寺田理恵子のニュース

テリー伊藤対談「寺田理恵子」(1)生島ヒロシさんとご縁があって…

アサ芸プラス / 2014年11月18日09時58分

●ゲスト:寺田理恵子(てらだ・りえこ) 1961年生まれ、東京都出身。元・フジテレビアナウンサー。84年、フジテレビに入社。「オレたちひょうきん族」のサブ司会を務め、「ひょうきんアナ」として知られた。89年に寿退社後は、フリーアナウンサーとして生島ヒロシとともに「ビッグモーニング」(TBS系)の総合司会を務めた。その後離婚し、00年に再婚の際にアナウンス業 [全文を読む]

テリー伊藤対談「寺田理恵子」(4)3度目の結婚はいかがですか?

アサ芸プラス / 2014年11月21日09時58分

テリー 寺田さんがフジテレビの局アナだった時代は、フジテレビもいちばん波に乗っている時代だったよね。 寺田 「たかがテレビ、されどテレビ」とか「8月8日はフジテレビの日」とか、そんなキャッチフレーズがありましたよね。そういった時に、特番の司会を務める機会をたまたまいただいて。だからフジテレビには、足を向けて寝られません(笑)。 テリー ファンがいっぱいいた [全文を読む]

テリー伊藤対談「寺田理恵子」(3)妻子がある身と知らずにいた

アサ芸プラス / 2014年11月20日09時58分

テリー 今はご主人の写真に向かって、どんなことを話してるんですか。いろいろとスキャンダルもあった方でしたけど。寺田さんも大変でしたよね。 寺田 ええ、その当時は。 テリー 「別れてやろう」とは思わなかったんですか。「あんたね、私だって日本一人気のあった花形アナウンサーなんだから、私の顔をつぶさないでよ」って、言ったりしなかったの? 寺田 言わなかったですけ [全文を読む]

テリー伊藤対談「寺田理恵子」(2)自宅でご主人が急に亡くなった?

アサ芸プラス / 2014年11月19日09時58分

テリー ご主人が大動脈瘤〈りゅう〉破裂で亡くなられたという状況は、大変だったでしょう。おうちの中だし。 寺田 はい。バスルームで倒れたんですけど、2日ぐらい前から「すごく体調が悪い」とは言っていたんです。 テリー お酒は飲むほうだったの? 寺田 飲みますけど、その大好きなお酒も飲まないくらい具合が悪かった。土日だったので休んではいたんですが、月曜日の朝に「 [全文を読む]

急死した元フジ寺田理恵子の夫は韓国芸能事務所の日本支社長

NEWSポストセブン / 2013年01月17日07時00分

元フジテレビアナウンサー・寺田理恵子さん(51才)の夫・関本雅一さん(享年53)の葬儀が昨年12月中旬、都内で行われた。参列者が家族と弟夫婦らごくごくわずかな親族のみ。最近多い密葬にしても、あまりにひっそりとした葬儀だった。それもそのはずで、仕事の関係者、近隣住民、友人らには、葬儀はおろか、その死さえ知らされていなかったという。「突然、倒れたため、すぐ病院 [全文を読む]

第23回「女子アナの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年07月21日18時24分

前者が、山村美智子(現・美智)、寺田理恵子、長野智子ら「ひょうきんアナ」の3人で、後者がリポーターとして世界各国を飛び回った「ひょうきん由美」こと益田由美アナである。 そう、ひょうきん由美。『なるほど!ザ・ワールド』は、そんな益田アナの人気も手伝い、最高視聴率36.4%の大ヒット。彼女はレギュラーを務めた6年半でのべ69カ国を回り、勇退する。 そして、通常 [全文を読む]

フジテレビ、好きな女子アナランキングでゼロ…アナウンス室で「深刻な事態」進行

Business Journal / 2017年07月20日06時00分

フジテレビが好調だった80年代前半は益田由美や寺田理恵子などが、後半には八木亜希子、河野景子、有賀さつきの3人娘が人気を博し、万全の体制を誇った。90年代に入ると日本テレビが女子アナユニット『DORA』を結成。さらに永井美奈子などが知名度を上げていき、00年代に入ってフジが視聴率三冠王を取り戻した頃は、内田恭子や高島彩などが看板女子アナとして活躍していまし [全文を読む]

