黒田清子のニュース

眞子さまご結婚時に国から支払われる「一時金」、皇室経済法に定められた「決め方」

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月18日00時12分

黒田清子さんの場合は「1億5250万円」だった 一時金など、皇室の費用について定めた皇室経済法によると、一時金が支払われる目的は「皇族であつた者としての品位保持の質に充てるため」だ。その額は、首相などで構成する皇室経済会議で審議されて決まる。 報道によると、2014年に結婚した千家典子さん(高円宮家の次女)の場合は1億675万円、2005年の黒田清子[全文を読む]

韓国問題にお心を痛める両陛下 多忙の愛娘・清子さんを心配

NEWSポストセブン / 2012年09月08日16時00分

それは愛娘・黒田清子さん(43才)のことだ。 今年5月、清子さんは伊勢神宮臨時祭主に就任した。これは、神宮の祭祀に奉仕し、天皇のお心を伝えるとともに、伊勢神宮の神職をまとめる役職で、戦後は天皇家直系の女性が務めている。 現在の祭主は、昭和天皇の四女・池田厚子さん(81才)なのだが、ご高齢ということもあって清子さんに白羽の矢が立ったのだ。 伊勢神宮では来年 [全文を読む]

黒田清子さんの皇室待望論「両陛下が頼りにされているから」

NEWSポストセブン / 2012年05月01日07時00分

エコバッグを抱え、化粧っ気もほとんどなく、ラフな普段着姿のその女性客は黒田清子さん(43才)だった。 決して贅沢することなく、少しでも安い食材を購入しようとする姿からは、どこにでもいる普通の主婦といった雰囲気が伝わってくる。 「清子さんは、比較的買い物客も少なくて、品物をゆっくりと選べる平日の午前中の時間帯によくお見かけしますよ」(常連客) また近所のコン [全文を読む]

元皇族の黒田清子さん 最近はスーパーで弁当の長時間吟味も

NEWSポストセブン / 2017年06月03日16時00分

結婚後の子内親王の生活に近そうなのは、天皇の第一皇女である黒田清子さん(48・紀宮清子内親王)だろう。 清子さんは学習院大学を卒業後、山階鳥類研究所の研究員として13年間勤務。2005年に東京都庁に勤務する黒田慶樹さん(52)と結婚した。 黒田さんはこの4月の人事異動で、建設局公園緑地部利用促進担当課長となった。仕事内容は、「都立公園の多面的な活用法を検 [全文を読む]

眞子さま 「ネェネ」と慕う黒田清子さんに色々と相談か

NEWSポストセブン / 2017年06月02日11時00分

就職先にも制約はありません」 結婚後の眞子内親王の生活に近そうなのは、天皇の第一皇女である黒田清子さん(48・紀宮清子内親王)だろう。 清子さんは学習院大学を卒業後、山階鳥類研究所の研究員として13年間勤務。2005年に東京都庁に勤務する黒田慶樹氏と結婚した。皇室ジャーナリストの渡邉みどり氏が語る。 「4年制大学を卒業してから働かれた女性皇族は清子さんが初 [全文を読む]

眞子さま 皇籍離脱後は一般パスポート取得し納税義務も発生

NEWSポストセブン / 2017年05月30日07時00分

黒田清子さんも都内のマンションに住み、ゴミ出しや近所のスーパーでの買い物も普通にされています」(皇室担当記者) 皇籍を離脱する際は国から一時金が支払われる。 「天皇陛下のお孫さんの眞子さまには1億3725万円が支払われると予想されます。ちなみに黒田清子さんには1億5250万円が支払われました」(皇室ジャーナリストの神田秀一氏) 大金ではあるが、学費や通学費 [全文を読む]

ブライダル関連株が買い先行、眞子さまご婚約報道を好感

ZUU online / 2017年05月18日12時30分

黒田清子さんの結婚式会場となったホテルもこうしたブライダル関連株の堅調な値動きの陰にあるのは、16日に秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまがご婚約される見通しになったことが明らかになった影響がある。眞子様は6月にも、大学時代の同級生の男性とのご婚約を内定される見通しになっており、眞子さまにあやかっての結婚需要も盛り上がるとの見方が高まっている。 天皇、皇后両陛下 [全文を読む]

