北野勇作のニュース

『ショートショート大賞』第2回公募を11月1日から開始 アンバサダーにEXILE橘ケンチ氏が就任

@Press / 2016年11月02日10時30分

審査員長は、第1回に引き続き、芥川賞作家でお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹氏から絶賛され、親交が深いショートショート界の旗手、田丸雅智氏、二次審査員は、太田忠司氏、梶尾真治氏、北野勇作氏の豪華作家陣。受賞作の発表は2017年6月を予定しております。 第1回は応募総数7,817篇という多数の応募作品が集まり、大変盛況となりました。なお、2016年12月には [全文を読む]

又吉直樹氏ゲスト登壇!秋山真太郎氏(劇団EXILE)による受賞作朗読も 第1回『ショートショート大賞』贈呈式を開催

@Press / 2016年06月23日10時30分

僕は星新一さんだけでなく、江坂遊さん、井上雅彦さん、太田忠司さん、北野勇作さん、高井信さんたちの作品を読ませていただき、ショートショートのおもしろさ、すばらしさを知りました。それからずっと、ショートショート集を出して、ショートショートをみんなに知ってほしいという思いがあり、こうして作家になりました。本を出して、なおのこと強く感じるようになりましたが、自分一 [全文を読む]

応募総数7,817篇!第1回「ショートショート大賞」受賞作決定 受賞作品集は書店店頭にて無料配布、大賞授賞者は受賞作を含む単行本を刊行予定

@Press / 2016年06月07日10時30分

〔審査員〕 ・1次審査 :協力書店員、キノブックス編集部 ・2次審査 :井上雅彦(作家)、太田忠司(作家)、北野勇作(作家) ・最終審査:田丸雅智(審査員長・ショートショート作家)、 キノブックス編集部 2016年6月16日(木)には都内にて賞の贈呈式を行います。特別ゲストとして芥川賞作家・又吉直樹氏が登壇予定。また、「ショートショート大賞」応援団の俳優 [全文を読む]

原稿用紙一枚から応募可能! “ショートショート作家”の育成を目的とした新しい文学賞設立

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月25日11時00分

」―田丸雅智 また、2次審査はショートショートのスペシャリストとして、小説家の井上雅彦・太田忠司・北野勇作が務め、応援団は劇団EXILEの秋山真太郎が務めることに。自身も賞に応募するという秋山からもコメントが届いている。「田丸さんの作品をラジオで朗読させていただいたのが縁で、ショートショート大賞に関わらせていただくことになりました。田丸さんの物語は次から次 [全文を読む]

8/8(土)、ウルトラ怪獣ピグモンが書泉に来襲?! 山本弘先生&桜井浩子さんトークショー 書泉ブックタワーで開催決定!

DreamNews / 2015年07月17日13時30分

【著者】山本弘/小林泰三/北野勇作/三津田信三/藤崎慎吾/田中啓文/酉島伝法【監修】 株式会社円谷プロダクション【価格】1,800 円+税 【出版】早川書房 【発売日 】7月23日(木) <イベント情報>イベント名:『多々良島ふたたび』ウルトラ怪獣アンソロジー TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE 01発売記念 山本弘先生&桜井浩子さん [全文を読む]

本の専門家・ブックディレクターが勧める泣ける&笑える6冊

NEWSポストセブン / 2012年12月19日16時00分

泣ける本の『きつねのつき』(北野勇作著・河出書房新社)は、幼い娘・春子とおとうの何気ない日々を淡々と描いた本。 「最後の“おとう、わらってよ”というセリフに、子育てしてるお父さんは200%グッとくるはず。そこに向かって読み進んでほしい一冊です」 そして、『気仙川』(畠山直哉著・河出書房新社)は、陸前高田出身の写真家による津波がくる前後の故郷の写真とエッセイ [全文を読む]

フォーカス