平山誠のニュース

背景に巨大な司法の力が?元女優・高樹沙耶が大麻取締法で逮捕された"本当の理由"

東京ブレイキングニュース / 2016年11月08日20時00分

そして元参議院議員である平山誠氏、和田英幹氏などと奇妙な同居生活を石垣島で送っていた。 ところで高樹容疑者が選挙で訴えた、医療用大麻と大麻の違いは何か? 答えは「同じモノ」だ。ではなぜ今回、「合同捜査本部」という大げさな捜査態勢が設けられたのか? これは憶測の域を出ないが、一つにはこの石垣島を拠点として全国に大麻を売り渡された、とも想像される。さらになぜ「 [全文を読む]

【トラベルコちゃん】国内宿・ホテル・旅館でhoterea.comとの連携を開始!宿泊プランの選択肢がさらに充実!

PR TIMES / 2016年10月28日11時47分

約300社の旅行会社が多彩な旅行プランを掲載中の「トラベルコちゃん」(http://www.tour.ne.jp/)を運営する株式会社オープンドア(東京都港区・代表取締役社長 関根大介)は、2016年10月27日、国内宿・ホテル・旅館比較サービスにおいて、ホテルスキップ株式会社(東京都新宿区・代表取締役社長 平山誠)の運営するホテル予約サイト「hotere [全文を読む]

高樹沙耶容疑者は“究極のサゲマン”!? オリラジ・中田「男性を替え、何かをカモフラージュしていた」

日刊サイゾー / 2016年10月26日20時30分

さらに、元参議院議員の平山誠氏も高樹容疑者の自宅を訪れては、長期滞在していたようだ。 「高樹さんは男関係にオープンで、男と別れるたびに住む土地を替えてきた。しかし、彼女と深く関わった男は、誰ひとり幸せになっている印象がない。究極のサゲマンとでも言いましょうか……」(同) 今月出演したバラエティ番組では、大麻について「ロープを作ったり、洋服を作ったり、麻の実 [全文を読む]

逮捕の高樹沙耶、「大麻は麻薬という洗脳」「気が触れてしまったというような誹謗中傷を浴びた」

messy / 2016年10月26日00時00分

彼らは顔も名前も番組に公開しており、58歳の男性、26歳の男性、41歳の男性、そして元参議院議員の平山誠(64)というメンバーだった。朝の風景をうつしたシーンで、彼らはパイプに葉っぱをつめて火をつけ吸っていたのだが、「大麻?」ときくスタッフに、「ないない、タバコ」と一笑に付した。しかし今回、高樹とともに、同居する男2人も大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮 [全文を読む]

東北の巨大ねぷたがブラジルのサンバカーニバルに出場! 「サンパウロたちねぷたプロジェクト2015」ブラジル現地で大反響

PR TIMES / 2015年02月15日10時10分

発起人でもあり、衣装デザインを手がけたファッションデザイナーのコシノジュンコや、平山誠敏五所川原市長も、ねぷたとともに出場しカーニバルを盛り上げた。 カーニバルの順位結果発表は、現地時間2月17日に行われる予定。 ※サンパウロたちねぷたプロジェクトとは 日伯修好通商条約締結120周年を迎える2015年に、160万人の日系人が暮らすブラジルで日本の本物の祭り [全文を読む]

東北の巨大ねぷたが18,000km先のブラジルカーニバルへ! サンパウロたちねぷたプロジェクト2015

PR TIMES / 2014年12月26日15時39分

加えて、「アギア・ジ・オウロ」のカーニバルパートには、当プロジェクトの実行委員であり、発起人でもあるファッションデザイナーのコシノジュンコ氏、五所川原市平山誠敏市長のほか、現地在住の日本人や日系人のダンサーが参加し、参加者は、コシノジュンコ氏がデザインした法被を衣装として着用する予定となっております。 【起ちあがれ東北!ありがとうBRASIL!サンパウロ [全文を読む]

フザけるな!「どじょう野郎」(4)

アサ芸プラス / 2012年07月13日10時57分

いちばん多いのはゴルフですね」 昨年9月、平山誠参院議員(無所属)が、実在しない宮崎市内の住所を届け出し、航空券の支給を受けていたことが発覚。平山氏は新党大地・横峯良郎氏とゴルフ仲間で、実在しない住所は横峯氏の自宅所在地と酷似していた。国会でこれを指摘された平山氏は慌てて住所を別の場所に移したが、そこは横峯氏が主宰する「さくらゴルフアカデミー」のある、宮崎 [全文を読む]

無料航空券支給の国会議員 自分を特権階級と思い威張る例も

NEWSポストセブン / 2012年02月11日07時00分

平山誠・参院議員(埼玉出身)は宮崎を地方住所に届け、宮崎が拠点の横峯良郎・参院議員は沖縄を地方住所にしてより多くのクーポンを受け取っていた。議員辞職した後藤英友・前民主党代議士の場合は本人しか使えないクーポンを妻が利用していたことが発覚している。 複数の国会議員に「特権を意識するのはどんな時か」と尋ねてみた。一番多かったのが、「空港」という答えだ。 羽田 [全文を読む]

フォーカス