眞子さま同級生とご婚約へとNHK報じる 結婚時期は来年想定

WEB女性自身 / 2017年05月16日19時00分

天皇の子や孫にあたる女性皇族「内親王」では、黒田清子さん(48)以来12年ぶりとなる。 宮内庁は黒田清子さんの例も参考に水面下で準備作業を進めているそうで、整い次第記者会見を通して眞子さまの婚約内定を公式発表する見通し。結婚の時期は来年を想定しているという。 今回の報道を受け、Twitterでは「眞子さま」がトレンド入り。「眞子さまご結婚!」「眞子さま、ご [全文を読む]

黒田清子さん皇族復帰待望論 夫を一代限り准皇族にとの声も

NEWSポストセブン / 2012年05月02日07時00分

2005年11月に都庁職員・黒田慶樹さん(47才)と結婚した黒田清子さん(43才)が皇籍を離れてから6年半、いまではすっかり主婦の顔になられている。そんななか女性宮家創設論議に伴って浮上してきた皇族復帰への声。多くの人々の清子さんへの待望論が高まっている。 もし清子さんが皇族に戻られた場合に、問題となってくるのが夫・黒田さんの処遇であろう。この点について、 [全文を読む]

眞子さま ご結婚後の2世帯同居の可能性に宮内庁も不安

NEWSポストセブン / 2017年06月04日16時00分

黒田清子さんは1億5250万円でした。眞子内親王殿下は清子さんと同じ内親王ですが、天皇の孫の内親王のため、1割減の1億3725万円だと思います」(皇室ジャーナリストの山下晋司氏) 一時金の使い道に決まりはないため、生活費や新居購入費用に充てるのでも、貯蓄にまわすのでも自由だ。「皇室経済法には一時金の支出理由として、《皇族であった者としての品位保持の資に充て [全文を読む]

同級生の結婚式ご出席の眞子さま ワンピース姿で笑み

NEWSポストセブン / 2017年06月01日16時00分

来年中のご結婚が実現すれば、内親王としては2005年の黒田清子さん(48才)以来13年ぶりで、祝福のフィーバーはまだまだ収まりそうもない気配だ。 眞子さまは、ご自身が注目されてその日の主役である新郎新婦に迷惑をかけないようにという配慮なのだろうか、ホテルの正面玄関の出入りをさけ、行き帰りで別の送迎車を用意されるほど人目を避けることに気を使われていた。 ご両 [全文を読む]

小島慶子のそこじゃない! 結婚しても女性皇族が活躍できるようになる日は来るのでしょうか?

週プレNEWS / 2017年05月31日10時00分

3学年上に紀宮さま(黒田清子さん)がいたため、学校内には私服のSPが常駐していた。ちなみに授業の始まりと終わりは「ごきげんよう」 [全文を読む]

眞子さま婚約、自民党が加計問題等を隠すため利用か…官邸・宮内庁・NHKが緊密連携

Business Journal / 2017年05月30日20時00分

2005年に結婚された天皇・皇后両陛下の長女・黒田清子さん(当時は紀宮さま)には、1億5250万円が支払われました」 眞子さまは結婚によって皇籍から離脱するが、改めて問われるのは将来にわたっての安定的な皇室の存続と公務数の維持である。現在の皇族の人数は18人。眞子さまの離脱で17人に減少し、今後も女性皇族がご結婚で離脱していけば、そう遠くない将来に、天皇陛 [全文を読む]

