原一男のニュース

1968年「新宿騒乱」で機動隊に投石できなかった臆病こそ「原一男映画」の原動力

メディアゴン / 2014年11月17日00時10分

原一男[ドキュメンタリー映画監督]* * *このコラムは「ドキュメンタリーを巡る様々な課題を考えてみよう」と書き始めたが、角度を変えて続けたい。ここからは、筆者・原一男の自己史とも重なってくる。筆者が少年時代を過ごしたのは、山口市。山口県の県庁所在地なのだが、盆地で、静かな城下町。日々の暮らしは静謐そのもの。刺激なんてありはしない。私は一日も早く、ここを抜 [全文を読む]

<原一男のゆきゆきて、シネマ>番組ゲストに紀里谷和明「ラスト・ナイツ」監督を異色の指名

メディアゴン / 2015年12月01日18時43分

原一男[ドキュメンタリー映画監督]* * *メディアゴンからの依頼で「ニコニコ生放送」で番組をやることになりました。何かやりたいことがあったらどうぞ、という誘い。元来、ノリのいいタイプ。「よし、オモロイことをやろう!」と即、ノッた。「ゆきゆきて、シネマ」。メディアゴンがつけたタイトル。これだけじゃちょっと寂しい、てなことを考えて“過激にトークを!自由にバト [全文を読む]

<11月29日ニコ生で配信決定>「ゆきゆきて、神軍」原一男監督と「ラスト・ナイツ」紀里谷和明監督の超異色対談に注目

メディアゴン / 2015年11月26日07時30分

さて、日本ドキュメンタリー界の至宝「ゆきゆきて、神軍」の原一男監督を執筆陣に抱えるメディアゴンでは、「ラスト・ナイツ」紀里谷和明監督を招聘し、原監督との対談をニコニコ生放送にて配信することが決定。映画ファンなら誰もが興味をそそられる紀里谷監督と原監督の異色対談が実現する。ドキュメンタリーとエンターテインメントのがっぷり四つ。11月29日20時より、ニコニコ [全文を読む]

<「ヒーロー不在」の平成>映画監督として「描きたい主人公に出会えない」絶望的状況

メディアゴン / 2014年11月20日11時04分

原一男[ドキュメンタリー映画監督]* * *1968年の新宿騒乱。その渦中にいて、機動隊に投石ができなかった自分の臆病さ、軟弱さをイヤというほど思い知った私・原一男。その「臆病さ」を克服するには、どうすればいいか? 自分より圧倒的に、精神力に優れていてタフな人に鍛えてもらうしかない!と考えた。全共闘運動はまぎれもなく私に「革命が起きるかもしれない」という幻 [全文を読む]

映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」「美術館を手玉にとった男」に見る成熟したアメリカのドキュメンタリー

メディアゴン / 2015年12月06日18時00分

原一男[ドキュメンタリー映画監督]* * *アメリカのドキュメンタリーを2本、続けて見た。「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」と「美術館を手玉にとった男」。いやあ、オモシロかった。以前から感じていることなのだが、アメリカのドキュメンタリーは成熟しているなあ、と改めて今回も感じた。ドキュメンタリーは「人間を描くこと」が究極の課題(ドラマはもちろんのこと)である [全文を読む]

<魂を揺さぶるご当地映画>「平成のヒーロー探し」として位置付けた「地域起こしのための映画作り」プロジェクト

メディアゴン / 2015年01月26日02時21分

原一男[ドキュメンタリー映画監督]* * *「平成のヒーロー探し」として位置付けた、近江八幡市の「地域起こしのための映画作り」プロジェクトに、話を戻そう。もう一度「市井の人々」に目を向けてみよう、と考えた。・・・いや、それしか考えようがなかったから、という言い方が当たっているのだが。この広いニッポン、どこかにはいるだろう、いつか出会えるだろう、と希望を捨て [全文を読む]

マイケル・ムーアは「ゆきゆきて、神軍」をこれまでに見た最高の傑作ドキュメンタリーと言った。

メディアゴン / 2014年12月09日01時12分

原一男[ドキュメンタリー映画監督]* * *つい先日(2014.11.18〜24)、モントリール国際ドキュメンタリー映画祭のレトロスペクティブに招待されて1週間滞在、帰国したばかりだ。自慢話になって恐縮だが、70年代〜80年代の筆者による作品たちは、圧倒的に好評だった。 「ドキュメンタリーというジャンルの中に“原映画”というジャンルが確固としてあると言って [全文を読む]

<障害者夫婦の権力関係>脳性マヒ者たちのコミューン「マハラバ村」はなぜ崩壊したのか?

メディアゴン / 2014年10月27日00時05分

原一男[ドキュメンタリー映画監督]* * *脳性マヒ者たちのコミューン「マハラバ村」が崩壊、解体へと突き進む。そのきっかけを作ったのが、他ならぬ「さようならCP」(1972)の主人公の一人・横田弘の夫婦だった。はっきり言えば「奥さんの淑子」さんだ。彼女は、脳性マヒ者(以下CPと略す)たちを疎外、差別しているはずの「健全者社会」に対して「抜きがたい憧れ」を誰 [全文を読む]

坂本龍一、過去の音への探求と現在の作曲プロセスをスクリーン上で

NeoL / 2017年04月03日14時18分

在学中、マイケル・ムーアなどにも影響を与えたドキュメンタリー作家の原一男(『ゆきゆきて、神軍』)のアシスタントディレクターとなり、卒業後、日本のテレビ向けでアメリカで撮影される様々なドキュメンタリーの制作に携わる。1990年代後半には、プロデューサー代理として、主要映画祭で注目される日本映画のマーケティングやファイナンス業務を行い、青山真治監督『ユリイカ』 [全文を読む]

日本アカデミー賞 7冠作品の「シン・ゴジラ」、早くも「ひかりTV」で提供決定!

PR TIMES / 2017年03月22日15時13分

また、俳優だけでなく、「メゾン・ド・ヒミコ」「眉山-びざん-」などで知られる犬童一心や、緒方明、塚本晋也、原一男といった映画監督も多数出演しています。これほどの出演者を初見ですべて把握するのは難しいので、ここはVODサービスでリピート視聴をして、意外な登場人物を見つけてみてはいかがでしょうか。ちなみに、本作品の出演者数は328人ですが、公式ホームページのキ [全文を読む]

フォーカス