緒方洪庵のニュース

「武田鉄矢だけで幕末以降の日本史が語れる」って本当?

しらべぇ / 2016年10月06日05時30分

■弟子の敵とその弟子も武田はTBSのドラマ『JIN』では緒方洪庵を、NHKの連続テレビ小説『あさが来た』では福沢諭吉を演じている。緒方洪庵は大坂に「適塾」という私塾を持っていたが、福沢諭吉はその適塾出身の人物である。そもそも緒方は教育者として、優秀な人材を何人も輩出してきた男。彼がいなかったら、明治期における日本の急成長もなかったかもしれない。一方、武田は [全文を読む]

東出昌大「やはり歴史オタクとしては織田信長はやってみたい」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月06日11時00分

〈先生は、緒方洪庵と大村益次郎のいいとこどりをした感じの方ですね〉と言ったら、〈二人とも尊敬する先人です〉とニコニコしていました」 緒方洪庵は江戸時代後期の蘭学者で、大阪に“適塾”を開き、福沢諭吉ら多くの傑物を育てた。大村益次郎はその門下生にして長州藩の兵学者。傑出した才で戊辰戦争を勝利に導いた。 大河ドラマ『花燃ゆ』の久坂玄瑞役も印象深い東出さんだが、今 [全文を読む]

福澤諭吉は酒が大好き 『学問のすゝめ』より呑兵衛のすゝめ

NEWSポストセブン / 2017年03月24日16時00分

蘭学者・緒方洪庵の「適塾」で学び、3回の欧米視察を果たした。慶応4年(1868年)、「慶應義塾」を創設。『学問のすゝめ』が有名だが、一体どんな人物だったのか。明治大学教授の齋藤隆氏はこう指摘する。 * * * 近代日本最大の啓蒙思想家・福澤諭吉は一万円札の肖像にも使用され、日本人なら誰でも知っている「偉人」です。多くの人にとって「慶應義塾を創設した」「『学 [全文を読む]

温故せぬ国に知新なし。大切な「古典教育」を見下す文科省の愚

まぐまぐニュース! / 2017年03月06日20時00分

外国語との格闘 長崎に遊学した後、諭吉は大阪の緒方洪庵の適塾で本格的にオランダ語を修行する。 …塾ではオランダ語の試験があり、徹底的に読む訓練をしていた。福沢自身も、読解をするという地味な勉強をひたすら何年も熱心に続けていたという。月に6回も試験があり、オランダ語を読む実力があるかないかが明確な基準ではかられ、順位がつけられる。 これは各人それぞれのテー [全文を読む]

日本はなぜいち早く近代国家の仲間入りができたのか?「神話」の秘密は江戸時代にあった!―中国メディア

Record China / 2016年09月17日13時40分

このほか、江戸時代中期には「私塾」が登場したことにも触れ、「緒方洪庵の『適塾』や、吉田松陰の『松下村塾』は日本の現代開国史上における有名な私塾である」「経済が発展するとともに、民間教育の基礎をなしてきた寺子屋で学ぶ人が増えた」などと解説した。 記事は、「科挙制度があった中国とは異なり、日本では身分が固定されていたために教育は基本的に家業の伝承が目的だった。 [全文を読む]

歴史人物に学ぶ、大人になるまでに身につけておきたい「大切な心」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月02日15時00分

人を救うことだけを考えよ 医者の心得を高く掲げた緒方洪庵 第3話:学んだことは、すぐに実行する 適塾の優等生、橋本左内が深夜にしたこと 第4話:何を言われても気にせず、信念を持って生きる 武田信玄と徳川家康の共通した必勝法 第5話:プレゼントされた品物は、いつまでも、大切に 五百着の着物を受け取った美男子・阿難 第6話:ごまかさず、こつこつ、まじめに取り組 [全文を読む]

『あさが来た』金八すぎる福沢諭吉が再び番組荒らし!「もはや武田鉄矢だけで幕末ドラマがつくれる」

AOLニュース / 2015年12月24日12時00分

確かにこれまで、『JIN』では福沢諭吉と適塾で師弟関係にあった緒方洪庵、『龍馬伝』では福沢と犬猿の仲だった勝海舟、さらには『幕末青春グラフィティ』では坂本竜馬を演じてきた武田鉄矢は、幕末人脈図を過去の出演作で制覇しつつある。巷では「それぞれの出演シーンを切り貼りしてもドラマ作れそう」との意見もある一方、「どれを見ても金八」という声もあり、武田鉄矢という"劇 [全文を読む]

イケメンは国境も時代も超える!リアル『薄桜鬼』 幕末イケメンランキングにフランス人の反応は?

おたぽる / 2014年04月03日13時00分

第8位 緒方城次郎くん(おがたじょうじろう)父は「日本の近代医学の祖」緒方洪庵。まあそれはともかくとして、意志の強そうないい息子さんがお生まれになったこと!第7位 山内作左衛門くん(やまうちさくざえもん)やんちゃもの、というか冒険すきなタイプの彼はロシアに留学していたそう。写真はなんとなく笑っているようにも見てとれますね。第6位 アーネスト・サトウくん唯一 [全文を読む]

フォーカス