二谷英明のニュース

白川由美さんが“親友”松嶋菜々子に伝えていた賢母の教え

WEB女性自身 / 2016年06月24日06時00分

「夫の二谷英明さん(享年81)が12年に亡くなってからも、白川さんは都内の自宅で暮らしていました。ただお手伝いさんもいたのですが、その方も高齢になってきた。そのため友里恵さんが白川さんに同居をもちかけ、一緒に暮らすことになったみたいです」(スポーツ紙記者) 二谷英明さんが亡くなってから4年、長女宅での同居はことのほか嬉しかったようだ。同居先のベランダには [全文を読む]

吉田豪×宍戸錠 北海道の最果ての旅館で“逆夜這い”の夜

NEWSポストセブン / 2012年11月15日07時00分

盟友の二谷英明氏らとの思い出深い一夜を振り返ってくれた。『メルマガNEWSポストセブンVol.39』に掲載されたプロインタビュアー吉田豪氏による珠玉のインタビューの一部を公開する。 * * *──日活の仲間、たとえば二谷英明さんとかとはよく一緒に遊んでたみたいですね。宍戸:英明さんと(小林)旭は同期なんですよ。で、英明さんは一番年上で。──もともとアナウン [全文を読む]

郷ひろみ再々婚を決意した理由は「もう一度子供が欲しい」

NEWSポストセブン / 2012年04月06日07時00分

今年1月10日、元義父の二谷英明さん(享年81)の通夜で、郷は成長した娘たちに久々に再会した。実に7年ぶりのことだった。 「郷さんはずっとお子さんへの思いを募らせていましたが、それ以上に郷さんのご両親もお孫さんに会いたいと思い続けていたようです。だからこそ郷さんは、寂しい思いをさせた分、ご両親のためにも“もう一度子供が欲しい”と思ってきたんだと思いますよ [全文を読む]

郷ひろみ 湘南に2億円別荘を建築中で新恋人との結婚間近か

NEWSポストセブン / 2012年01月23日07時00分

1月10日、郷ひろみ(56)は喪服に身を包み、元義父・二谷英明さん(享年81)の通夜に参列した。遺族席には、かつての妻・友里恵さん(47)、そして7年間会っていなかった、長女(22)と次女(19)も並んでいた。 郷は他の参列者と同様、焼香を終えると遺族側に一礼、元妻、そして娘たちと言葉を交わすこともなく、会場を後にした。 郷と友里恵さんは1987年6月に結 [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

興味深いのは、二谷英明主演の『特捜最前線』(テレ朝)である。77年に始まった同ドラマは当初、専用ヘリが登場するアクション系の刑事ドラマだったのに(何せ、前番組はあの『特別機動捜査隊』だ)、80年代に入ると次第に人間ドラマの比重を増し、いつしかヘリは消え、気が付けば地味で暗い人情ドラマになっていたのである。ひどい時は事件すら描かれず、ただの人情話で終わる回 [全文を読む]

長渕剛 恩人の「お別れ会」で“ナマ熱唱弔辞”の舞台裏

アサ芸プラス / 2017年03月01日05時57分

弔辞の終盤には12年に鬼籍に入った俳優・二谷英明の葬儀でも披露した、自身の楽曲「12色のクレパス」を熱唱。故人への思いがあふれるあまり、即興で歌いだしたかのようなムードに、多くの参列者の涙を誘ったのだが‥‥。「即興のわけがないでしょう。豪放磊落で堂々とした印象のある長渕さんですが、実はかなりの小心者ですからね。あの熱唱弔辞も、2日前に葬儀所を訪れて、しっ [全文を読む]

ドラマ「ON」渡部篤郎の白すぎる頭に視聴者から「染めろ!」の大合唱

アサジョ / 2016年07月25日09時58分

もしかすると故・二谷英明のように“ロマンスグレーといえば渡部”といったキャラを作りたいのかもしれませんが、渡部は童顔なので“ロマンスグレーのおじさまキャラ”ではなく、黒髪の“やんちゃオヤジ”のほうがはるかに似合います」(芸能関係者) 実生活では数々のやんちゃぶりが報道されてきた渡部。再婚を果たしたうえでのロマンスグレーは、“やんちゃ卒業”の表れなのか。 [全文を読む]

二谷友里恵さん 相続税2億円でも亡き母の土地売らない決意

WEB女性自身 / 2016年06月30日06時00分

「この土地の近所には、長い期間をかけて母の白川さんが夫の二谷英明さんと二人で働いて少しずつ買い足して、一緒に過ごしてきた土地があります。この一帯は、両親にとって思い出の場所だったのです」(前出・二谷家をよく知る関係者) その思い入れは、白川さんが亡くなる直前まで変わらなかった。 「友里恵さんと同居していた白川さんは、夫と過ごした昔の家が恋しかったんでしょ [全文を読む]

井上真央 母と慕う故白川由美さんから叱られた思い出

NEWSポストセブン / 2016年06月23日07時00分

2012年に亡くなった夫の二谷英明さん(享年81)とはおしどり夫婦として知られ、二谷さんがドラマ撮影中に首の骨を折ったときには仕事をしながらもつきっきりで看病するなど、“理想の妻”として憧れる女性もたくさんいました」(スポーツ紙記者) 白川さんと“親友”と呼び合う仲だった松嶋菜々子(42才)、音無美紀子(66才)、津川雅彦(76才)など多くの芸能人のほか、 [全文を読む]

