山本美香のニュース

第二回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募 ― 世界の真実を伝えるジャーナリストの活動と作品を表彰 ―

@Press / 2015年01月21日10時00分

「一般財団法人山本美香記念財団」では、2015年5月26日(火)を第二回の授賞式とする「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の候補者および候補作品を、2015年4月1日まで公募しています。 詳細: http://www.mymf.or.jp/contents/prize.html ■対象作品について 「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の対象は、2014年4 [全文を読む]

山本美香記念財団、シンポジウム<戦場を伝える意味>を5月26日(木)日本記者クラブにて開催

@Press / 2016年05月17日11時00分

「一般財団法人山本美香記念財団」は、第3回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」授賞式を2016年5月26日(木)に行います。それに引き続き、受賞者の桜木武史氏と選考委員、山本美香記念財団代表理事でジャパンプレス代表の佐藤和孝を交えた、シンポジウムを開催いたします。 内戦下のシリアに5度赴き、貴重なルポを記した受賞者の桜木武史氏。日本には伝えられることが少な [全文を読む]

「戦場ジャーナリスト」は本当に必要なのか? 人質事件を受けて問われる「存在意義」

弁護士ドットコムニュース / 2015年02月18日18時13分

2月17日には、国際ジャーナリストの支援団体「山本美香記念財団」が東京・渋谷で、「なぜジャーナリストは戦場へ向かうのか」と題したシンポジウムを開いた。シンポジウムには、同財団の理事長で、ジャパンプレス代表の佐藤和孝さんもパネリストの一人として登壇し、海外での取材経験をもとに、「戦場ジャーナリストの存在意義」について語った。●戦地で負傷したジャーナリストに「 [全文を読む]

日本で働く? 海外で働く? 働く女性の魅力を感じられる本ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月06日12時00分

【4位】『山本美香という生き方』 山本美香/著 日本テレビ/編 日本テレビ 1365円紛争地を取材し続けた、女性ジャーナリスト・山本美香の生き様を記した一冊。昨年、シリア取材中に命を落とした彼女が、何を考え、何を伝えようとしたのかが浮き彫りになる。【5位】『パリでメシを食う。』 川内有緒 幻冬舎文庫 720円パリで生活する日本人の生活を紹介。三つ星レストラ [全文を読む]

「山本美香さんを送る会」10月19日開催 遺稿や写真集も配布

NEWSポストセブン / 2012年10月14日16時02分

8月20日にシリアで取材中に殺害されたジャーナリスト・山本美香さん(享年45)を偲ぶ「山本美香さんを送る会」が10月19日(金)午後7時より東京會舘9階「ローズルーム」(東京都千代田区丸の内3-2-1)にて開催される。 山本さんはBS放送のディレクターを経て1996年から戦場取材を開始し、2003年にはイラク戦争報道でボーン・上田記念国際記者賞特別賞を受賞 [全文を読む]

佐藤和孝氏 山本美香さんの遺体に何度も口づけしたと明かす

NEWSポストセブン / 2012年09月10日07時00分

内戦の続くシリアで凶弾に倒れたジャーナリスト・山本美香さん(享年45)の死は、日本メディアのみならず、世界各国で大きく報道された。英BBCは2分以上にわたって報じ、米国務省報道官も哀悼の意を示した。公私におけるパートナーとして彼女を支えた、ジャパンプレス代表の佐藤和孝氏(56)が、17年前にふたりが出会った頃からの友人である作家・高山文彦氏に“想い”を語っ [全文を読む]

第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」決定!授賞式・シンポジウムを5月26日(金)に開催

@Press / 2017年05月12日11時00分

一般財団法人山本美香記念財団は、第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を決定し、授賞式および受賞者と選考委員によるシンポジウムを2017年5月26日(金)18時より日本記者クラブにて開催いたします。フォトジャーナリスト・林典子氏による、イラクのヤズディ教徒を追った写真集、「ヤズディの祈り」が受賞。また、シリアで2年近く拘束されているジャーナリスト・安田 [全文を読む]

第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募

@Press / 2017年01月13日11時30分

「一般財団法人山本美香記念財団」では、2017年5月26日(金)を第四回の授賞式とする「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の候補者および候補作品を2017年4月3日(月)まで公募しております。 ■対象作品について 「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の対象は、2016年4月~2017年3月の間に取材活動を発表したジャーナリストの活動とその作品です。基本的に [全文を読む]

第3回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」が決定 ジャーナリスト・桜木武史氏による、シリア内戦を取材した著書、「シリア 戦場からの声」が受賞~授賞式、および受賞者と選考委員によるシンポジウムを、2016年5月26日(木)、18時より日本記者クラブにて開催~

@Press / 2016年05月12日12時00分

「一般財団法人山本美香記念財団」は、2016年5月4日(水)の選考委員会において、第3回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を表題の受賞者に贈呈することに決定しました。 財団ウェブサイト: http://www.mymf.or.jp/ <本年度の受賞者および対象作品> 桜木武史氏(37)/フリーランス・ジャーナリスト シリア内戦を取材した著書、「シリア 戦 [全文を読む]

第三回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募

@Press / 2016年01月13日13時30分

「一般財団法人山本美香記念財団」では、2016年5月26日(木)を第三回の授賞式とする「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の候補者および候補作品を2016年4月3日(日)まで公募しております。 ■対象作品について 「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の対象は、2015年4月~2016年3月の間に取材活動を発表したジャーナリストの活動とその作品です。基本的に [全文を読む]

第1回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」が決定イラクでの日本人人質事件を扱ったドキュメンタリー映像作品が受賞

