宮本真希のニュース

アイティメディアの『ねとらぼ編集部』に行ってきた

秒刊SUNDAY / 2013年05月07日11時58分

『ねとらぼ』編集部で有名な女性といえばそう『宮本真希』記者だ。 するとハンターはターゲットを執拗に追いかける。(画像)宮本真希記者 確保。確保された逃走者は編集部を詳細に公開しなければならない。ということで早速社内を見学させていただく。―リフレッシュスペース (画像)ここでは編集者が休息をとったり、昼食夜食をとったりする憩いの場だ。外の眺めも良く行き交う人 [全文を読む]

深作欣二のバイオレンス、撮影中はずっとビビってた

アサ芸プラス / 2012年12月18日10時00分

ベテランから新人まで、数多くの女優たちが「深作マジック」によって開花するが、ここに登場する宮本真希もその1人。深作作品では唯一の「主演のデビュー作」という僥倖を味わった──。 〈相原はウチんこと雌犬っちゅうて、後ろからしかせんとよ‥‥。あんたは前からね? 後ろからね?〉 抱いた男がすべて死ぬという「下がりボンボン」と呼ばれる女。ひし美ゆり子が「新仁義なき戦 [全文を読む]

女優たちの「初濡れ場」メモリアル(3)薬師丸ひろ子が挑んだ真田広之とのラブシーン

アサ芸プラス / 2017年04月04日12時57分

宝塚歌劇団から女優に転向した宮本真希(39)は、いきなり初主演、そして初ヌードで話題となった。深作欣二監督が最晩年の頃に撮った「おもちゃ」(99年、東映)のことだ。 京都・祇園の色街を舞台にした作品で、宮本は舞妓として「水揚げ」の日を待つ時子を演じた。宮本は、出演に至る経緯をこう明かしている。「深作監督と、私の愛媛の実家のことなど話しているうちに決まった [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(3)週刊アサヒ芸能に激白した編・風吹ジュンが松田優作を相手に…

アサ芸プラス / 2016年06月20日05時57分

宝塚出身の宮本真希(38)は、デビュー作の「おもちゃ」(99年、東映)で主演ヌードを飾った。〈深作欣二監督に『僕の映画で前バリを使った人は1人もいない』と言われました。私も何もつけない状態で臨みました〉 22歳のまばゆいヌードがスクリーンに輝いた。 80年代アイドルの大西結花(47)は、95年の「眠れる美女」(ユーロスペース)で初ヌードを見せた。オファー [全文を読む]

<ドラマ「Dr.倫太郎」が第3回目にして停滞?>物語が前に進まない連続ドラマは見るのが辛い

メディアゴン / 2015年05月03日12時25分

となると、「レム睡眠行動障害」である夫をかばって、それを口に出来ない妻(宝塚出身の宮本真希)の心を解きほぐすところが、精神分析家の倫太郎の見せ場だが、それが少しも書き込まれていない。また、その妻の演技が大声で叫ぶだけの素人芝居なので、リアルさが伝わらない。これでは、倫太郎が天才精神分析家であるということが、わからない。それ以上に、話が前に進まない連続ドラマ [全文を読む]

「Dr.倫太郎」第3話は夫婦のDV疑惑に向き合う

Smartザテレビジョン / 2015年04月28日22時34分

4月29日(水)放送の第3話では、主婦の小林弓子(宮本真希)が階段から転落し、病院に運び込まれる。外科医の百合子(吉瀬美智子)から、弓子が半月前にも同じ理由で病院に搬送されていたこと聞いた倫太郎は、弓子の夫で警視の司(北村有起哉)のDVを疑い、話を聞く。しかし、弓子から「(夫は)暴力を振るうような人じゃありません」と否定される。 それでも、感情の起伏が激 [全文を読む]

深作欣二のバイオレンス、俳優の個性を大事にする

アサ芸プラス / 2012年12月19日10時00分

やがて撮影は、宮本真希とヒロイン・時子が同時に成長しながら、クライマックスへ向かった。 【関連記事】 深作欣二のバイオレンス、撮影中はずっとビビってた 深作欣二のバイオレンス、皆が「この人のためなら」 深作欣二のバイオレンス、薬の副作用で手がパンパン 深作欣二、木村一八に「俺の言うことが聞けないのか」 深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」 [全文を読む]

西郷輝彦、深作欣二作品の萬屋錦之介に身震い

アサ芸プラス / 2012年12月12日09時59分

サクさん特有の情感や寂しさを最後に集約させるところが、さすがだと思ったね」 〈文中敬称略、次回は宮本真希〉 【関連記事】 西郷輝彦「現場が凍った萬屋錦之介と深作欣二の衝突」 西郷輝彦、深作監督に挨拶したら「アテにしてないよ」 深作欣二のバイオレンス、薬の副作用で手がパンパン 深作欣二、木村一八に「俺の言うことが聞けないのか」 清原和博「月給30万円で運転手 [全文を読む]

フォーカス