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「日本沈没・藤岡弘、」

アサ芸プラス / 2015年11月01日09時57分

「丹波哲郎さんや二谷英明さん、小林桂樹さんなど大先輩の方々が存在感を発揮される。じゃあ、いちばん若い自分はどう演じるのか? 知ったつもりのような芝居をしてちゃダメだし、画面に叩きつけるようにエネルギーを振りしぼるしかないと思ったんです」 藤岡が演じたのは、深海調査艇「わだつみ」の操艇者・小野寺俊夫だ。地球物理学者の田所雄介博士と行動を共にするうち、日本列島 [全文を読む]

伝説の刺青師が明かす“日活&東映スター”交流秘話「川島なお美の肌にも描いた」

アサ芸プラス / 2015年06月14日17時57分

裕次郎と二谷英明の二機は、米機を追って太平洋の青い海原に消えていく。 河野は、45年、マラリアにかかり生死をさまよった後、南方から北海道の美幌基地に転属となった。 だが、その年の7月、河野らに特別任務が発令された。サイパン、テニアンへの強行着陸斬り込み隊だった。決行予定は、月が明るい8月25日頃だったという。しかし、15日に終戦。美幌基地の兵舎前で終戦の詔 [全文を読む]

7月に双子誕生予定の郷ひろみ 親のためをも思ったと関係者

NEWSポストセブン / 2014年01月06日16時00分

2012年1月、元義父の二谷英明さん(享年81)の通夜で、郷は成長した娘たちに久々に再会したが、実に7年ぶりのことだった。 「郷さんはずっとお子さんたちへの思いを募らせていましたが、それ以上に郷さんのご両親もお孫さんに会いたいと思い続けていたようなんです。だからこそ、郷さんは寂しい思いをさせた分、ご両親のためにも“もう一度子供が欲しい”と思ってきたんだと [全文を読む]

鶴瓶、長渕ら慕う「芸能界の母」白川由美 実家処分の理由とは

NEWSポストセブン / 2013年11月25日07時00分

2003年に夫の二谷英明さん(享年81)が脳梗塞を患い、芸能活動を休止すると、夫を支えるために白川は仕事を増やした。そして彼女が出演した『ハケンの品格』(2007年・日本テレビ系)や『家政婦のミタ』(2011年・日本テレビ系)などは大きな話題となった。 「実家のことは当然気にはかけていたと思いますが、両親との思い出が詰まった実家なので、処分するのは気が引 [全文を読む]

勘三郎、地井武男、山口美江…2012年著名人物故者を偲ぶ

NEWSポストセブン / 2012年12月31日07時00分

中村勘三郎 宮史郎 三宅久之 桜井センリ 小沢昭一 藤本義一 桑名正博 若松孝二 山田吾一 大滝秀治 アンディ・ウィリアムス ニール・アームストロング 内藤武敏 浜田幸一 津島恵子 三木睦子 山田五十鈴 地井武男 伊藤エミ 遠藤太津朗 中原早苗 日暮修一 小野ヤスシ 三笠宮寬仁殿下 三崎千恵子 尾崎紀世彦 新藤兼人 邱永漢 ホイットニー・ヒューストン 安 [全文を読む]

男の影ないアラサー娘に家族 「女の歓び知らず申し訳ない」

NEWSポストセブン / 2012年07月19日16時01分

次女がこのまま女の歓びも知らずにアラフォー、アラフィフになっていくのかと思うと何か申し訳ない気持ちで一杯です」 ※週刊ポスト2012年7月20・27日号 【関連ニュース】「中年を過ぎると元美人ほどイタい人が多い」と55才主婦嘆く郷ひろみ 元義父・二谷英明の通夜で2人の娘と7年ぶり再会新婚・梨花 ワンピのスリットから「美しすぎるナマ脚」露出東国原似デブ「ドレ [全文を読む]

荒ぶる「刑事ドラマ」の男たち(4)藤岡弘 インタビュー

アサ芸プラス / 2012年03月09日10時54分

故・二谷英明(享年81)演じる神代刑事ら個性的な刑事の活躍も見どころだが、特に際立っていたのが、一匹狼で型破りな桜井哲夫刑事を演じた藤岡弘、(65)である。 * 「仮面ライダー」(毎日放送系)や大河ドラマ「勝海舟」の坂本龍馬役で見せた、みごとなアクションと演技力を買われての抜擢だった。「僕自身ブラジルなどで射撃の訓練も受けていて銃の扱いに慣れていたし、『仮 [全文を読む]

郷ひろみ 元義父・二谷英明の通夜で2人の娘と7年ぶり再会

NEWSポストセブン / 2012年01月19日16時00分

1月10日、郷ひろみ(56)は喪服に身を包み、元義父・二谷英明さん(享年81)の通夜に参列した。遺族席には、かつての妻・友里恵さん(47)、そして7年間会っていなかった、長女(22)と次女(19)も並んでいた。 郷は他の参列者と同様、焼香を終えると遺族側に一礼、元妻、そして娘たちと言葉を交わすこともなく、会場を後にした。 郷と友里恵さんは1987年6月に結 [全文を読む]

フォーカス