串田和美のニュース

WOWOW:舞台「メトロポリス」放送直前! 演出家・串田和美のインタビュー公開中!

PR TIMES / 2017年04月20日17時42分

巨匠フリッツ・ラング監督による原点にして頂点とされるSF映画とその小説版を原作に、松たか子、森山未來ら実力派キャストと強力なスタッフが集結する串田和美の舞台。 [画像: https://prtimes.jp/i/1355/3679/resize/d1355-3679-318528-0.jpg ] WOWOWでは、松たか子、森山未來ら豪華キャスト出演の舞台「 [全文を読む]

SF 映画の金字塔が、舞台として上演決定!豪華キャスト・スタッフで贈る奇跡の舞台「メトロポリス」

NeoL / 2016年07月17日11時36分

製作されてから90 年後の現在、串田和美の手により、舞台として甦える。 誰も見たことがない景色に、聴いたことがない音が溢れる。 彩り豊かで多様な舞台を紡ぎ続ける挑戦者・串田和美が生み出す、奇跡の舞台! 演出は、2015-2016 年『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』、渋谷・コクーン歌舞伎『四谷怪談』と、今なお、演劇界の最前線 を走り続けている、シアターコク [全文を読む]

ヨーロッパ3大演劇祭の一つであるシビウ国際演劇祭で串田和美が『ウォーク・オブ・フェイム』を受賞

PR TIMES / 2015年06月23日15時33分

2015年6月20日、ルーマニア・シビウ市で開催された第22回シビウ国際演劇祭にて、まつもと市民芸術館芸術監督を務める串田和美が『ウォーク・オブ・フェイム』を受賞いたしました。同日、タリアホール(Sala Thalia)で行われたセレブリティ・ガラで同賞の受賞式が行われ、その様子はルーマニア国立放送で生中継されました。 シビウ国際演劇祭(6月12日~21日 [全文を読む]

バレエダンサー・首藤康之「予想外過ぎた」 歌舞伎『四谷怪談』に挑戦!

anan NEWS / 2016年06月03日22時30分

それを皆さんの佇まいから少しでも取り入れられたらと思います」 コクーン歌舞伎の演出を長年手がけてきた串田和美さんからのオファー。あえてダンサーの首藤さんを歌舞伎の舞台にキャスティングした狙いがきっとあるはず? 「どうでしょう…串田さんに伺っても、なかなか手の内は明かしてくださらないので(笑)。でも、こちらが聞いてもお話しされないのは、僕に余白を与えてくださ [全文を読む]

WOWOWで中村勘三郎さん追悼番組 平成中村座 「め組の喧嘩」、「法界坊 串田戯場」を放送

PR TIMES / 2012年12月06日13時10分

[スタッフ・キャスト] 出演:中村勘三郎、中村扇雀、中村橋之助、中村錦之助、中村勘九郎、中村萬太郎、坂東新悟、中村虎之介、中村歌女之丞、市川男女蔵、片岡亀蔵、市村萬次郎、坂東彦三郎、中村梅玉 12月15日(土)午後4:00 WOWOWプライムにて 平成中村座 「法界坊 串田戯場」 ニューヨークでも上演され絶賛された平成中村座の代表作、串田和美演出による「 [全文を読む]

<渡辺徹座長・文学座コント部>旗揚げ公演『おもしろいやつ』出色は助川嘉隆

メディアゴン / 2017年03月12日07時30分

研究所では小林千登勢、寺田農、樹木希林、黒柳徹子、宮本信子、中山仁、吉田日出子、串田和美、原田大二郎、峰岸徹、市毛良枝、滝田栄、桃井かおり、阿川泰子、内藤剛志、鈴木砂羽までいて稽古していた文学座である。それに……もういいか。でもひとつだけ。筆者が演出部の試験を受けて落ちた文学座である。【参考】小津安二郎『東京物語』に見る「結局、人生はひとりぼっち」その文学 [全文を読む]

小日向文世 90歳まで現役で95歳まで生きると決めた

NEWSポストセブン / 2017年02月11日07時00分

演出家・串田和美が率いる劇団「オンシアター自由劇場」に23歳で入団して役者の道を歩み始めてから、今年、俳優人生40周年を迎えた。 今はテレビや映画といった映像の世界を中心に活躍する小日向だが、劇団が解散するまでの19年間は舞台俳優として活動した。駆け出しの頃、舞台の世界と映像の世界の狭間で心が揺れ動いた時期もあったと吐露する。「最初の3年間で僕、劇団を辞 [全文を読む]

山本圭 撮影ゼロで終わった初日が仕事場で泣いた最初で最後

NEWSポストセブン / 2015年11月26日07時00分

「小学校からのひとつ下に東野孝彦(英心)、長山藍子、『上海バンスキング』の劇作家になる斎藤憐、二つ下に串田和美がいましてね。長山と東野は養成所で同期だったのですが、次の年に斎藤も串田も受けると言い出して。それで、養成所の問題集を盗み出してきて、『パントマイムのコツはこうだ』『試験ではここが見られる』とか教えていました。 俳優というのは、背が高くて綺麗な二 [全文を読む]

渥美清主演の伝説のドラマ『泣いてたまるか』に「仁義なき戦い」の監督、深作欣二が手掛けた作品が登場!

