関野吉晴のニュース

手作りの斬新短編アニメ2作、下北沢トリウッドで上映決定!

CinemaCafe.net / 2017年05月21日14時00分

「グレートジャーニー」シリーズで知られる探検家・関野吉晴の新たな旅を追い、話題を呼んだ探検ドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』。その監督を務めた水本博之による、手作りのアニメーション短編映画2作が、下北沢トリウッドにて上映されることになった。 まず、『きおく きろく いま』は、95歳のシスターによる長崎の原爆証言を、長崎県大村市の1,000人以 [全文を読む]

『SINRA』2017年1月号が発売! 特集は「冒険家の食卓」

PR TIMES / 2016年11月28日17時11分

[巻頭案内人エッセイ]関野吉晴 グレートジャーニーの食卓~辺境はおいしい 前人未到の挑戦・グレートジャーニーで知られる探検家・医師の関野吉晴。彼の冒険を支えた世界の先々で出合った命の食。辺境の地で何を食し、何を感じたのか。[再現・冒険家の食卓]歴史上の冒険家や偉人たちが食していたであろう料理を再現。料理や食材にまつわるエピソードなど、冒険家と食のストーリー [全文を読む]

探検家・関野吉晴氏 「新グレートジャーニー」4700km大航海

NEWSポストセブン / 2015年04月25日07時00分

仲間とともに厳しい困難に立ち向かい、友情を深め、生きる知恵を身につけていく──そんな“探険”を40年以上にわたり続けてきたのが、探検家の関野吉晴氏(66)である。 現在、上映中のドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』には、2隻の丸木舟でインドネシアから日本まで約4700キロを航海する関野氏と仲間の姿が映し出される。 この丸木舟にエンジンはない。そ [全文を読む]

第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」決定!授賞式・シンポジウムを5月26日(金)に開催

@Press / 2017年05月12日11時00分

<本年度の受賞者および対象作品>第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」林典子氏(33)/フォトジャーナリストイラクのヤズディ教徒を取り上げた写真集、「ヤズディの祈り」とその活動・正賞:記念楯・副賞:賞金50万円「山本美香記念国際ジャーナリスト賞・特別賞」安田純平氏(43)/ジャーナリスト・正賞 :記念楯・選考委員:川上泰徳(ジャーナリスト、元朝日新聞中 [全文を読む]

第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募

@Press / 2017年01月13日11時30分

(ただし、大手メディアに所属する記者等であっても、特に人間性にあふれる気概や意義が感じられる作品については受賞対象とする) ※応募方法、詳細等は、「一般財団法人山本美香記念財団」ウェブサイトを参照 http://www.mymf.or.jp/ <賞金> 50万円 <選考委員> 川上泰徳(元朝日新聞中東アフリカ総局長) 最相葉月(ノンフィクションライター) [全文を読む]

これぞ食育!本当に一から作ったカレーライスの特別な味とは!?

Movie Walker / 2016年11月18日11時30分

武蔵野美術大学の生徒とともにこの大胆なチャレンジをしたのは、探検家で医師の関野吉晴。手作りの舟でインドネシアから沖縄へ行った際には、砂金集めから始めて舟の舵を作ったりするほどの徹底ぶりで、“モノの原点を探す事で社会の仕組みを知る”という考え方が今回も踏襲されている。 カレーに入れる野菜を作るために、まず自家採取できる種の入手から始め、畑を耕し、雑草と戦う [全文を読む]

山本美香記念財団、シンポジウム<戦場を伝える意味>を5月26日(木)日本記者クラブにて開催

@Press / 2016年05月17日11時00分

財団ウェブサイト: http://www.mymf.or.jp/ ■シンポジウム<戦場を伝える意味> 日時 : 5月26日(木)19時~21時(入場は授賞式終了後、18時30分頃より) 場所 : 日本記者クラブ日本プレスセンタービル10階 ABCホール 所在地 : 東京都千代田区内幸町2-2-1 主催 : 一般財団法人山本美香記念財団 URL : htt [全文を読む]

第3回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」が決定 ジャーナリスト・桜木武史氏による、シリア内戦を取材した著書、「シリア 戦場からの声」が受賞~授賞式、および受賞者と選考委員によるシンポジウムを、2016年5月26日(木)、18時より日本記者クラブにて開催~

@Press / 2016年05月12日12時00分

財団ウェブサイト: http://www.mymf.or.jp/ <本年度の受賞者および対象作品> 桜木武史氏(37)/フリーランス・ジャーナリスト シリア内戦を取材した著書、「シリア 戦場からの声」とその活動 □正賞 :記念楯 □副賞 :賞金50万円 □選考委員:川上泰徳(ジャーナリスト、元朝日新聞中東アフリカ総局長)、 最相葉月(ノンフィクションライ [全文を読む]

探検家で“グレートジャーニー”を完遂した 関野 吉晴さんを迎えて 2/27(土)『神戸学校』を開催 ~私たちはどこから来て、どこへ行くのか?~

PR TIMES / 2016年02月05日17時15分

2月27日(土)開催の『神戸学校』のゲストは、探検家・医師の関野吉晴さんです。 関野さんはおよそ700万年前、アフリカに誕生した人類がアフリカ大陸を飛び出して、アジアへ広がり、極北の地を経て、南アメリカ大陸の最南端に到達した5万キロメートルに及ぶ旅路である“グレートジャーニー”をカヌーやスキー、徒歩など、ご自身の脚力と腕力で足かけ10年で完遂されました。 [全文を読む]

フォーカス