坪田一男のニュース

わかさ生活 アイバンクチャリティーミュージカル「パパからもらった宝もの」開催のお知らせ

PR TIMES / 2012年10月19日12時49分

日本における角膜移植を増やし、多くの方が視力を取り戻せるようにとアイバンクのシステムの改革に取り組む慶應義塾大学医学部眼科の坪田一男教授のドクターとしての想い。 それらの想いが一つになり「角膜移植で視力を取り戻せる3万人に希望の光を届けよう!」と、アイバンクについての理解を深めていただくことを目的として2009年からわかさ生活としてもこのアイバンクチャリ [全文を読む]

スマホ見ながら寝落ち、はこんなに危険!ブルーライトで眼病・睡眠障害・うつの恐れ

Business Journal / 2016年09月26日06時00分

著者で慶應義塾大学医学部眼科教授の坪田一男氏に、正しいブルーライトとの付き合い方について聞いた。●体内時計を狂わせ、失明の原因にもなるブルーライト--そもそも、ブルーライトとは、どのような光なのでしょうか?坪田一男氏(以下、坪田) そもそも光とは何かといえば、電磁波の一種です。さまざまな波動(波長)があり、その中で、ヒトの目が感知できるものを可視光といいま [全文を読む]

今注目の成分“ルテイン”の新たな機能が明らかに!

PR TIMES / 2014年05月23日18時34分

~わかさ生活と慶應義塾大学の共同研究が学術論文にも掲載~ 株式会社わかさ生活は、「ルテイン」の機能性研究を続け、この度、慶應義塾大学医学部眼科学教室 坪田一男教授・小澤洋子講師との共同研究において『ルテインが神経細胞において抗酸化タンパク質の量を増やし、活性酸素を抑制する』ことが明らかになり、世界的な学術雑誌 Biochemical and Biophys [全文を読む]

日本初の”水素”系乳飲料!?「ミルクde水素」が爆誕!

Walkerplus / 2017年02月10日12時15分

そこで同社は、慶應義塾大学医学部の坪田一男教授と共同で、”誰でも、長時間、たくさんの”水素ガスを産生する研究に取り組み、その結果、「ガラクトオリゴ糖」、「マルチトール」、「グルコマンナン」の3成分を配合することで、長時間・高濃度の水素ガスの産生が可能な同商品を開発した。 味も効果も気になりすぎる「ミルクde水素」。今までになかった新しい乳飲料をぜひ試して [全文を読む]

腸内で効率的に水素ガスを産生できる日本初の乳飲料『ミルクde水素』2月13日(月)新発売

PR TIMES / 2017年02月10日12時03分

(詳細は1.参照) 当社は、長年の腸内細菌の研究で蓄積した知見を活用し、慶應義塾大学 医学部 坪田一男教授※2と共同で、“誰でも、長時間、たくさんの”水素ガスを産生する研究に取り組み、その結果、「ガラクトオリゴ糖」、「マルチトール」、「グルコマンナン」を組み合わせることで、90%以上の方の腸内フローラで水素ガス濃度の増加を確認しました。※3この組み合わせに [全文を読む]

アイバンクミュージカル『パパからもらった宝もの』仙台公演に特別協賛

PR TIMES / 2016年09月01日15時59分

「日本でのアイバンクの現状を何とかしたい!」という想いのもと、2008年に慶應義塾大学医学部眼科教室の坪田一男教授の呼びかけにより始まったのが、このアイバンクミュージカルです。 累計来場者数1万人を超えるこのミュージカルを観ることで、アイバンクの現状や角膜移植への理解を一人でも多くの人に知ってもらうことを目的とし、チケット代金は全てアイバンクへ寄付されます [全文を読む]

アイバンクミュージカル『パパからもらった宝もの』特別協賛で公演!

PR TIMES / 2015年10月07日17時36分

日本における角膜移植を増やし、多くの方が視力を取り戻せるようにと「アイバンク」の運営構造改革に取り組む慶應義塾大学医学部眼科の坪田一男教授のドクターとしての想い。それらの想いが一つになり「角膜移植で視力を取り戻せる3万人に希望の光を届けよう!」と、アイバンクについての理解を深めていただくことを目的として2008年からわかさ生活としてもこのアイバンクを啓発す [全文を読む]

