矢作芳人のニュース

JDDをキョウエイギアで勝利の矢作芳人調教師、ガン手術へ。開業時からの「夢」を叶えた名馬とスタッフからもらった勇気

Business Journal / 2016年07月19日15時00分

そんなキョウエイギアを管理するのが矢作芳人調教師。日本の最高学府である東京大学に入学するのが「普通」レベルの名門・開成高校出身から調教師になるという異色の経歴である同師は、グランプリボスやディープブリランテ、リアルスティールなど強豪を多数育ててきた名伯楽。現在リーディングトレーナー争いでも35勝と、2位の角居勝彦師を11勝引き離す独走状態となっている。 [全文を読む]

レース観戦がおもしろくなる競馬裏ネタ(3)「主要騎手の“禁”プロフィール その2」

アサ芸プラス / 2014年02月27日09時57分

■月曜日の競輪場に出没する矢作芳人師 東が蛯名なら、西の雄は東西リーディングのトップを突っ走る矢作芳人師。東大合格者の宝庫、名門・開成高校出身の異色トレーナーである。「(休日の)月曜日はギャンブルデー」と決めているほどで、函館や小倉の競輪場に行けば、まず会えるという。 ■吉田兄弟は競馬界のパチンコ&パチスロ王 「一昔前は『目押しは蛯名に任せろ』なんて言われ [全文を読む]

2017競馬界はこの「2大V字回復騎手」を狙え!(1)内田博幸が好調の理由

アサ芸プラス / 2017年04月15日09時56分

これには馬を管理する矢作芳人調教師も「新境地を開いてくれた。これでNHKマイルカップ(GI)には3頭出しで臨めそうだ。内田にはオールザゴーかタイセイスターリーのどちらかに乗ってもらう予定」と大喜びだった。「矢作師といえば、もともと生まれも育ちも大井競馬場。そんな境遇もあって、大井からJRAにやって来た内田を早くからかわいがり、頼りにもしていた。これからも [全文を読む]

“トイレ研究家”の競馬予想「井崎脩五郎 競馬新理論」

日刊大衆 / 2016年12月31日13時00分

コートオブアームズ 川須栄彦(かわすはるひこ)騎手 矢作芳人(やはぎよしと)調教師 なんと、コートオブアームズの騎手と調教師が、名前の頭文字をつなげると「川矢」だったのである。これは、トイレという暗号が出ているレースに、うってつけの馬ではないか。 この馬が入っている1枠から、人気の5枠へ枠連(1)-(5)。これを1点で買ったら、340円というのがズバリ的 [全文を読む]

三浦大輔が「馬主」として熱く語る有馬記念「夢の、夢の、そのまた先の夢の舞台」

週プレNEWS / 2016年12月24日06時00分

もっとも、年明けたらすぐに金杯(GⅢ)が始まるんですけどね(苦笑)」 そんないち競馬ファンだった三浦さんが馬主となったきっかけは、矢作芳人(やはぎ・よしと)調教師のひと言だった。 「初めてお会いしたときに『馬主になれば』と言われたんです。考えたこともなかったから、一瞬、えっ!?と思ったんですけどね。聞いてみたら野球に支障はなさそうだし、何より現役で馬を持っ [全文を読む]

2大外国人騎手「デムーロvsルメール」の激突全舞台裏!(2)デムーロのエージェント変更でどうなる?

アサ芸プラス / 2016年12月02日12時56分

それらを預託する池江泰寿、須貝尚介、矢作芳人の各調教師とは昔から強いつながりもありますしね。腕の見せどころです」(スポーツ紙競馬担当記者) これまで以上に「デムーロvsルメール」の激しい叩き合いが繰り広げられることだろう。 [全文を読む]

競馬界の巨大王国「ノーザンファーム」の独走と野望(5)一流調教師との強固な関係

アサ芸プラス / 2015年05月18日17時55分

栗東では池江泰寿、角居勝彦、矢作芳人、松田博資、石坂正厩舎などがあげられよう。毎年、クラシックレースに活躍馬を送る名伯楽に期待馬を預ける。そして両者は揺るぎない関係で結ばれている。例えば──。 12年春にオルフェーヴル(池江厩舎)が不調に陥ったことがあったが、栗東近郊のノーザンファームしがらきでリフレッシュさせることですぐに回復。宝塚記念(GI)で再び強い [全文を読む]

フォーカス