皇族の買い物事情 百貨店の外商が主流、Amazonもご利用

NEWSポストセブン / 2017年05月27日16時00分

「妃殿下時代の美智子さまは紀宮さま(黒田清子さん・48才)の結婚に備え、料理や裁縫などの家事全般や女性としてのたしなみを教えられていました。眞子さまも紀子さまから女性としてのたしなみを教わっておいでのはずです」◆百貨店の外商部がカタログ持参で宮邸へ 天皇皇后両陛下や皇族が生活のために必要とするお金は、「皇室経済法」に則って国が国家予算から支給する。 皇室の [全文を読む]

持参金は?住居は?仕事は?「一般人・小室眞子さん」の今後

NEWSポストセブン / 2017年05月25日07時00分

前例からいえば、天皇陛下の孫である眞子内親王殿下は、限度額(1億5250万円)が払われた黒田清子さん(天皇陛下の長女)より1割少ない1億3725万円となる見込みです(*注)。用途は〈皇族であった者としての品位保持の資に充てるため〉とされており、新居購入に充てるのも貯蓄するのも自由です」 【*注:一時金は一律ではなく、天皇から直系で何親等かなどによって変わる [全文を読む]

眞子さま婚約、佳子さま含め皇室が難しい選択迫られる

NEWSポストセブン / 2017年05月25日07時00分

内親王としては、2005年の黒田清子さん以来13年ぶりの慶祝の日を迎えることになる。「ただ、筆頭宮家である秋篠宮家の長女の婚約は大変におめでたいことであると同時に、皇室内部にさざ波を立てる事態にもなってしまっているのです」(宮内庁関係者) 昨年8月の陛下の「お気持ち」表明以降、「生前退位」の議論が進められてきた。5月19日には特例法案が閣議決定され、今国会 [全文を読む]

眞子さま、結婚披露宴の会場はすでに事実上決定か…宮内庁御用達の超一流ホテル

Business Journal / 2017年05月18日08時00分

「典子さま、さらには05年に結婚された天皇・皇后両陛下の長女・紀宮さま(黒田清子さま)も披露宴を挙げられたことを考えると、眞子さまも同様の可能性が高いです。そして、もし披露宴が執り行われる場合の場所ですが、東京・千代田区の帝国ホテル東京でほぼ決まりとみていいでしょう。皇居に面してそびえ立つ帝国は、古くは明治時代に宮内省(現宮内庁)の御用に指定されたという [全文を読む]

眞子さま 女性宮家議論に悩まれながら結婚へのご希望を吐露

NEWSポストセブン / 2017年05月18日07時00分

たとえば、天皇陛下の長女である紀宮さまは2005年、黒田慶樹さんと結婚されて皇族の身分を離れられ、黒田清子さんと名前を変えられた。 近年、成年皇族の人数の減少が不安視され、女性皇族が結婚しても皇籍離脱をせず、公務を担えるようにする「女性宮家創設」が取り沙汰されてきたが、議論は暗礁に乗り上げている。 「陛下の孫世代の皇族は現在、愛子さま、眞子さま、佳子さま、 [全文を読む]

悠仁さまが将来孤独に? 女性宮家創設の意味

NEWSポストセブン / 2017年01月11日16時00分

天皇陛下の姉である池田厚子さんは伊勢神宮の祭主を担って来られましたが、高齢のため姪の黒田清子さんが臨時祭主を務めたこともあります。これは皇室との繋がりを持てた特殊なケースです。このような元皇女も、法的には一般国民ですから、皇族としての公務を分担することができません。 このままですと、皇位継承順位1位の皇太子殿下、2位の秋篠宮殿下、3位の悠仁親王の三方まで [全文を読む]

皇室御用達 「質の良いものを長く使う」が伝統的な考え方

NEWSポストセブン / 2016年10月21日16時00分

「海外のいいものを柔軟に取り入れていく」一方で、「伝統を大事にする」というファミリアの理念に共鳴された美智子さまは、礼宮さま(現・秋篠宮さま)、そして紀宮さま(現・黒田清子さん)にもファミリアの製品を愛用された。 業者にとって最高の名誉といっても過言ではない「皇室御用達」の称号。制度として始まったのは1891年(明治24年)の「宮内省御用達」からだった。皇 [全文を読む]

フォーカス