忽然と消えた女子アナたちはいま!(5)菊間千乃は弁護士、宇田麻衣子は証券アナリストに転身

アサ芸プラス / 2017年03月04日09時59分

寺田理恵子(フジテレビ、84年入社)「オレたちひょうきん族」 元NEC会長の御曹司との「玉の輿婚」が話題になったが、夫が父に勘当され、さらに業務上横領容疑で逮捕された末に病死した。広重玲子(TBS、96年入社)「JNNニュース」「ランク王国」の担当時には、コスチューム衣装をめぐってスタッフと対立したことも。現在はTBSの広報部を経てベイテレビ事業部に。 [全文を読む]

元フジテレビ・近藤サト 「天の声」でテレビ復帰

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

娘の望む“習いごと”は思い切りやらせたいという親心のようです」(有賀の知人) 1980年代に“ひょうきんアナ”として一世を風靡した寺田理恵子(55)は、NEC元会長の長男と結婚したが2012年に死別した。 「相当な遺産があったようですが、娘の歌手デビューを巡るトラブルが起こるなど、私生活ではゴタゴタが続きました。2014年、懇意にする生島ヒロシ(65)に背 [全文を読む]

あの黄金世代女子アナの今!(1)TBSで人気だった雨宮塔子が古巣に返り咲き!

アサ芸プラス / 2016年07月23日09時57分

“ひょうきんアナ”山村美智子(59)や寺田理恵子(54)らと同僚だったフリーアナの福井謙二(62)は、自局の方針に驚いたという。「アナウンサーがここまでやっていいんだ、と思いました。男女を問わずアナがバラエティに出ることはそれまでなかったですから」 福井がブームの到来を本格的に予感したのは、八木、有賀さつき(50)、河野景子(51)の3人がフジテレビに入社 [全文を読む]

2代目ひょうきんアナ 寺田理恵子が語る「フジテレビのあのころと今」

WEB女性自身 / 2016年06月19日06時00分

そんな方たちには、楽しく育ててもらったというよりも、厳しく鍛えられたという気持ちのほうが強いです」 こう語るのは、 84年、フジテレビにアナウンサーとして入社した寺田理恵子(54)。『オレたちひょうきん族』の 2代目ひょうきんアナ として人気を博した彼女が当時を振り返る。 「 初代ひょうきんアナ の山村美智子さんが、新婚旅行に行くことになり、そのピンチヒッ [全文を読む]

格差ここまで!?高島彩がフジテレビ先輩アナたちをあざ笑った日

アサ芸プラス / 2015年10月21日09時59分

「同窓会には寺田理恵子をはじめ、有賀さつきや近藤サト、阿部知代、大坪千夏、岩瀬恵子などフジテレビ黄金期の女子アナたちが集結。イタリアンをつつきながら、河田町時代の思い出話に花を咲かせていました。そんなフジテレビの先輩アナたちがひとまとめの雑な扱いなのに対して、裏番組ではこれでもかとビシッとメイクをキメたアヤパンが美貌を振りまきながらのピン出演。下衆ですが、 [全文を読む]

フジテレビ カトパンに代わる人気女子アナが生まれない理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月09日17時30分

フジテレビは80年代初頭に山村美智子アナ(表記は当時)が『オレたちひょうきん族』で、益田由美アナが『なるほど!ザ・ワールド』で売り出されて以降、寺田理恵子、八木亜希子、河野景子、中村江里子、小島奈津子、木佐彩子、内田恭子、高島彩、中野美奈子、生野陽子など、絶え間なく人気女子アナを生み出してきた。それがここ数年、なかなか新たな芽が出てきていない。フジテレビに [全文を読む]

