秋山徳蔵のニュース

今でも人気のオリジナル・ソースも…“天皇の料理番”秋山徳蔵レジェンド

WEB女性自身 / 2015年07月06日06時00分

主人公のモデルとなったのは、宮中晩餐会や天皇皇后両陛下の日常の食事を作る、宮内庁管理部大膳課の初代主厨長で 天皇の料理番 の秋山徳蔵氏。そんな、大膳の歴史を作った秋山氏には今なお語り継がれる伝説があるという。そこで、 昭和天皇の料理番 として活躍した和食担当の矢部金次郎さん、洋食担当の工藤極さん、皇室ジャーナリストの松崎敏弥さんに話を聞いた! 【戦後、皇室 [全文を読む]

2人の“天皇の料理番”が語るリアルな天皇家の厨房の掟

WEB女性自身 / 2015年07月06日06時00分

主人公のモデルとなったのは、宮中晩餐会や天皇皇后両陛下の日常の食事を作る、宮内庁管理部大膳課の初代主厨長で 天皇の料理番 の秋山徳蔵氏だ。 そんな、秋山氏の下で 昭和天皇の料理番 として活躍した矢部金次郎さん(68)と、工藤極さん(63)。大膳課は和食、洋食、和菓子、洋菓子、東宮御所担当と5つの係に分かれており、矢部さんは和食を担当する第一係で25年間、工 [全文を読む]

天皇陛下も召し上がった味!元“天皇の料理番”に会えるレストラン4

WEB女性自身 / 2015年07月06日06時00分

主人公のモデルとなったのは、宮中晩餐会や天皇皇后両陛下の日常の食事を作る、宮内庁管理部大膳課の初代主厨長で 天皇の料理番 として活躍した、秋山徳蔵氏。そんな、秋山氏が考案した至高のメニューの味を引き継いだ、元 天皇の料理番 に会えるレストランを紹介! 【ビストロ サンジャック】東京都練馬区栄町39-19 ハイム054-101店内は8つのカウンター席のみ。子 [全文を読む]

日本独自の「洋食」を味わうならココへ!東京の「老舗洋食店」9軒の名物料理

サライ.jp / 2017年01月16日17時00分

『築地精養軒』は、後に天皇の料理番として活躍する秋山徳蔵をはじめ、多くの料理人が修業し、日本の西洋料理の発展をけん引したお店。「昔ながらのビーフシチュー」(2100円税込)は7~9日間じっくり煮込んだデミグラスソースが絶妙な一品です。 【上野精養軒】 住所/東京都台東区上野公園4-58 電話/03-3821-2181 営業時間/11時~20時(最終注文1 [全文を読む]

【発祥の店】カツカレー発祥のお店でいただく絶品のカツカレー、東京・銀座の「銀座スイス」

GOTRIP! / 2016年06月06日09時59分

・脈々と受け継がれる洋食の系譜 こちらのお店の洋食の歴史は、日本の西洋料理の礎を創ったと言われる麹町の「宝亭」で、「天皇の料理番」として著名な秋山徳蔵さんとともに腕を振るった、岡田進之助さんからスタートします。 当時、歴代首相の東條英機から吉田茂まで料理を提供するほどの有名シェフであった岡田進之助さん。 その岡田進之助さんのご子息、岡田義人さんが創業した [全文を読む]

黒木華、『重版出来!』に見る“芝居の引き出し” いかにしてコミカルな役柄をものにした?

リアルサウンド / 2016年05月17日06時00分

山田洋次監督とタッグを組んだ『小さいおうち』や『母と暮せば』、宮内省で主厨長を務めた秋山徳蔵の生涯を描いたドラマ『天皇の料理番』での俊子など、黒木が演じた「純日本的」や「昭和的」な女性は非常に高い評価を得た。 そんな黒木が、現在放送中の連続ドラマ『重版出来!』では、柔道の日本代表候補だったが、怪我で選手生命を絶たれ、漫画編集者として新たな夢にまい進する体育 [全文を読む]

佐藤健・鈴木亮平「天皇の料理番」が3冠 二人揃っての栄光に歓喜

モデルプレス / 2016年05月10日19時43分

◆作品も橋田賞を受賞 作品にも橋田賞が贈られた同作は、大正・昭和時代の宮内省大膳頭を務めた秋山徳蔵氏の人生を描いた、直木賞作家・杉森久英氏の同名小説を原作に、何をやっても長続きしなかった片田舎のやっかい者・秋山篤蔵(佐藤)が、西洋料理のシェフになるという途方もない夢を持ち、天皇の料理番を勤め上げるまでに成長していく姿を描く。 佐藤は夢を信じて困難に立ち向 [全文を読む]

「天皇の料理番」民放ドラマ最高視聴率を奪取!

Smartザテレビジョン / 2015年07月13日20時29分

大正・昭和時代に宮内省の厨司長を務めた秋山徳蔵氏の人生を描いた直木賞作家・杉森久英の同名小説を原作とした本作。何をやっても長続きしなかった田舎のやっかい者・秋山篤蔵が、ひょんなことから食べた一口のカツレツをきっかけに、料理に夢を見て、ついには天皇の料理番を勤め上げるまでに成長していく。その篤蔵を、TBS連続ドラマ初主演の佐藤健が演じきった。 最終回におい [全文を読む]

佐藤健、目を潤ませ黒木華に感謝「いい嫁でした」

モデルプレス / 2015年07月11日11時50分

◆先週放送で黒木演じる妻・俊子が死去 大正・昭和時代の宮内省大膳頭を務めた秋山徳蔵氏の人生を描いた直木賞作家・杉森久英氏の同名小説をドラマ化した同作は、何をやっても長続きしなかった片田舎のやっかい者・秋山篤蔵(佐藤)が、西洋料理のシェフになるという夢を持ち、天皇の料理番を勤め上げるまでに成長していく姿を描いた物語。先週の放送では、病に倒れた黒木演じる篤蔵 [全文を読む]

秋篠宮家の料理番が職場を「ブラック」と告発! 紀子妃の厳しさに職員が...

リテラ / 2015年07月10日12時00分

皇族の料理番といえば、大正から昭和にかけて宮中で料理番として仕えた料理人・秋山徳蔵の人生を描いたドラマ『天皇の料理番』(TBS系)が好評だったが、この宮家の料理番の告白はドラマとは真逆のものだった。 秋篠宮家は職員の間で"ご難場"と呼ばれているらしいが、なかでも「料理番」は苛酷な環境にあるという。天皇家や皇太子一家のための「宮内庁大膳課」ではなく、宮家の [全文を読む]

フォーカス