古瀬絵理のニュース

「スイカップ」アナ、古瀬絵理さんに聞く! 授乳期を経ても美バストを保つ秘訣

Woman.excite / 2017年07月23日20時00分

テレビやラジオなど、幅広い分野で活躍しているフリーアナウンサーの古瀬絵理さん。古瀬さんといえば、「スイカップ」と称されるグラマーで美しいバストの持ち主。一児の母となってなお、その美しさは増すばかりです。そんな古瀬さんに、子育て、お仕事、バストを保つ秘訣、さらには旦那さまのことまで、貴重なお話をたっぷりお聞きしました。(c) 古瀬絵理 『陽だまり』/講談社フ [全文を読む]

古瀬絵理「39歳ラスト写真集」熟れざかり告白(2)ギリギリまで果敢に攻めた

アサ芸プラス / 2017年06月14日12時57分

写真集では温泉でのシーンが多く登場するが、撮影現場ではのんびりとお湯につかっている状況ではなかったようだ。「雪の中で薄着で撮るのは、たとえ寒くても笑って耐えられるんですけど、入浴シーンは本当に大変でした。撮影が長引くほど意識がどんどん遠のいてしまって‥‥。外で温泉につかっているカットでは、気持ちよさそうに目をつぶっていますが、本当はのぼせる寸前で、つらくて [全文を読む]

NHK「契約アナ」の待遇・仕事事情をOG・古瀬絵理氏が解説

NEWSポストセブン / 2016年01月06日07時00分

共にNHKの地方局の契約アナウンサーから全国区のスターダムにのし上がった「スイカップ」こと古瀬絵理アナ(元山形放送局)と「パイナップル乳」こと竹中知華アナ(元沖縄放送局)が初対談。現在は共にフリーで活躍する2人だが、NHK時代はどんな契約内容だったのだろう? 竹中:古瀬さんはスタッフ契約? 出演者契約? 古瀬:私は出演者契約。年俸制でした。 竹中:私も同じ [全文を読む]

古瀬絵理、37歳。頼みのスイカップに手を当ててみる

Smartザテレビジョン / 2015年07月31日09時00分

MCの有吉弘行らを前に、大御所芸能人、一流スポーツ選手、文化人らが自身の過ちを告白・ざんげする「有吉反省会」(日本テレビ系)に、元雅山・二子山親方こと二子山雅高、フリーアナウンサーの古瀬絵理がやって来る。放送は8月1日(土)夜11時30分より。 ■いまだに裸…二子山親方 親方は力士を引退し親方となった今でもいつでも裸でいることを反省する。しかし、ブログでは [全文を読む]

スイカップ・古瀬絵理の巨乳がHカップからIカップに成長!男性ファンが再注目

AOLニュース / 2015年05月28日18時15分

近頃は、キー局のみならず地方局でも続々とアイドルアナウンサーが出現し、巷のアナドルファンからの熱視線を浴び続けているが、そうした中、かつてNHK山形放送局の契約キャスター時代に「スイカップ乳アナ」として注目を集めた古瀬絵理(37)が、人気バラエティ番組に出演。現在もなお、成長し続けている巨乳ぶりがスゴすぎると、男性ファンの間で注目を集めている。 これは5月 [全文を読む]

17歳女子の胸囲が全国一。山形県に巨乳が多い理由

週プレNEWS / 2012年04月25日15時00分

スイカップの古瀬絵理アナ、“バレー界のミス爆乳”こと高橋みゆき選手、元祖巨乳グラドルの青木裕子、Kカップを誇る青木りんなど、名だたる巨乳有名人が山形県出身なのだ」(ハマノ理事長) 前出の政府統計でも、1位は山形県の83.9cm(同率一位は宮城県)。ではなぜ、山形県は「ボイン王国」になったのか。 「山形県はほかの東北各県と違い、盆地が多いため夏場はフェーン現 [全文を読む]

古瀬絵理、スイカップあらわな入浴ショット! 深い谷間に「絶景すぎる」の声

メンズサイゾー / 2017年07月26日17時00分

NHK山形の元キャスターで、「スイカップ」と呼ばれる豊満な胸を持つフリーアナウンサーの古瀬絵理(39)。かつてグラビア界を賑わせた彼女も現在は一児の母で、雑誌などで素肌をあらわにすることが少なくなっている。しかし、そのグラマラスなボディは相変わらず男を虜にしてやまないようだ。 19日放送の『やまがた秘湯トレイル』(テレビユー山形)に出演した古瀬。この番組は [全文を読む]

つゆだく「2017年上半期“艶”大賞」発表!<写真集&グラビア篇>片山萌美が写真集で遂に!

