるわたし”になる手帳プレゼント】神崎恵さん(ビューティーブラッシュアップコンサルタント)による手帳(株式会社永岡書店)プレゼント日時:2014年12月31日(水)会場:ヒューマントラストシネマ有楽町※劇場窓口にて「カップルです」 [全文を読む]

働き女子だからこそ!ここぞというときに「着物」を着るべき理由3つ

BizLady / 2014年11月28日21時00分

そこで今回は、女豹ライターである島田佳奈さんの著書、『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』を参考にしながら“働き女子なら知っておきたい着物に関するいろは”について紹介したい。 ■1:動作をおしとやかにする 着物に、袖をまくったり裾がはだけたりする動作は不釣合い。 着物を着れば、時代劇とまではいかずとも“昔ながらの女性”らしい動作が求めら [全文を読む]

西島秀俊 同世代一般女性との結婚だったら祝福されていた説

NEWSポストセブン / 2014年11月28日11時00分

作家でライターの島田佳奈さんは、西島の結婚を「まさかの裏切り」と喝破する。そして向井と違って、選んだ相手が一般人だったことに注目する。 「彼女たちはいわゆる『プロ彼女』と呼ばれる人たち。あくまで一般人の領域を超えず、それでも芸能人と出会える場所にいたり、芸能人の気持ちをわかって支えてあげられたりするポジションにいる。西島さんは芸能人同士の結婚だとスケジュ [全文を読む]

セックスレス解消?!「カップル茶」で身体の内側からラブ度をアップ!

美容最新ニュース / 2014年11月21日17時00分

今回企画された「カップル茶」プロジェクトは、”女豹ライター”島田佳奈をプロデューサーにむかえ、メデテの漢方知識を活かして「愛を温め深める」お茶をテーマに、安全で生殖機能がアップするお茶の提供を目指す。男性向けには、ストレスに負けない「エゾウコギ」や若返り草として有名な「ナルコユリ」を、女性向けには婦人病に効くとされる「当帰の葉」や身体を温めてくれる「シナモ [全文を読む]

年下男子をドキッとさせるメール術 絵文字多用や即レスはNG

NEWSポストセブン / 2014年10月19日16時00分

20代、30代の男性は40代、50代の年上女性のどんな仕草にドキッとするのか?『腐らず、枯れず、咲き誇れ!アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)の著者で「女豹ライター」の島田佳奈さん(45才)は、年下男子をドキッとさせるメール術を教えてくれた。 まず注意すべきが、絵文字の多用。あまり深く考えずについ多用してしまうかもしれないが、それが逆効果になってしまうと [全文を読む]

年下男性が熟女にドキッとする仕草 ロングヘアをかき上げる

NEWSポストセブン / 2014年10月17日16時00分

『腐らず、枯れず、咲き誇れ!アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)の著者で「女豹ライター」の島田佳奈さん(45才)はこう語る。 「ロングヘアをかき上げる姿に、ドキッとする男性は多いです。そこに大人の色気が加わると余計に男性からの支持率は高いです。 ただ、注意が必要です。年齢とともに髪はコシがなくなります。パサパサの髪をかきあげても、あまり魅力的には見えませ [全文を読む]

【コラム】メイクより朝食! 「温朝食」で体とハートを温めればハッピーに!

しらべぇ / 2014年10月17日07時00分

(文/作家・女豹ライター 島田佳奈 提供/温朝食ラボ) [全文を読む]

ライバルの女を利用せよ? インモラルな恋を楽しむテクニック!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月02日11時40分

『人のオトコを奪る方法 自己責任恋愛論』(大和書房)では「婚外恋愛」「複数恋愛」「愛人」と言った世間からは後ろ指をさされるような豊富な恋愛経験を持つ島田佳奈がインモラルな恋を楽しむテクニックを披露している。人には言いにくいワケありの恋愛にハマってしまった人や好きな人ができても上手く行かない人のために向けた島田のアドバイスには圧巻。フツーの恋しかしたことがな [全文を読む]

フォーカス