後藤武敏のニュース

楽天・ペゲーロを抹消、アマダー昇格…DeNAは石田を登録 18日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年10月18日15時22分

DeNAはG.後藤武敏を抹消し、石田健大を登録した。 <10月18日の公示情報> ※再登録=10月28日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 16 東浜巨 / 投手 17 岩嵜翔 / 投手 20 寺原隼人 / 投手 29 石川柊太 / 投手 35 モイネロ / 投手 38 森唯斗 / 投手 50 摂津正 / 投手 58 サファテ / 投手 12 [全文を読む]

楽天は松井裕樹、アマダーら8選手入れ替え、阪神は高橋、桑原を抹消 4日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年10月04日15時15分

<10月4日の公示情報> ※再登録=10月14日以降 ■ 北海道日本ハムファイターズ -登録- 13 石井裕也 / 投手 =抹消= 21 高梨裕稔 / 投手 4 飯山裕志 / 内野手 ■ 埼玉西武ライオンズ =抹消= 16 菊池雄星 / 投手 17 高橋光成 / 投手 39 呉念庭 / 内野手 ■ 東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 21 釜田佳直 [全文を読む]

DeNA、先発のウィーランドが投打で活躍…ヤクルトは打線が沈黙

サイクルスタイル / 2017年09月06日03時45分

DeNAは9月5日、横浜スタジアムでヤクルトと対戦。先発のウィーランド投手が投打で活躍を見せ、4-0で勝利した。 DeNAは0-0で迎えた4回裏、走者一、三塁の好機を作ると、ウィーランドが適時打を放ち幸先よく1点を先制。8回裏には、主砲・筒香嘉智外野手が今季第23号のソロ本塁打を放ち2-0。続く満塁の好機では、代打のG.後藤 武敏が適時打を放ち4-0とリー [全文を読む]

DeNAが切り札・G.後藤武敏を昇格!エスコバーと飛雄馬が抹消 23日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年07月23日17時45分

DeNAは23日、久保康友とG.後藤武敏を一軍登録した。 その登録名でも注目を集める後藤は今季初の一軍昇格。ファームでは52試合で打率.296、2本塁打をマークしている。 代わって飛雄馬とエスコバーが抹消。トレードで加入したエスコバーは4試合の登板で防御率0.00を記録していた。 23日の公示は以下の通り。 <7月23日の公示情報> ※再登録=8月2日以降 [全文を読む]

【プロ野球】ドラ9ルーキーの活躍、不安な助っ人投手…。オープン戦で見えたDeNAの収穫と課題

デイリーニュースオンライン / 2017年03月15日16時05分

佐野が期待される役割は、G.後藤武敏や下園辰哉に続く代打。強運も味方につけて、今後も期待に応えてほしい。 ■助っ人投手の仕上がりはいかに!? 長身から投げ下ろす威力のある投球でローテーション入りを期待されているクライン。しかし、オープン戦2試合ですでに13もの四死球(危険球退場も含む)を記録するなど、制球難が判明。アジャストに時間がかかりそうだ。 右打者 [全文を読む]

【プロ野球】イチローは「鈴木」、由規は「佐藤」、では銀次は? 知っておきたいあの選手の名字

デイリーニュースオンライン / 2016年08月24日17時05分

日本語の枠を超えたところでは、日本代表にも選出されたG.G.佐藤(本名:佐藤隆彦、元西武ほか)や、オリックスのT-岡田(本名:岡田貴弘)、DeNAの後藤G武敏(本名:後藤武敏)らが挙げられる。これからこのパターンが増えるかもしれない? ややこしささえなければ表現は自由だ。今後、カタカナやアルファベット、はたまた何かの記号を用いた登録名の選手が出現するかに [全文を読む]

【高校野球】東邦だけじゃない!歴史に残る”甲子園の逆転劇”

デイリーニュースオンライン / 2016年08月19日17時06分

9回裏、横浜は無死満塁から後藤武敏(DeNA)が2点タイムリー。ついに同点に追いつく。ここで明徳義塾は途中からファーストに回っていた寺本が再びマウンドへ。2死までこぎつけるが、途中出場の7番・柴武志がセカンドの頭上をフラフラと越える一打を放ち、7対6で横浜が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。 勝った横浜は京都成章と対戦した決勝で、松坂がノーヒットノーランを達成 [全文を読む]

