中川勝彦のニュース

しょこたん「結婚フラグ」ビンビン!! かなり本気な結婚宣言に「すでに相手がいるんでは?」

おたぽる / 2016年04月12日14時00分

また、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(スクウェア・エニックス)を叔母に勧められたことからドラクエにハマったことや、今は亡き父・中川勝彦氏にゲームの攻略法を教えられ、自力で攻略したかったしょこたんは大泣きした、などの微笑ましいドラクエエピソードを話している。そして、そんな話をしているうちに、自身の年齢についてまでインタビューは展開していった。 年齢につ [全文を読む]

中川翔子、レベル32バースデーライブ開催!

Entame Plex / 2017年05月03日23時00分

去年に引き続きチケットが即完売した本公演、父・中川勝彦氏の享年と同じ年齢を迎える彼女の誕生日を祝うべく、会場には昼・夜2公演で計2,200名ものファンが集まった。 ライブがスタートし、待ちわびたファンの歓声が会場に響くと、ライブ序盤では、11年連続出演が決定した“ポケモンシリーズ”の劇場版主題歌にもなった『心のアンテナ』や、ディズニー映画「ラプンツェル」 [全文を読む]

中川翔子、父の享年を越えて「生まれ変わった」決意のバースデーライブ

dwango.jp news / 2017年05月03日22時45分

去年に引き続きチケットが即完売した本公演、父・中川勝彦氏の享年と同じ年齢を迎える彼女の誕生日を祝うべく、会場には昼・夜2公演で計2,200名ものファンが集まった。 ライブがスタートし、待ちわびたファンの歓声が会場に響くと、ライブ序盤では、11年連続出演が決定した「ポケモンシリーズ」の劇場版主題歌にもなった『心のアンテナ』や、ディズニー映画「ラプンツェル」 [全文を読む]

今年で32歳の中川翔子 自身の年齢に、亡き父を思う

Smartザテレビジョン / 2017年03月28日06時30分

当日のコーディネートのポイントを問われると、「次に迎える32歳は、父(ミュージシャンで俳優の故・中川勝彦さん)とブルース・リーが亡くなった年齢なので、自分にとっては区切りの年だと思っています。区切りを迎える前に、髪型を変えたり、オシャレを楽しんだり、今回の渋谷ファッションウィークに参加できたりと、真っ白な気持ちで日々楽しめているので、今回の気持ちを表す真っ [全文を読む]

2位ローラ!「10年後もテレビで活躍してそうな女性バラドル」1位は

VenusTap / 2016年05月11日20時40分

■3位:中川翔子(9.6%)3位は、父親にミュージシャン・俳優だった故・中川勝彦を持つ、“しょこたん”こと中川翔子。16歳で芸能界デビュー。現在は31歳と意外にも芸能活動暦が長く、歌手に女優にタレントにとマルチな才能を持っています。 [全文を読む]

3位篠原ともえ、2位杏…一番モテそうな「オタク女性芸能人」1位は

VenusTap / 2016年05月11日12時40分

これが意外なほどよく似合い、美少年と誉れ高かったミュージシャンで俳優の父親、故・中川勝彦氏にそっくりのスッキリした美貌で、話題になりました。■知識人を魅了する爽やかな博識ぶり、杏2位は渡辺謙の娘にして人気女優の杏。彼女の歴史オタクぶりは有名で、『週刊朝日』(朝日新聞出版)によると、国際日本文化研究センターの准教授・磯田道史(いそだ・みちふみ)氏(当時・静岡 [全文を読む]

しょこたん 衝撃告白!?今年のXmasは「もう“ぼっち”じゃない」

dwango.jp news / 2015年12月21日17時20分

スペシャルライブでは、代表曲の『空色デイズ』『ドリドリ』や、タイアップソングの『ちょべりGood Time』はもちろん、同じくDECO*27が作詞作曲を務めた『Satellite Girl』や、ラストには父親である中川勝彦の楽曲で唯一カバーしている『ラスト・ウィッシュ-同じ色のクリスマス-』も披露した。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中川翔子と水木しげるさんのつながり「子孫にまで読ませ続けたい」

TechinsightJapan / 2015年12月01日11時05分

中川翔子の父・中川勝彦さんは1962年7月20日に生まれ、1980年代にミュージシャンや俳優、声優となんでもこなすいわゆるマルチタレントとして活躍した。しょこたんが9歳の時に白血病で亡くなっている。彼女が水木しげるさんを偲んで11月30日に『中川翔子@初めてのディナーショー(shoko55mmts)ツイッター』で「幼少の頃、父から、これを読まなきゃ大人に [全文を読む]

しょこたんの愛猫“マミタス”がアニメで登場!

Smartザテレビジョン / 2015年02月02日21時34分

あらすじは、ネガティブな小学生の赤川ポコ美、通称“ポコタン”の他界した父・夏彦(モデルは中川の父・中川勝彦だと思われる)の娘への心配から始まる。夏彦は自分に代わってポコタンを助けるようにポコタンの飼い猫・マミタスに魔法の道具を託す。そしてポコタンの家族や、猫たちを巻き込んだ“ドタバタ”ストーリーが展開する。 アニメーション制作は「妖怪ウォッチ」や「ポケッ [全文を読む]

“カワユス”がいっぱい! 『ギザ マミタス!!』(著=中川翔子)が、Kindleストアで配信開始!! しょこたんの愛猫「マミタス」初の撮り下ろし写真集が電子書籍化!

DreamNews / 2014年08月29日17時30分

ネコ好きは、白血病で急逝した父親の故・中川勝彦氏と母親からの親譲り。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ―― 2013年9月18日(水)オープン!! ――ゴマブックスがプロデュースする電子書籍投稿サイト『BookSpace(ブックスペース)』http://www.ebksp.jp/ 【会社概要】会社名:ゴマブックス株式会社代表者 [全文を読む]

フォーカス