永井一史のニュース

日本を代表する6人のグラフィックデザイナによるラッピングペーパー展

TABROOM NEWS / 2015年09月14日23時10分

参加したのは原研哉、松永真、永井一史、永井一正、佐藤晃一、佐藤卓の6名。会場ではラッピングペーパーが展示紹介されるほか、ラッピングペーパーのパターンで楽しく構成された空間を楽しむことができるそうです。 永く愛され続けるグッドデザインなアイテムを包むべく誕生したグッドデザインなラッピングペーパー。六人六様のデザインに注目です。 松永真デザイン 永井一正デザ [全文を読む]

ハウステンボスの新ショッピング袋のデザイン決定

Walkerplus / 2016年12月12日17時30分

2016年8月17日から10月31日までの期間で応募総数314点の中から、ハウステンボスによる1次選考、クリエイティブディレクターの永井一史、ハウステンボス代表取締役社長の澤田秀雄による2次選考を経て、最優秀賞を決定した。 選ばれたデザインは、印象的な王国アイテムをハウステンボスの英文字に詰め込んでいるのが特徴。2017年春の開園25周年を機に新デザインシ [全文を読む]

暮らしを彩る「セレクトショップ」を贈るカタログギフト

PR TIMES / 2016年08月18日14時33分

ブランドコンセプト開発、カタログアートディレクションを株式会社HAKUHODO DESIGNの永井一史氏に依頼。6,000円から10万1,000円(サービス料込・税別)までの7コースの展開です。 [画像1: http://prtimes.jp/i/12798/25/resize/d12798-25-135445-1.jpg ] ネット社会が急速に加速する現 [全文を読む]

「思い」を「カタチ」にするブランディングデザインとは? 博報堂デザインのブランディング・メソッド。

PR TIMES / 2015年10月20日11時49分

ブランディングデザインの手法で数多のクライアントの仕事を成功させるHAKUHODO DESIGN、永井一史の仕事術を公開します。Amazon:http://amzn.to/1hMo7yG[画像1: http://prtimes.jp/i/12109/15/resize/d12109-15-859473-0.jpg ]大手広告代理店が手がけるデザインワークの [全文を読む]

またパクリ?1億3000万の東京ブランドロゴがフランスメガネ店ロゴに酷似

秒刊SUNDAY / 2015年10月11日08時05分

デザインは博報堂の永井一史氏の監修で、輪エンブレムの盗用疑惑が浮上したことをうけ酷似デザインがないか確認するのに2ヶ月かかったという。がしかし、このデザインに残念ながら酷似するデザインが発見されてしまったのだ。それはフランス・パリのメガネ店のロゴだ。発表後数日で発見されてしまった。それがこちら似ている似ていないはともかく、発表に2ヶ月かけてチェックしたにも [全文を読む]

「25名のクリエイターズラーメンどんぶり」いよいよ販売開始

TABROOM NEWS / 2015年06月10日10時03分

皆川明 服部一成 石上純也 土井善晴 佐藤卓 横尾忠則 片桐仁 永井一史 天明屋尚 秋山具義 松永真 菊地敦己 祖父江慎 束芋 田名網敬一 アラン・チャン 森田恭通 撮影:Nacasa & Partners Inc. 美濃のラーメンどんぶり 価格:どんぶり・レンゲ1セット 5000円(税別・送料別) 販売:日本デザインコミッティー http://desi [全文を読む]

約170人の作家が有田・波佐見とコラボ! 磁器カップ販売で熊本を支援

TABROOM NEWS / 2016年11月14日12時59分

出品予定作家一覧: ▽クリエイションギャラリーG8 青木克憲 / 秋山孝 / 浅葉克己 / 池澤樹 / 居山浩二 / 色部義昭 / 上田三根子 / 上西祐理 / 宇野亞喜良 / えぐちりか / 遠藤享 / 太田徹也 / 大原大次郎 / 岡田善敬 / 岡室健 / 小田桐昭 / 小野勇介 / 柿木原政広 / 葛西薫 / 勝井三雄 / 鎌田順也 / 上條喬久 [全文を読む]

平成28年熊本地震復興支援チャリティーイベントクリエイターズ・チャリティー「きずな展」開催

@Press / 2016年06月03日16時00分

・特設WebサイトURL http://www.toppan-f.co.jp/kizuna/ 【出展作家(2016年5月31日現在/五十音順/敬称略)】 会田佐知子、赤間しのぶ、秋山美歩、浅賀行雄、浅妻健司、浅野彩紅、浅見ハナ、安部繭子、アベミキ、天野恭子、新井苑子、新目 惠、飯田 淳、飯野和好、伊倉孝広、石川えりこ、石川日向、板垣しゅん、井筒啓之、井筒 [全文を読む]

クリエイターによる買えるニット作品170点超が集合「伊達ニッティング」展、スタート

TABROOM NEWS / 2015年11月26日22時42分

CREATION Project 2015 177人のクリエイターと福島伊達市のニットメーカーによるマフラー&ブランケット「伊達ニッティング」 会期:2015年11月25日(水)~12月22日(火) 11:00~19:00 ※日曜・祝日休館 会場:クリエイションギャラリーG8/東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F ガーディアン・ガ [全文を読む]