アサ芸プラス / 2017年07月04日17時57分

さらに、ラスト写真集と銘打ったのが、スイカップこと古瀬絵理(39)の「陽だまり」(講談社)だ。「お話をいただいた時は『また出していいんですか?』って、謙遜する気持ちのほうが強かった。ただ、2冊目を出せることが奇跡ですから、守りには入らず、攻めました」 記者の直撃に、古瀬は偽らざる胸中を明かす。その「攻め」の姿勢は、Hカップを包んだ布が太陽に透けて、横チチ [全文を読む]

古瀬絵理「39歳ラスト写真集」熟れざかり告白(1)磨きがかかった妖艶ボディ

アサ芸プラス / 2017年06月14日05時57分

NHK山形放送局のキャスター時代に「スイカップ」の豊満バストが注目され、視聴者の目を釘付けにした古瀬絵理(39)。約6年ぶりに発売された「ラスト写真集」では、“熟れざかり”の極限姿に挑戦していたのだった! 窓の外から陽光が差し込む昼下がり。貸切温泉で浴衣を着たまま入浴した古瀬は、一緒に「混浴デート」に訪れた男を“挑発”するように、湯船の真ん中に立って後ろを [全文を読む]

古瀬絵理が写真集の売上で熊田曜子に勝利した“安売り戦略”とは?

アサ芸プラス / 2017年06月13日17時58分

スイカップの異名で知られるフリーアナウンサーの古瀬絵理が、ラスト写真集の「陽だまり」をリリース。これが6月12日付のオリコン書籍ランキングの写真集部門で5位にランクインし、推定1220部を売り上げた。 この数字は前週の同ランキングで7位にランクインした熊田曜子「The GREATEST!!」の957冊を上回るもの。なんとフリーアナの写真集が本職のグラドルに [全文を読む]

“見せたがり”美バストアナ10人の妖艶対決!(2)加藤綾子がフジの体制変更で…

アサ芸プラス / 2017年05月28日17時57分

続いて丸山氏が、「女子アナのセミヌード的な官能グラビアの元祖」 と評するのが、フリーアナの古瀬絵理(39)だ。「週刊現代」(2月11日号)に掲載されたグラビアでは、“不倫旅行”を思わせる和風エロスが堪能できる。 肌襦袢を着たまま入浴し、布地が濡れてピッタリと肌に張りついた“シースルー痴態”は生ツバもののイヤらしさだ。バックショットではうっすらとスケ尻をさ [全文を読む]

恨み骨髄? 地方アナがキー局女子アナの「ゴーマン行状」を大暴露!

アサジョ / 2017年05月06日10時15分

地方側が元NHK沖縄放送局の竹中知華、千葉テレビ出身の谷岡恵里子、大分朝日放送OGの中嶋美和子、元NHK山形の古瀬絵理ら。 まず、谷岡がフジの採用試験に落ちたことを明かし、「そのとき受かったのが、ここにいる本田アナ。『私を落としてこの子を採ったんだ』という目で見ている」と軽く挑発。 さらに、自作したフリップを出して、女子アナのヒエラルキー図を説明し始める。 [全文を読む]

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(3)爆裂バスト編16位~25位…カープ女子のメジャー級Hカップ

アサ芸プラス / 2017年05月05日17時58分

19位・塩地美澄(165センチ B89・W64・H88) 女子アナ出身者で、豊満なバストに愛称「しおちち」がつけられたのは「スイカップ」の古瀬絵理以来。最新写真集も大胆カット満載。20位・渡辺さとみ(152センチ B100・W63・H92) その素朴な雰囲気‥‥嫌いじゃないぜ。爆裂バストの中でも、さらに「ド爆」のトップ集団を形成する「顔よりデカいIカップ」 [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(4)00年代1位~10位 ほしのあきが魅せた“透けたセーラー服”

アサ芸プラス / 2017年05月02日05時58分

5位・古瀬絵理 NHK山形のキャスターが、あまりにも爆裂すぎるとネット上で話題になった。やがて「スイカップ」と呼ばれ中央進出を果たした。6位・真木よう子 主演作「ベロニカは死ぬことにした」は、近年の女優には珍しく、完脱ぎでバストを揺らし、一人で慰めるシーンで出世作となった。7位・小向美奈子 デビューした時のキャッチフレーズは「15歳でGカップ」だった。早熟 [全文を読む]

加藤綾子のEカップ告白に「写真集でも出すつもり?」と大ブーイング!