モニタから発せられる「ブルーライト」が体内リズムを狂わせる?眼病に加え、肥満誘発との新説も

Business Journal / 2014年07月18日17時00分

慶應義塾大医学部学眼科教授の坪田一男医師が代表を務める「ブルーライト研究会」によると、ヒトの目の網膜には、光の色を感知する「錐体(すいたい)」と、明暗を感知する「桿体(かんたい)」という2つの視細胞に加えて、近年、サーカディアンリズムをコントロールする役割を果たす「第3の視細胞」が発見されたという。この「第3の視細胞」は、460nmという強いエネルギーを [全文を読む]

「必ず1日3食」は間違い!? アンチエイジング法のウソ・ホント

tocana / 2014年04月26日12時30分

■科学的にベストなアンチエイジング法とは? こうした賛否両論のある食事法、健康法の真贋を検証しているのが『アンチエイジング・バトル最終決着』(坪田一男・著/朝日新書)だ。といっても、単純にYES・NOをつきつけるのでなく、日本抗加齢医学会理事長である著者がそれぞれの分野の専門医が示す最新の研究成果を客観的に整理して、あくまで科学的にベストのアンチエイジング [全文を読む]

走る・歩く 健康に良いのはどちらかを抗加齢専門医が解説

NEWSポストセブン / 2014年04月13日16時00分

『アンチエイジング・バトル最終決着』(朝日新書)という書を上梓した坪田一男・慶應義塾大学医学部教授(日本抗加齢医学会の理事長)は、こう指摘する。 「私も以前まで走るのは体に悪いと考えていたが、『運動による酸化ストレス応答がアンチエイジングの根幹だ』とするホルミーシス仮説に出会ってから考えを変えました。 酸化ストレス応答とは、『体に有害とされるストレスも、適 [全文を読む]

「痩せ型」と「小太り体型」長生きなのはどちらかを医師解説

NEWSポストセブン / 2014年04月12日16時00分

『アンチエイジング・バトル最終決着』(朝日新書)という話題書を上梓した坪田一男・慶應義塾大学医学部教授(日本抗加齢医学会の理事長)は、こう指摘する。 「スウェーデンの研究が優れているのは、他の研究と違って解析期間が30年と長いことです。小太りグループと標準体重グループで比較すると、最初の10年は死亡率や心血管系イベント発生率で差はないが、10年を超えると差 [全文を読む]

体に悪い説が存在する牛乳「飲む人のほうが寿命長い」と医師

NEWSポストセブン / 2014年04月11日16時00分

果たして牛乳は体にいいか? 悪いか? 『アンチエイジング・バトル最終決着』(朝日新書)という話題書を上梓した坪田一男・慶應義塾大学医学部教授(日本抗加齢医学会の理事長)は、こう結論づける。 「血糖値やコレステロールを考えれば、飲み過ぎはよくない。しかし、全国10万世帯を対象に食品の摂取状況とその地域の死亡率の関連を調べた研究結果によれば、現実に牛乳を飲む人 [全文を読む]

ダイエットに本当に有効な糖質・タンパク質・脂質の摂取割合

NEWSポストセブン / 2014年04月09日16時00分

『アンチエイジング・バトル最終決着』(朝日新書)という話題書を上梓した坪田一男・慶應義塾大学医学部教授(日本抗加齢医学会の理事長)は、こう結論づける。 「糖質も脂質も食べ過ぎはダメだが、減らし過ぎもよくないということです。 最近の研究では、糖質をとらないと血液中の造血幹細胞が減ってしまうこともわかっていて、これは血管の老化を促進する。 脂質も控え目がいい [全文を読む]

アンチエイジング論争 理想的な食事回数は1日1食か3食か?

NEWSポストセブン / 2014年04月07日16時00分

『アンチエイジング・バトル最終決着』(朝日新書)という話題書を上梓した坪田一男・慶應義塾大学医学部教授(日本抗加齢医学会の理事長)の最新の考えを見ていこう。 近年、南雲吉則医師の『「空腹」が人を健康にする』という著書などの影響で、1日1食の健康法が大ブームとなった。 空腹でお腹がグーッと鳴ったとき、成長ホルモン(若返りホルモン)の分泌が促され、内臓脂肪が燃 [全文を読む]

アイバンク啓発ミュージカル『パパからもらった宝もの』に特別協賛

PR TIMES / 2013年08月27日09時42分

日本における角膜移植を増やし、多くの方が視力を取り戻せるようにとアイバンクのシステムの改革に取り組む慶應義塾大学医学部眼科の坪田一男教授のドクターとしての想い。 それらの想いが一つになり「角膜移植で視力を取り戻せる3万人に希望の光を届けよう!」と、アイバンクについての理解を深めていただくことを目的として2009年からわかさ生活としてもこのアイバンク・チャ [全文を読む]

フォーカス