女子アナ 洋服の選び方も男性目線を理解しないと生き残れない

NEWSポストセブン / 2015年05月15日11時00分

寺田理恵子(元フジテレビ)、雪野智世(元テレビ朝日)、新井麻希(元TBS)、亀井京子(元テレビ東京)らが、その説について語り合った。 雪野:私は30歳で退社しました。当時は月の残業が100時間を超えて、心身ともに疲れ果てていた。そんなときにこれからのことを考えたんです。アナウンサーは年齢を重ねると番組から声が掛かることが少なくなり、他部署に移ることが多い。 [全文を読む]

女子アナのアルバイト 10万円を超えたら1割局に払う規則も

NEWSポストセブン / 2015年05月14日07時00分

かつて局アナとして活躍していたが現在は会社を離れた寺田理恵子(元フジテレビ)、雪野智世(元テレビ朝日)、新井麻希(元TBS)、亀井京子(元テレビ東京)がここに集った。そんな彼女達が、「アナウンサーの裏事情」について語り合った。 雪野:テレ朝は私がいた頃はアルバイトOKでした。先輩たちは、給料と同じぐらいの額をアルバイトで稼げたといっていました。 新井:TB [全文を読む]

女子アナの球場取材 ポロリ防ぐために胸元に両面テープ貼る

NEWSポストセブン / 2015年05月13日11時00分

寺田理恵子(元フジテレビ)、雪野智世(元テレビ朝日)、新井麻希(元TBS)、亀井京子(元テレビ東京)──。集ったのは民放キー局出身の人気アナたち。「アナウンサーの秘密」についての座談会は大いに盛り上がった。 寺田:『ひょうきん族』は、スタッフから「派手な衣装で」といわれていました。珍しく衣装がタイアップで借りられましたが、店に自分で選びにいくのが大変でした [全文を読む]

亀井京子アナ 入社1年目にバナナを食べさせられた過去告白

NEWSポストセブン / 2015年05月11日07時00分

寺田理恵子(元フジテレビ)、雪野智世(元テレビ朝日)、新井麻希(元TBS)、亀井京子(元テレビ東京)──。集ったのは民放キー局出身の人気アナたち。「アナウンサーの秘密」について座談会は盛り上がった。 寺田:女子アナには知られざるルールが結構ありますよね。私は「ロングヘアは髪の毛がかさばるからNG」「大きなイヤリングはダメ」「番組では言動を慎むように」といわ [全文を読む]

再起不能レベル…フジテレビ、尋常じゃない視聴率崩壊 TBS凋落と同じ理由&現象が!?

Business Journal / 2015年04月28日23時00分

90年代には『ビッグモーニング』で寺田理恵子(元フジ)を、『ニュースの森』で久和ひとみ(フリー)を、『筑紫哲也NEW23』で草野満代(元NHK)を使った。2000年に入っても、その傾向は変わらず、『NEW23』には膳場貴子(元NHK)、『あさチャン!』には夏目三久(元日本テレビ)を起用。局を上げての一大イベント『世界陸上』でも中井美穂(元フジ)がキャスター [全文を読む]

アラ50でキャスター復帰へ 元フジアナ寺田理恵子さん

WEB女性自身 / 2015年01月26日07時00分

「14年ぶりにスタジオに入った途端に、生島(ヒロシ)さんが『大丈夫!本番行きますよ〜』と言ったあと、ピカッとランプがついた瞬間ドキッとしました」 そう語るのは昨年10月、TBSラジオ『生島ヒロシのサタデー・一直線』(毎週土曜日、5:05〜6:00放送)でアナウンサーとして活動を再開した寺田理恵子さん(53)。柔らかで透き通る声は、ブランクをまるで感じさせな [全文を読む]

元フジ…熟女アナたちの「波瀾万丈」

NewsCafe / 2015年01月19日17時00分

「タレント、有賀さつき(49)とフリーアナ、寺田理恵子(53)が相次いで評判を落としています」というんは女子アナウオッチャー。 一体何があった? 「まずは有賀の場合。『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、別れた夫の悪口を言い、ネットを炎上させました」 有賀は2002年、フジの解説委員・和田圭氏(62)とデキちゃった婚をして世間を驚かせたが、わずか [全文を読む]

フォーカス