山田耕筰のニュース

【再発見!日本の現代音楽】 CD「日本の絃楽オーケストラ傑作集」10月22日発売。 珠玉の映画音楽や幻の作品を次世代を担うスペシャリストによる演奏でお届けする。

DreamNews / 2014年09月18日09時30分

山田耕筰以来、100年以上の歴史を持つ日本のオーケストラ音楽。 数ある名作から映画音楽も含めて、いま一度聴かれるべき傑作をお届けする。 指揮は、期待の若手 水戸博之。 演奏は次世代を担う演奏家によるオーケストラ・トリプティーク。吹奏楽の大ヒットシリーズ「奏楽堂の響き」の弦楽版登場! スリーシェルズによる新シリーズ「日本の絃楽オーケストラ」がスタートします [全文を読む]

「天使の歌声」ウィーン少年合唱団、26回目となる来日公演開始!最新ベストも発売!

PR TIMES / 2012年05月01日20時21分

■ウィーン少年合唱団 EMIミュージック・アーティストページ(楽曲試聴あり) http://www.emimusic.jp/artist/wien/ ■来日公演情報詳細:ウィーン少年合唱団 2012年公演 - ジャパン・アーツ http://japanarts.co.jp/html/2012/chorus/wsk/index.htm 【リリース情報】 ウ [全文を読む]

作曲家・船村徹の名曲をコンプリートした『追悼 船村徹 大全集』が発売に

okmusic UP's / 2017年06月07日20時00分

2016年の文化勲章受賞は、作曲家としては山田耕筰に続いて2人目となり、長年の功績がたたえられている。 『追悼 船村徹 大全集』は、そんな船村の名作をレーベルをこえて集大成した6枚組CD-BOX。戦後日本の歌謡界を代表する作曲家の偉大な足跡を、全108曲からたどる。■アルバム『追悼 船村徹 大全集』発売中 COCP-39957-62/¥12,000+税 ※ [全文を読む]

創業100周年を迎える横浜ゴムが、100年の情熱をアピール。100周年記念ロゴマークも発表

clicccar / 2017年01月07日06時03分

CMソングには社歌の「気だかくも(作曲:山田耕筰)」を現代風にアレンジしたものを使用しています。 テレビCMでも使用した100周年記念ロゴマークは、YOKOHAMAのアイデンティティでもある「5本の赤いライン」をモチーフに、100周年からさらに先へ続く未来に向けて力強く進んでいく情熱を表現しています。100の「00」の重なりは、必要とされるタイヤ・ゴムメ [全文を読む]

バターサンドだけじゃない!名前の由来にグッとくる六花亭のお菓子5選--「おふたりで」「いつか来た道」など

えん食べ / 2016年06月26日14時00分

すでにピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが、これは北原白秋が作詞、山田耕筰が作曲した「この道」の歌詞をイメージしたお菓子なんです。アカシアはちみつは、「この道」の歌詞に出てくる「あかしやの花」にちなんでいるんですね。ごろごろ入ったマルメロ果肉は、リンゴにも似た甘ずっぱさが特徴。ほんのりすっぱいクリームに包まれて、よりフルーティーさが際立ちます。ちなみ [全文を読む]

隠れた名曲も多いが…「故郷の都道府県民歌を歌える」約1割にとどまる

NewsCafe / 2016年05月01日12時00分

「和歌山県民歌」は、童謡「赤とんぼ」や「兎のダンス」で知られる作曲家・山田耕筰の手による名曲である。次世代を担う子供たちの郷土愛を育む目的のほか、和歌山県の知名度アップにも期待が寄せられているという。しかし和歌山県に限らず、都道府県民歌の認知度は決して高くはない。一連のニュースを見て「県民歌…なんてあったっけ?」と疑問を抱いた人も多かったのだろう、News [全文を読む]

「デーモン閣下? ピアソラ? これが邦楽!?」コラボで進化する新しい邦楽のかたち。

PR TIMES / 2016年02月11日10時34分

過去には、三島由紀夫や谷崎純一郎、川端康成といった日本を代表する作家の作品のほかにも、山田耕筰の歌劇、手塚治虫のマンガを取り上げたりと、ジャンルにこだわらない闊達さが多くのファンを引き付けています。 このシリーズでは、邦楽演奏は朗読のBGM、効果音、登場人物を表現する音としてさまざまな役割を果たします。 [画像4: http://prtimes.jp/i [全文を読む]

【JAF四国】JAF会員のための音楽会「音楽日和」を開催します!

PR TIMES / 2015年09月28日09時34分

日時 平成27年10月24日(土)開場13時 開演14時 会場 サンポートホール高松 第1小ホール(香川県高松市サンポート2-1) 演奏 指 揮:角田 綱亮 ピアノ:上原 彩子 管弦楽:瀬戸フィルハーモニー交響楽団 曲目 山田耕筰/序曲ニ長調 モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466 ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調op.92 [画像: ht [全文を読む]

今年107歳で体内年齢31歳! 驚異の現役声楽家が語る「若さの源」と健康の秘訣

Business Journal / 2014年07月26日16時00分

1907年生まれ、御年107歳になる嘉納さんは、今でも現役の声楽家として多くの生徒を指導しています(師匠はなんと作曲家の山田耕筰なのだとか…)。 「七十、八十、花盛り」とは、もはや想像を絶する世界ですが、どうしてそんなに元気なのでしょうか。あるテレビ番組で「体内年齢31歳」と測定された驚異の若さの秘密に迫ります。 ■歌いたい、弾きたい…尽きない好奇心が若さ [全文を読む]

福沢諭吉、渋沢栄一ら68人の自伝を人物ごとに再編集 eBookJapanが平凡社『日本人の自伝』全巻を電子書籍化!!

PR TIMES / 2012年10月26日09時48分

『日本人の自伝』リリース予定(著者名で表記)【2012年10月】福沢諭吉/渋沢栄一/前島密/植木枝盛/馬場辰猪/田中正造/玉水常治/松山守善/福田英子/内村鑑三/新島襄/木下尚江/鳩山春子/田岡嶺雲/徳富猪一郎/三宅雪嶺/金子ふみ子/高群逸枝/大杉栄/古田大次郎/石川三四郎/片山潜/堺利彦/山川均/河上肇/南方熊楠【2012年11月】宮崎滔天/内田良平/西 [全文を読む]

フォーカス