@Press / 2014年05月02日14時00分

一般財団法人山本美香記念財団は、2014年4月30日の選考委員会において、第1回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を下記の受賞者に贈呈することに決定しました。 世界の不正義や不条理に対して何がどのように不正義で不条理であるのか、伝聞ではなく自分自身の目と耳でとらえ、世界中に発信しようとするタフな行動力。また、不正義や不条理がおこなわれているとすれば、それ [全文を読む]

第一回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募― 世界の真実を伝えるジャーナリストの活動と作品を表彰 ―

@Press / 2014年01月23日10時00分

「一般財団法人山本美香記念財団」では、2014年5月26日(月)を第一回の授賞式とする「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の候補者および候補作品を、2014年4月7日まで公募しています。 詳細: http://www.mymf.or.jp/contents/prize.html ■対象作品について 「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の対象は、2013年4 [全文を読む]

山本美香記念国際ジャーナリスト賞 創設シンポジウム「ザ・ミッション ~山本美香 戦場からの問い~」5月26日開催のお知らせ

@Press / 2013年05月02日12時30分

2012年8月20日にシリア・アレッポを取材中、凶弾に倒れたジャーナリスト・山本美香の遺志を継ぐべく、同年10月17日、「一般財団法人山本美香記念財団」を設立いたしました。 その活動の一環として、来年2014年5月26日を第一回目の授賞式とする「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を創設。 それに先駆け、本年2013年5月26日(日)、賞の選考委員をゲストに [全文を読む]

故・山本美香さん パートナーと結婚望むも籍は入れなかった

NEWSポストセブン / 2012年09月16日16時00分

内戦の続くシリアで凶弾に倒れたジャーナリスト・山本美香さん(享年45)の死は、日本メディアのみならず、世界各国で大きく報道された。英BBCは2分以上にわたって報じ、米国務省報道官も哀悼の意を示した。公私におけるパートナーとして彼女を支えた、ジャパンプレス代表の佐藤和孝氏(56)が、17年前にふたりが出会った頃からの友人である作家・高山文彦氏に“想い”を語っ [全文を読む]

佐藤和孝氏 28歳の山本美香さんに出会い「一目惚れだった」

NEWSポストセブン / 2012年09月12日07時00分

内戦の続くシリアで凶弾に倒れたジャーナリスト・山本美香さん(享年45)の死は、日本メディアのみならず、世界各国で大きく報道された。英BBCは2分以上にわたって報じ、米国務省報道官も哀悼の意を示した。公私におけるパートナーとして彼女を支えた、ジャパンプレス代表の佐藤和孝氏(56)が、17年前にふたりが出会った頃からの友人である作家・高山文彦氏に“想い”を語っ [全文を読む]

戦場ジャーナリスト山本美香さんへ作家・高山文彦氏の追悼文

NEWSポストセブン / 2012年08月27日16時00分

8月20日、内戦が激化しているシリア北部で反政府武装組織を同行取材していた戦場ジャーナリスト・山本美香さん(45)は、政府軍の一団に銃撃され死亡した。2003年にはイラク戦争報道でボーン・上田記念国際記者賞特別賞を受賞するなど、世界でも知られるジャーナリストだった。 山本さんと親交のあった作家・高山文彦氏が追悼文を寄せた。 * * * 知りあって二〇年近く [全文を読む]

2016年訪日外国人の15%はAirbnbを利用 — ホストの標準的な収入は年間100万円を超える

NewSphere / 2017年04月30日17時00分

・2016年、Airbnbコミュニティが経済活動により創出した利益は4,061億円であり、その経済効果は9,200億円に及ぶと推計 ・2016年、日本の標準的なAirbnbホストのホスティングによる年間収入額は100万4,830円 ・2016年、一般的なAirbnbホストの年間貸し出し回数は89泊 ・2016年、370万人以上のインバウンドゲストがAir [全文を読む]

<日本における経済活動レポート>2016年のAirbnbによる日本経済の押し上げ効果は9,200億円

PR TIMES / 2017年04月24日16時09分

Airbnb Japan株式会社 公共政策担当部長である山本美香は次のように述べています。「2016年のAirbnbコミュニティによる経済活動は、4,061億円にのぼり、2015年の2,363億円と比較して1.7倍となっています。短期賃貸の利用はインバウンドゲストを中心に広がっており、2016昨年日本を訪れた外国人の数は2,400万人に達し、そのうち370 [全文を読む]

AirbnbとRCF、観光促進を通じた地域の活性化を目指すパートナーシップを締結

PR TIMES / 2017年03月10日11時23分

」Airbnb Japan株式会社 公共政策担当部長である山本美香は次のように述べています。「RCFとの連携により、コミュニティ全体に短期賃貸の活用によってもたらされる利益が配分される仕組み作りから運用までを可能にする担い手を地域で見つけ、育てていける体制が整ったことを嬉しく思います。今後、RCFと協働し、既存の宿泊施設や地域観光の振興に携わる方々と協力し [全文を読む]

甲子園で8月15日正午に1分間黙祷する意味について

NEWSポストセブン / 2016年08月15日16時00分

写真と文の絵本で、著者は戦場ジャーナリストの山本美香さん。2012年にシリア内戦を取材中に撃たれ、亡くなった。本は彼女が生前に撮影した映像と書き残した文章から構成されている(一部、取材パートナーであった佐藤和孝氏が撮影)。訪れた国はアフガニスタン、イラク、コソボ、チェチェンなど。彼女はずっと硝煙が漂う街にいたのだなと思う。 砲撃で崩壊した建物、両足を失った [全文を読む]

フォーカス