黒田清子のニュース

眞子さまご結婚時に国から支払われる「一時金」、皇室経済法に定められた「決め方」

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月18日00時12分

黒田清子さんの場合は「1億5250万円」だった 一時金など、皇室の費用について定めた皇室経済法によると、一時金が支払われる目的は「皇族であつた者としての品位保持の質に充てるため」だ。その額は、首相などで構成する皇室経済会議で審議されて決まる。 報道によると、2014年に結婚した千家典子さん(高円宮家の次女)の場合は1億675万円、2005年の黒田清子[全文を読む]

韓国問題にお心を痛める両陛下 多忙の愛娘・清子さんを心配

NEWSポストセブン / 2012年09月08日16時00分

それは愛娘・黒田清子さん(43才)のことだ。 今年5月、清子さんは伊勢神宮臨時祭主に就任した。これは、神宮の祭祀に奉仕し、天皇のお心を伝えるとともに、伊勢神宮の神職をまとめる役職で、戦後は天皇家直系の女性が務めている。 現在の祭主は、昭和天皇の四女・池田厚子さん(81才)なのだが、ご高齢ということもあって清子さんに白羽の矢が立ったのだ。 伊勢神宮では来年 [全文を読む]

黒田清子さんの皇室待望論「両陛下が頼りにされているから」

NEWSポストセブン / 2012年05月01日07時00分

エコバッグを抱え、化粧っ気もほとんどなく、ラフな普段着姿のその女性客は黒田清子さん(43才)だった。 決して贅沢することなく、少しでも安い食材を購入しようとする姿からは、どこにでもいる普通の主婦といった雰囲気が伝わってくる。 「清子さんは、比較的買い物客も少なくて、品物をゆっくりと選べる平日の午前中の時間帯によくお見かけしますよ」(常連客) また近所のコン [全文を読む]

元皇族の黒田清子さん 最近はスーパーで弁当の長時間吟味も

NEWSポストセブン / 2017年06月03日16時00分

結婚後の子内親王の生活に近そうなのは、天皇の第一皇女である黒田清子さん(48・紀宮清子内親王)だろう。 清子さんは学習院大学を卒業後、山階鳥類研究所の研究員として13年間勤務。2005年に東京都庁に勤務する黒田慶樹さん(52)と結婚した。 黒田さんはこの4月の人事異動で、建設局公園緑地部利用促進担当課長となった。仕事内容は、「都立公園の多面的な活用法を検 [全文を読む]

眞子さま 「ネェネ」と慕う黒田清子さんに色々と相談か

NEWSポストセブン / 2017年06月02日11時00分

就職先にも制約はありません」 結婚後の眞子内親王の生活に近そうなのは、天皇の第一皇女である黒田清子さん(48・紀宮清子内親王)だろう。 清子さんは学習院大学を卒業後、山階鳥類研究所の研究員として13年間勤務。2005年に東京都庁に勤務する黒田慶樹氏と結婚した。皇室ジャーナリストの渡邉みどり氏が語る。 「4年制大学を卒業してから働かれた女性皇族は清子さんが初 [全文を読む]

眞子さま 皇籍離脱後は一般パスポート取得し納税義務も発生

NEWSポストセブン / 2017年05月30日07時00分

黒田清子さんも都内のマンションに住み、ゴミ出しや近所のスーパーでの買い物も普通にされています」(皇室担当記者) 皇籍を離脱する際は国から一時金が支払われる。 「天皇陛下のお孫さんの眞子さまには1億3725万円が支払われると予想されます。ちなみに黒田清子さんには1億5250万円が支払われました」(皇室ジャーナリストの神田秀一氏) 大金ではあるが、学費や通学費 [全文を読む]

ブライダル関連株が買い先行、眞子さまご婚約報道を好感

ZUU online / 2017年05月18日12時30分

黒田清子さんの結婚式会場となったホテルもこうしたブライダル関連株の堅調な値動きの陰にあるのは、16日に秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまがご婚約される見通しになったことが明らかになった影響がある。眞子様は6月にも、大学時代の同級生の男性とのご婚約を内定される見通しになっており、眞子さまにあやかっての結婚需要も盛り上がるとの見方が高まっている。 天皇、皇后両陛下 [全文を読む]

眞子さま同級生とご婚約へとNHK報じる 結婚時期は来年想定

WEB女性自身 / 2017年05月16日19時00分

天皇の子や孫にあたる女性皇族「内親王」では、黒田清子さん(48)以来12年ぶりとなる。 宮内庁は黒田清子さんの例も参考に水面下で準備作業を進めているそうで、整い次第記者会見を通して眞子さまの婚約内定を公式発表する見通し。結婚の時期は来年を想定しているという。 今回の報道を受け、Twitterでは「眞子さま」がトレンド入り。「眞子さまご結婚!」「眞子さま、ご [全文を読む]

黒田清子さん皇族復帰待望論 夫を一代限り准皇族にとの声も

NEWSポストセブン / 2012年05月02日07時00分

2005年11月に都庁職員・黒田慶樹さん(47才)と結婚した黒田清子さん(43才)が皇籍を離れてから6年半、いまではすっかり主婦の顔になられている。そんななか女性宮家創設論議に伴って浮上してきた皇族復帰への声。多くの人々の清子さんへの待望論が高まっている。 もし清子さんが皇族に戻られた場合に、問題となってくるのが夫・黒田さんの処遇であろう。この点について、 [全文を読む]

眞子さま ご結婚後の2世帯同居の可能性に宮内庁も不安

NEWSポストセブン / 2017年06月04日16時00分

黒田清子さんは1億5250万円でした。眞子内親王殿下は清子さんと同じ内親王ですが、天皇の孫の内親王のため、1割減の1億3725万円だと思います」(皇室ジャーナリストの山下晋司氏) 一時金の使い道に決まりはないため、生活費や新居購入費用に充てるのでも、貯蓄にまわすのでも自由だ。「皇室経済法には一時金の支出理由として、《皇族であった者としての品位保持の資に充て [全文を読む]

フォーカス