黒木亮のニュース

≪電子書籍&出版関連事業NEWS≫5月の最新トピックスをお知らせします

PR TIMES / 2014年05月29日16時36分

---------------------------------------------------------【電子書籍/制作・配信】黒木亮氏の人気タイトルがKindleでキャンペーン実施中!6/5(木)まで、期間限定で50%OFF!---------------------------------------------------------現在A [全文を読む]

資本金5億で世界銀行から70億引っ張った川鉄社長を綴った本

NEWSポストセブン / 2012年08月23日16時00分

【著者に訊け】黒木亮/著『鉄のあけぼの(上・下)』(毎日新聞社・各1575円) * * * これも「原点」を省みる試みの一つなのだろう。黒木亮氏(55)の最新刊『鉄のあけぼの』は、川崎製鉄初代社長・西山弥太郎(1893~1966年)の生涯を追ったノンフィクションノベル。日本の戦後復興を支えた基幹産業中の基幹産業・鉄をめぐる熱き夢と挑戦の物語である。黒木亮[全文を読む]

経済小説家はどうやって当事者を取材しているのか?

プレジデントオンライン / 2017年01月06日09時15分

(作家 黒木亮=文) [全文を読む]

経済小説家はどうやって最先端の経済情報を入手するのか?

プレジデントオンライン / 2017年01月05日09時15分

(作家 黒木亮=文) [全文を読む]

知られざる「ハイエナファンド」の極悪非道 日本人が知らないし烈な国際金融バトル

東洋経済オンライン / 2016年11月27日17時00分

『国家とハイエナ』を書いた黒木亮氏に詳しく聞いた。──30作目である本書は得意の国際金融テーマに復帰しましたね。本書に書いてあることは基本的にここ20年に現実に起きたことだ。国、企業、団体、政治家、著名アーティストなど、実名の箇所や社会的出来事の記述はすべて事実に沿っている。■ハイエナファンドとは──ハイエナファンドなるものがあるのですか。僕の造語。訴訟型 [全文を読む]

辺野古トンデモ判決の裏に裁判所の露骨人事! リベラルな裁判官を異動させ行政べったりの裁判官を抜擢

リテラ / 2016年09月18日00時30分

それをいち早く指摘したのが、作家の黒木亮氏だ。昨年12月25日付のプレジデントオンラインに〈辺野古代執行訴訟「国が勝つことが決まっている」と題する寄稿をしている。 それによると、多見谷氏は〈平成22年4月から同26年3月まで千葉地裁の裁判長を務め、行政(およびそれに準ずる組織)が当事者となった裁判を数多く手がけているが、新聞で報じられた判決を見る限り、9割 [全文を読む]

フォーカス