重田康光のニュース

ドンキ安田氏vsHIS澤田氏 投資会社精算巡る大バトル

NEWSポストセブン / 2017年05月09日07時00分

最盛時には300社を超え、会長にはフルキャストの平野岳史社長、副会長に楽天の三木谷浩史社長、光通信の重田康光会長、USENの宇野康秀社長など(いずれも肩書きは当時)が名を連ねた。まさに“ベンチャー経営者の梁山泊”だった。◆“死んだ社長”が株主総会を招集 21世紀の幕開け数年は、IT、通信、ゲームなどを手掛ける起業家が、新興市場での上場を目指してしのぎを削っ [全文を読む]

世界長者番付 紗栄子と交際の前澤氏らIT系若手ランクイン

NEWSポストセブン / 2016年05月12日07時00分

たとえば、ITバブルの主役として名を馳せた重田康光・光通信会長兼CEOである。 1988年に24歳で光通信を創業、1999年に東証1部に上場するや、一時は時価総額7.1兆円にまで膨らんだ。しかし、2000年に不公正な契約手法などが問題視され、株価は10分の1にまで急落。その後、断行したリストラが功を奏して経営危機から脱出。2014年から3年連続で長者番付に [全文を読む]

最新版「日本の大富豪」星座別ランキング!1位は楽天三木谷会長のあの星座

WooRis / 2015年12月30日20時00分

このランキングをもとに、人気の占い師アンジェラさんにコメントを頂きましたのでご紹介します!■1位:魚座(6人)(合計資産総額=216.5億ドル)栄えあるランキング第1位となったのは、“魚座”です! 楽天会長兼社長・三木谷浩史氏、ユニ・チャーム取締役ファウンダーの高原慶一朗氏、光通信創業者の重田康光など6人がランクイン。6人の合計資産総額は“216.5億ドル [全文を読む]

DNA鑑定秘話〜子ども16人をタイ人女性に代理出産させた日本人資産家の真意は?

ヘルスプレス / 2015年12月27日23時37分

この日本人は誰か? 日本のマスコミ報道よると、東証一部上場企業、株式会社光通信の創業者・重田康光氏の長男・重田光時氏。時価総額約50億円もの株を保有する資産家といわれる人物だが、なぜ代理出産に関わったのかが、まず疑われた。 タイ警察は、16人の乳幼児のうち、4人がカンボジアなどに出国していたため、人身売買や臓器売買などの犯罪性の是非を疑い、重要参考人とし [全文を読む]

中・高卒19人も!上場企業役員報酬1億円超「411人」の学歴

WEB女性自身 / 2015年08月11日06時00分

重田康光会長の右腕として活躍し、社長に上りつめた。 「極論をいえば、役員報酬は1億円だろうが100億円だろうがかまいません。大切なのは、株主や銀行、社員にその金額を払う理由を説明して納得してもらえるかどうか。会社が赤字や無配当なのに、報酬を1億円もらっている役員もいますが、これには誰も納得しないでしょう」(前出・坂田氏) 高い報酬には、それに見合った高い能 [全文を読む]

タイ代理出産事件で大新聞が光通信御曹司の名前を伏せ字にした理由

リテラ / 2014年08月26日12時00分

男性は大手IT企業の「光通信」創業者・重田康光氏の長男だったのである。 「光通信」は今でこそIT企業の大手だが、90年代後半に携帯電話の販売で大きな注目を浴びたベンチャー企業だった。だが、その強引な手法は次第に大きな批判を浴びていく。それを決定づけたのが「文藝春秋」(2000年4月号)に掲載された記事だった。「光通信」が架空の契約書の捏造を行い、契約内容を [全文を読む]

フォーカス