アサジョ / 2017年04月13日18時14分

もしや写真集を出すつもりなんじゃないかと疑ってしまいます」 バストサイズを公表した女子アナでは、スイカップの異名を取ったHカップの古瀬絵理や、一昨年にグラビアデビューを果たしたGカップの塩地美澄はいずれも写真集をリリースしている。そこまでのボリューム感はないにせよ、美貌と美バストの組み合わせは破壊力十分。加藤の決断を心待ちにする出版社も少なくなさそうだ。( [全文を読む]

塩地美澄、前代未聞の“谷間全開ニュース“! G乳あらわなスーツ姿に期待の声

メンズサイゾー / 2017年02月21日10時10分

月・火は"スイカップアナ"こと元NHKの古瀬絵理(39)で、推定95センチのバストを持つ彼女も刺激的な衣装で登場するとのことだ。 過激な姿の美女アナがニュースを読み上げるとあっては、その内容が耳に入らなくなりそうだが、制作サイドは「普段ニュースを見ない層に親しみやすさを持ってもらい、ネットならではの話題性を考えた」と演出の意図を説明。衣装はその日のニュース [全文を読む]

男性500人にアンケート!「オレが好きにしたい“美女アナ”」(2)TBS・宇垣美里アナのバストだけではない気になる部分

アサ芸プラス / 2016年12月18日09時57分

中でも、グラビア活動を行う「しおパイ」こと塩地美澄(34)、「スイカップ」の古瀬絵理(38)を抑え、テレビ東京・大橋未歩アナ(38)は5位に食い込んで貫禄を示した。「再婚後、バスト強調路線が復活したのが勝因でしょう。最近は朝の経済番組でタイトな衣装を着用して自慢のバストを余すところなく見せつけています。おまけに腰つきや曲線など下半身がとみにエロくなっている [全文を読む]

大久保佳代子、宮崎宣子アナの交友関係に失笑

日刊大衆 / 2016年12月11日23時00分

このテーマで出演したのは、元日本テレビの宮崎宣子アナウンサー(37)、元フジテレビの宮瀬茉祐子アナウンサー(34)、元NHK山形の古瀬絵理アナウンサー(38)の3人であった。 まずは、彼女らに“各局のマル秘ウラ事情”を質問。この問いに対し、宮瀬アナは「フジテレビは本当にみんな仲がいい。オフになってもみんなで飲みに行く」と返答していた。この主張には宮崎アナも [全文を読む]

ワケあり女子アナ、温泉トークでぶっちゃける! 元フジ・宮瀬茉祐子は推定Dカップ判定に不満!?

メンズサイゾー / 2016年12月05日15時00分

レギュラーキャストの大久保佳代子(45)と共に、元日本テレビの宮崎宣子(37)、NHK山形の契約キャスターだった古瀬絵理(38)、そしてフジテレビの元女子アナである宮瀬茉祐子(34)が箱根の温泉をめぐることになった。宮崎はバツイチで、古瀬は週刊誌で不倫疑惑が報じられ、宮瀬は合コン報道後に広報局への異動が発表されるなど、いずれも世間を騒がせた過去の持ち主だ。 [全文を読む]

フェロモンムンムン!2016上半期「美女アナ“ツヤツヤ”大賞」(2)スイカップアナ・古瀬絵理が明かす注目フリーアナ

アサ芸プラス / 2016年07月16日17時57分

カトパンや上田など近年は局所属アナのフリー転向が著しいが、“あの”古瀬絵理(38)もその一人である。今年4月に、約5年ぶりのヌーディなグラビアを発表して話題になったが、本人が明かす。「オファーをいただいた時は『まだ需要があるのか!』と驚きました。撮影は緊張しましたね。子供を産んで、以前のグラビアの時とは体形も違うので。自分ではわかるんですよ。『あ、ここにお [全文を読む]

フォーカス