[西村健]【東京ブランドを問う、その1:炎上しなかったデザイン騒動】〜東京都長期ビジョンを読み解く! その33〜

Japan In-depth / 2015年11月08日07時00分

簡潔すぎること、クリエティブディレクターを例の五輪エンブレム騒動で佐野氏の同僚として名前があがった永井一史さんが務めたこと、さらに全体で1億3千万円(うちデザイン費が約7千万)という高額のコストがその理由だ。この「東京ブランド」推進キャンペーンとは何か。東京ブランドを推進する新たな取り組みで、10月9日にすでに開始している。ブランドコンセプトに基づく新たな [全文を読む]

ショップ&カフェも登場! 今年も「グッドデザインエキシビション」の季節です

TABROOM NEWS / 2015年10月24日00時17分

グッドデザインエキシビション 2015(G展) 会期:2015年10月30日(金)~11月4日(水) 11:00~20:00 ※10月30日(金)13:00~20:00 ※11月4日(水)11:00~17:30 会場:東京ミッドタウン/東京都港区赤坂9-7-1 入場料:1000円 ※一部入場料が不要なエリアあり スペシャルサイト:MEETING (www [全文を読む]

佐野研二郎だけの責任なのか? 東京五輪エンブレム問題で問われる永井一正審査委員長と電通CDの疑惑

リテラ / 2015年09月02日01時00分

審査委員長の永井氏は佐野氏が博報堂時代に師事し、今は同じ多摩美術大学教授である永井一史氏の父親。また、電通の高崎卓馬氏は佐野氏と「サントリーオールフリー」の広告を一緒に作っているビジネスパートナー。長嶋りかこ氏も博報堂時代の佐野氏の部下で、彼女が「毎日デザイン賞」を受賞したときは佐野氏が調査委員をつとめていた。「とくに、審査委員長の永井さんが佐野さんにやら [全文を読む]

著名人100人が選ぶこの夏おすすめの一冊 青山ブックセンター本店2011年以来のブックフェス復活!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月09日17時30分

■選者 (五十音順 順不同 ※現在確定している著名人) 秋山具義(アートディレクター)、石岡良治(批評家)、磯﨑憲一郎(小説家)、市橋織江(写真家)、井筒啓之(イラストレーター)、いとうせいこう(作家/クリエイター)、犬山紙子(イラストエッセイスト)、岩井紀久子(絵画保存修復家)、植本一子(写真家)、宇多丸(ラッパー/ ラジオ・パーソナリティ)、内澤旬子 [全文を読む]

青山ブックセンター本店2011年以来のブックフェス復活 いとうせいこうさん、片岡義男さんら各業界の著名人が選んだ「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊」開催中

@Press / 2015年08月07日13時30分

■選者(五十音順、順不同、敬称略) 秋山具義(アートディレクター)、石岡良治(批評家)、磯崎憲一郎(小説家)、市橋織江(写真家)、井筒啓之(イラストレーター)、いとうせいこう(作家/クリエイター)、犬山紙子(イラストエッセイスト)、岩井希久子(絵画保存修復家)、植本一子(写真家)、宇多丸(ラッパー/ラジオ・パーソナリティ)、内澤旬子(イラストルポライター [全文を読む]

東京都、より広範でのヘルプマークの普及推進へ 大きな枠組みでの認知度の向上を目指す

PR TIMES / 2015年03月31日17時07分

・デザイン:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)、永井一史氏及び柴田文江氏にご協力いただきました。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

就活スタート! 主体的に仕事をしてきた先輩に学ぶ

PR TIMES / 2015年03月19日11時36分

「広告会社からのイノベーションって何?」1.2.田村大×白土謙二アイデアとは作り方を作ること理解する、想像する、実現するリサーチは調査ではないスケールアップからスケールアウトへおばちゃんと小学5年生の子供と自分の3つの視点イノベーションを突き詰めると信念しかないビジネスじゃなく、エコシステムを考える「物語と格闘せよ!」大友啓史×高崎卓馬原作に忠実であること [全文を読む]

東京都の啓発活動をFC東京が支援 障害者週間にスタジアムの3万人がヘルプマークに触れる

PR TIMES / 2014年12月11日14時32分

・デザイン:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)、永井一史氏及び柴田文江氏に御協力いただきました。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

東京都、ヘルプマークの普及促進のためNECとの連携開始

PR TIMES / 2014年12月01日16時55分

・デザイン:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)、永井一史氏及び柴田文江氏に御協力いただきました。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

墨田発信ニットブランド・IKIJIのオンリーストアオープン

FASHION HEADLINE / 2014年08月05日17時00分

イキジは各社の独自の技術力や強みを活かしたブランドで、ブランディングには博報堂デザイン社長でクリエーティブディレクターの永井一史、デザインにはバースデーチーフデザイナーの外山聡が参画。山東京伝や北斎漫画に描かれた下町の粋・江戸の粋をコンセプトに、現代のライフスタイルに合わせたデザインを提案している。また、クールジャパンを代表するブランドとなることを目指し、 [全文を読む]

クリエイティブでどんなボランティアが可能なのか? 『ソーシャルデザインの広め方 DENTSU DESIGN TALK』第3弾!

PR TIMES / 2014年03月07日11時19分

広告業界の第一線で仕事をする永井一史(HAKUHODO DESGIN)、福島治(福島デザイン)、並河進(電通ソーシャル・デザイン・ラボ)の三人は、それぞれの立場と職能で、気仙沼の高校生と開発した「なまり節ラー油」、被災地の小学生とコラボした「やさしいハンカチ展」、東ティモールのトイレづくりを応援する「nepia 千のトイレプロジェクト」等、社会との関係を考 [全文を読む]

フォーカス