PR TIMES / 2015年06月05日19時35分

2. 放送スケジュール: 毎週 土曜日ひる2時~4時 ■2015年6月放送予定 6日(土)「先生週刊誌にのる」 脚本:深作欣二、北野夏生 監督:深作欣二 出演:高松英郎、小松方正 「先生勇気を出す」 脚本:家城巳代治、入江昭夫 監督:小山幹夫 出演:名古屋章、杉浦直樹 13日(土)「先生台北へ飛ぶ」 脚本:橋田壽賀子 監督:神谷吉彦 出演:関敬六、文野朋 [全文を読む]

NHK吉田鋼太郎主演ドラマの追加キャストを発表!

Smartザテレビジョン / 2015年05月01日18時50分

伊藤蘭(松永一子役)…松永の妻 萩原聖人(中村博吉役)…松永の秘書でドラマの語り手 國村隼(三鬼隆役)…日本製鉄社長で電気事業再編成審議会メンバー、審議会委員長の松永と対立する うじきつよし(水野成夫役)…国策パルプ副社長、電気事業再編成審議会メンバー 国広富之(工藤昭四郎役)…復興金融金庫副理事長、電気事業再編成審議会メンバー 岩松了(小池隆一役)…慶 [全文を読む]

大河主演の井上真央 オフの日は浅草寺散歩と平成中村座観劇

NEWSポストセブン / 2015年04月12日16時00分

特に前回の中村座では、井上さんがNHK朝ドラの『おひさま』で共演して以来、“お父さん”と慕う串田和美氏が演出を手がけたこともあって、中村一家とはかなり親しくなったそうですよ」(テレビ局関係者) ※女性セブン2015年4月23日号 [全文を読む]

中村七之助&トリンドル玲奈の真剣交際で、中村屋が描く“ある思惑”とは?

アサ芸プラス / 2015年02月06日17時59分

「勘三郎さんは、コクーン歌舞伎や平成中村座を立ち上げ、渡辺えりや野田秀樹、串田和美など現代劇の劇作家や演出家と組んで、歌舞伎の未来を考えた革新的な舞台を作り上げた。また、海外公演も積極的に進出した人でもありますからね。“青い目をした歌舞伎俳優”の誕生も、寛大に受け止めたかもしれません」 ゴールインともなれば、中村屋がまた歌舞伎界に新風を巻き起こしそうだ。 [全文を読む]

号泣会見、STAP会見だけじゃない! 芸能マスコミが選ぶ、2014年上半期「イタかった会見」

サイゾーウーマン / 2014年07月06日09時00分

元AKB48・前田敦子との破局報道直後だったことから、芸能リポーターが熱愛ネタを松也に振ると、演出家の串田和美氏が報道陣を「みんな舞台に真剣なんだよ!」と叱り飛ばしたことが大きく報じられた。 「この一件で、もともとそんなに高くなかったマスコミ内の松也の評判がガタ落ちしています。この騒動、もとはといえば舞台の宣伝側が『熱愛ネタも質問してOK』とマスコミに説明 [全文を読む]

舞台で“夫婦共演”の松たか子に、父・松本幸四郎が「本当に望んでいること」とは

日刊サイゾー / 2014年02月03日09時00分

同劇場の初代芸術監督である串田和美が、1977年に主宰するオンシアター自由劇場に書き下ろしたオリジナル戯曲で、同劇団が初めて本格的に取り組んだ音楽劇だ。そんな今作で話題なのは、主演の松が、夫でミュージシャンの佐橋佳幸と初共演するということ。 「実は、監督の串田さんが提案したようです。佐橋さんのミュージシャンとしての腕は超一流ですし、串田さんが松さんに『旦那 [全文を読む]

coba、初のアコーディオン独奏アルバム発売&全国ツアー決定

okmusic UP's / 2013年10月18日13時00分

さらに、日本テレビ「心の都へ スペシャル千年の都美の旅人」で初披露したポップで泣かせるオリジナル曲「コイゴコロ」や串田和美演出の舞台「K.ファウスト」挿入曲「嵐を呼ぶ男」などのオリジナル作品と聴き所も満載!アコーディオン1台で紡ぎだす、ピュアでポップなcobaの新しいサウンドに仕上がっている。 そして、このニューアルバム発売に伴い、全国ツアーの開催を決定し [全文を読む]

フォーカス