松坂らを育てた“名将”横浜高校・渡辺前監督を特集

Smartザテレビジョン / 2015年12月02日17時15分

福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手をはじめ、千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手、東京ヤクルトスワローズの成瀬善久投手、横浜DeNAベイスターズの後藤武敏選手、筒香嘉智選手ら、球界の最前線で輝きを放つ名プレーヤーを数多く育て上げてきた渡辺氏は、どのような「野球人」なのか。 今もプロで活躍する選手をはじめとした横浜高校OB、ライバル校の監督や家族にも話を [全文を読む]

輝いていた松坂世代は今…悲喜こもごもの野球人生

週プレNEWS / 2015年09月26日06時00分

DeNAの代打の切り札・後藤武敏G.(ゴメス)も8月、空振りした際に右股関節を故障。若返りが進むチームなだけに安穏としていられない。 昨年、右肘手術から746日ぶりに一軍登板を果たし48試合に登板した巨人の久保裕也は今季一軍から声がかからない。靱帯(じんたい)断裂から復帰しているカープの東出輝裕(あきひろ)も現状、一軍に居場所はなく、二軍コーチ業に精を出し [全文を読む]

横浜DeNA 失速の背景にTBS時代と変わらぬベテラン軽視も

NEWSポストセブン / 2015年06月25日16時00分

35歳の後藤武敏は開幕から調子が上がらず二軍落ち。打者最年長の38歳多村仁志は二軍調整中です。チームが低迷する中、ソフトバンク時代に優勝経験のある多村を一軍に上げてもいいのではないかとは思いましたが……」(同前) プロ野球の歴史を振り返れば、若手の勢いだけで優勝したケースは稀。DeNAの急失速は、ベテラン軽視が招いた側面というもありそうだ。 [全文を読む]

9月の横浜DeNA 驚異の代打成功率は中畑采配の成長の証か

NEWSポストセブン / 2014年09月18日16時00分

7回にも、代打・後藤武敏が三塁ベースに当たるラッキーな内野安打でチャンスを拡大させ、代打・金城龍彦がセンター前タイムリーを放つなどして、逆転に成功。8回に登場した、この日5人目の代打・柳田殖生がセンター前ヒット。なんと代打5人がすべてヒットを放ち、逆転勝ちをおさめた。 9月15日の中日戦でも、代打4人を送り出し、3人がヒット。最後の代打となったトニ・ブラン [全文を読む]

DeNA中村紀洋 二軍での出場機会も少なくオフの解雇確実視も

NEWSポストセブン / 2014年07月21日07時00分

三塁のポジションには、キューバからグリエルが加入したし、一塁は後藤武敏がブランコの穴を埋めた。バルディリスもいるし、中村が再び横浜スタジアムで勇姿を見せることは考えづらい。オフに解雇されることは確実でしょう」 二軍落ち当初、「欲しがっている球団がある」という情報も流れたが、今季のトレード期限は7月31日までだ。 「通常、シーズン中にトレードに出される選手は [全文を読む]

DeNAラミレス 二軍の優勝争いを牽引する活躍も一軍復帰は?

NEWSポストセブン / 2013年08月27日16時00分

ラミレスが昇格するのかと思いきや、首脳陣が選んだのは後藤武敏だった。 「二軍での好調ぶりを考えても、実績のあるラミレスが戻らないのは不自然。二軍でも左翼の守備にまったく就かないことを考えると、一軍に戻っても代打しかない。ベンチにいるだけでも相手にとって脅威になるはずだが、ラミレス自身が『代打は難しい』と話している。いずれにしてもオフにDeNAを去ることは確 [全文を読む]

「オチメメジャーリーガー」争奪戦が超必死すぎる(2)松坂獲得に燃えるDeNA

アサ芸プラス / 2012年10月10日10時59分

さらに今季は、横浜高校時代の同級生、小池正晃(32)、後藤武敏(32)も加入。同校の後輩、石川雄洋(26)、荒波翔(26)、筒香嘉智(21)がチームの中心を担うだけに、環境は整っている。まるで、松坂獲得のためにそろえた陣容であるかのようだ。何より池田純球団社長(36)が、「どうしたら松坂を獲れるか日々、考えている」と口にしているほどの入れ込みぶりだという。 [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(2)98年PL学園vs横浜高校 松坂大輔を追い詰めた延長17回の死闘!

アサ芸プラス / 2012年07月17日10時57分

エースが打ち込まれても動じない精神力があり、のちにプロでも活躍する小池正晃( 現横浜)、後藤武敏(現横浜)らが「松坂だけのチームではない」と言わんばかりに、PL先発の稲田学に襲いかかった。5回表には「4対4」の同点に追いつく。ここでPLは、背番号「1」の上重聡(現日本テレビアナ)を投入した。 勝ち越しの1点をあげた直後の8回表でした。二死一塁となって、ベン [全文を読む]

フォーカス