宮尾登美子のニュース

直木賞作家・宮尾登美子の追悼番組がNHKで放送決定

Smartザテレビジョン / 2015年01月21日17時57分

昨年12月30日に死去した作家の宮尾登美子さん(享年88)の追悼番組をNHK総合とNHK BSプレミアムで放送することが決定した。 宮尾さんは、女性の波瀾万丈な人生を描き、'73年には「櫂」(新潮文庫)で太宰治賞を受賞、'79年には「一絃の琴」(講談社)で直木賞を受賞するなど、数々の賞に輝き、多くの読者を魅了してきた。また、NHKではこれまで大河ドラマ「義 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(1)「鬼龍院花子の生涯」脚本家・高田宏治インタビュー

アサ芸プラス / 2016年09月11日09時57分

最初はベテランの野上龍雄さんに五社さんが頼んでいたけど、宮尾登美子の原作を読んで「気乗りがしない」と。僕は逆に土佐弁の魅力もあり、おもしろいなと思ったよ。──当時は清純派だった夏目雅子が、養父に抱かれる場面もある役を快諾したんでしょうか?高田 それどころか五社さんのところに行って、台本を尻に敷いて「絶対、私にやらせてくれないとここを動きません!」と迫ったそ [全文を読む]

女優たちの「初濡れ場」メモリアル(1)南野陽子がインタビューで答えたこと

アサ芸プラス / 2017年04月03日09時57分

この「寒椿」と同じ宮尾登美子原作で大ヒットしたのは、夏目雅子(享年27)の出世作「鬼龍院花子の生涯」(82年、東映)だ。「あては鬼政の娘じゃき。なめたらいかんぜよ!」 流行語にもなったタンカだが、養父の鬼政(仲代達矢)は、夏目演じる松江を荒々しく抱こうとする。着物の裾が乱れ、太腿があらわになる。さらに鬼政は着物の合わせ目から手を差し入れ、乳房をせわしなく [全文を読む]

六甲高山植物園 深山に咲く希少な花 約3,000株のキレンゲショウマの群落がまもなく見頃!

@Press / 2016年07月26日16時45分

キレンゲショウマは、宮尾登美子著の小説「天涯の花」でも紹介され、広く知られるようになりました。舞台となった四国の剣山などの限られた場所でしか見られない希少な花ですが、当園では、涼しげに咲く姿が群落でご覧いただけます。年々株が大きくなり、花数も増えて見応えが増してきており、今年は例年より1週間早く開花を迎えました。 ■キレンゲショウマ(ユキノシタ科) キレ [全文を読む]

六甲高山植物園 深山に咲く希少な花 約3,000株のキレンゲショウマの群落がまもなく見頃!

PR TIMES / 2016年07月26日16時01分

キレンゲショウマは、宮尾登美子著の小説「天涯の花」でも紹介され、広く知られるようになりました。舞台となった四国の剣山などの限られた場所でしか見られない希少な花ですが、当園では、涼しげに咲く姿が群落でご覧いただけます。年々株が大きくなり、花数も増えて見応えが増してきており、今年は例年より1週間早く開花を迎えました。 [画像: http://prtimes. [全文を読む]

六甲高山植物園 深山に咲く希少な花 1500株のキレンゲショウマの群落がまもなく見頃!

@Press / 2015年07月31日15時15分

六甲高山植物園HP http://www.rokkosan.com/hana/ キレンゲショウマは、宮尾登美子著の小説「天涯の花」でも紹介され、広く知られるようになり、舞台となった四国の剣山などの限られた場所でしか見られない希少な花ですが、六甲山で涼しげに咲く姿が群落でご覧いただけます。年々株が大きくなり、花数も増え、見応えが増してきています。 ■キレン [全文を読む]

六甲高山植物園 深山に咲く希少な花 1500株のキレンゲショウマの群落がまもなく見頃!

PR TIMES / 2015年07月31日15時03分

六甲高山植物園HP http://www.rokkosan.com/hana/ キレンゲショウマは、宮尾登美子著の小説「天涯の花」でも紹介され、広く知られるようになり、舞台となった四国の剣山などの限られた場所でしか見られない希少な花ですが、六甲山で涼しげに咲く姿が群落でご覧いただけます。年々株が大きくなり、花数も増え、見応えが増してきています。 [画像1 [全文を読む]

林真理子氏 新作で「ねっとりした大人の小説書きたかった」

NEWSポストセブン / 2014年12月01日16時00分

「寂聴先生のモデル小説や、宮尾登美子さんの『きのね』『一絃の琴』のようなねっとりした大人の小説が大好きなんです。女の人が熱狂するああいう小説を読みたい、私なりに書いてみたい、と思って書いたのがこの小説です」 (取材・文/佐久間文子) ※女性セブン2014年12月11日号 [全文を読む]

早世のマドンナたち③ 夏目雅子 死の12年後に公開された幻のヌード秘話(3)

アサ芸プラス / 2012年07月11日10時54分

宮尾登美子の女流文学をもとに、五社英雄が監督を務めた82年の大ヒット作「鬼龍院花子の生涯」である。 実はこのセリフは原作になく、後から書き足したと脚本の高田宏治は言う。 「五社監督が提案しても東映はなかなかOKしなかった。企画から1年以上、ようやく仲代達矢や岩下志麻が出ることでクランクインになった。そんな五社監督の心中もあって『なめたらいかんぜよ!』ってセ [全文を読む]

80年代黄金ヒロインたち・最終回 池上季実子

アサ芸プラス / 2012年06月01日10時54分

ケンカシーンにマスコミ殺到 〈女は競ってこそ華、負けて堕ちれば泥〉 原作・宮尾登美子、監督・五社英雄による文芸ロマン「陽暉楼」(83年/東映)に添えられたキャッチコピーだ。主演は、これが初めての五社作品となる池上季実子(53)で、華を競う相手・珠子には浅野温子が扮している。 舞台は昭和初期の土佐・高知で、.客の男・太田勝造(緒形拳)と、その娘で遊女になる [全文を読む]

フォーカス