田澤純一のニュース

田澤純一が痛恨の被弾…元DeNA・グリエルに逆転満塁弾を浴びる

サイクルスタイル / 2017年05月17日12時15分

マイアミ・マーリンズの田澤純一が痛恨の逆転満塁弾を被弾した。5月15日に行われたヒューストン・アストロズとの試合で打たれ、チームも2-7で敗れ田澤に負けがついている。 五回に1点先制したマーリンズ。六回表のマウンドには田澤を送り込んだ。田澤は先頭のジョージ・スプリンガーから三振を奪うが、その後は安打と四死球で2アウト満塁のピンチを招いてしまう。 ここで元D [全文を読む]

イチローが2戦連続安打、田澤純一は1イニング無失点

サイクルスタイル / 2017年05月09日16時26分

マーリンズの田澤純一は八回に4番手として登板。先頭から二者連続三振に打ち取り、最後のヤディアー・モリーナも右フライに抑えた。 試合はマーリンズが4-9で敗れている。 この試合にファンからは、「昨シーズンぐらい打ってほしい」「代打で2戦連続安打はすごい。次はスタメンで打ってるところを見たい」「元々スロースターターだからな。あまり心配していない」「調子が上が [全文を読む]

イチローはニゴロ、田澤純一が勝ち越しソロを被弾…マーリンズは延長で競り勝つ

サイクルスタイル / 2017年04月07日19時45分

マーリンズのイチロー外野手は代打で七回に登場したがセカンドゴロに倒れ、田澤純一投手は八回に登板してライアン・ジマーマン内野手に勝ち越しソロを被弾した。 マーリンズは1点ビハインドの七回、2アウト二塁でイチローを代打に送る。今シーズン初ヒットの期待もあったがセカンドゴロに倒れた。その後チームは八回に追いつき同点で田澤がマウンドに上がる。 田澤はブライス・ハー [全文を読む]

田澤純一がホロ苦デビュー、マーリンズ初登板は1死も取れず

サイクルスタイル / 2017年04月05日12時38分

マイアミ・マーリンズの田澤純一が4月3日、ワシントン・ナショナルズ戦に登板し新天地でのデビューを果たした。だがデビュー戦は1アウトも取れず被安打1、与四死球2、1失点で降板するホロ苦いものだった。 ボストン・レッドソックスから移籍してきた田澤。開幕戦では1点ビハインドの八回に登板。しかし制球が定まらず先頭のアダム・イートンをいきなり四球で歩かせてしまう。続 [全文を読む]

クリフエッジ、田澤純一投手出演の新曲MVを動画サイトにて一部公開!

okmusic UP's / 2014年11月28日16時00分

クリフエッジの新曲「シリウス」のMVに、米大リーガー田澤純一投手が初出演したことが発表された。【その他の画像】クリフエッジ「シリウス」は、人生に悩み、傷つき、もがきながらも頑張っている人へ向けた「泣ける応援歌」として、半年以上も前より自身のライヴで話題となっている曲だ。今回この「シリウス」のMVへ田澤投手がすることとなった経緯は、クリフエッジと田澤投手との [全文を読む]

田澤純一 米新人時代に先輩に頼まれハイチュウを買わされた

NEWSポストセブン / 2014年05月06日07時00分

日本のプロ野球を経由せずに、マイナー経験なしにメジャー契約を結んだ初めての日本人、レッドソックスの田澤純一は、上原浩治と同様に昨年のワールドシリーズ優勝に貢献したにもかかわらず、日本だけでなく現地でも大きな脚光をあびていない。 「異名は“アンサング・ヒーロー”。アンサングとは歌われないという意味で、実力もあり活躍したのに、過小評価されている選手ということで [全文を読む]

【プロ野球】上原浩治が初失点を喫したのはあの打者!? 日本人メジャーリーガーの米デビュー戦を振り返る!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月07日16時05分

■デビュー戦でサヨナラ被弾の田澤純一! 上位指名が確実視されるドラフト候補がNPBを経由せず、直接メジャー入りする。その初ケースとなったのが田澤純一(マーリンズ)。田澤が契約を結んだのはレッドソックスだった。 田澤はマイナーリーグで実戦を積み、8月にメジャー昇格。その、昇格日にメジャーデビューを果たした。 デビュー戦はヤンキースタジアムでのヤンキース戦。 [全文を読む]

【プロ野球】ヒジの靭帯再建手術で知られる“トミー・ジョン投手”の数奇な生涯

デイリーニュースオンライン / 2016年01月21日16時00分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■田澤純一ら、多くの投手が経験 しかし、入団に際してはドタバタも。大きな要因はドジャースの慎重なメディカルチェックだった。それもそのはず、日本人投手はメジャーに入ってから、ヒジの靭帯再建手術、いわゆるトミー・ジョン手術に至るケガをする選手が多い。 田澤純一、松坂大輔、和田毅、藤川球児、ダルビ [全文を読む]

川崎宗則に意外な高評価? 日本人大リーガー「現地通信簿」

日刊大衆 / 2016年11月17日10時30分

レッドソックスの上原浩治も中継ぎ、クローザーとして三振の山を築きましたが、2人とも故障や違和感で、シーズンを通して活躍できなかったことがマイナス点ですね」(前出のスポーツ紙記者) 終盤にマイナーへ降格されたRソックスの田澤純一や好不調の波が激しかったドジャースの青木宣親は、決していいシーズンだったとは言えないだろう。では、いったい誰が「一番」と言えるのだろ [全文を読む]

外国人が爆買い。日本の「ガラパゴス」お菓子が海外でモテモテ

まぐまぐニュース! / 2016年11月11日11時00分

Hi-Chewさん(@hichewusa)が投稿した写真 – 2016 7月 15 11:36午前 PDT Nippon.comによると、米国では、メジャーリーグのボストン・レッドソックスの田澤純一選手がハイチュウをチーム内に持ち込んだことをきっかけに、周囲の他選手にファンが急増。 チーム内での「ハイチュウフィーバー」は勢いを増し、販社である米国森永がサ [全文を読む]

フォーカス