足利義教のニュース

春めく古都をぶらりと散策。京都通が案内する八坂通りの歩き方

まぐまぐニュース! / 2017年03月04日08時00分

ちなみに現在の五重塔は室町幕府6代将軍・足利義教(よしのり)が建てたものと伝わっています。 ● 法観寺 八坂の塔 このすぐ近くには、イル・ギオットーネという素敵なイタリアンレストランがあるので是非一度行ってみて下さい。京都で有名なイタリアンのお店なので予約していった方がよさそうですね。 ● イル・ギオットーネ いかがでしたか? 京都は日本人の知識と教養の宝 [全文を読む]

『応仁の乱』よんでみた:ロマン優光連載78

ブッチNEWS / 2017年03月03日17時45分

研究者の書いた真摯な歴史考察の本に関して、「やっぱ、万人恐怖・足利義教だなー」とか「魔法半将軍・細川政元最高か」ぐらいの低レベルな見解しか持っていない私が何か有意義な発言ができるわけがないではないか! しかし、これも仕事。つ、つらい…。 まず、全体的な感想を言いますと、非常に面白い本です。跡目争い、政治的な対立、隣接する領地のトラブルなど、目的が違うもの同 [全文を読む]

【新刊】「新日本人物史 ヒカリとあかり」3巻 発売中

PR TIMES / 2017年02月01日14時42分

[画像: https://prtimes.jp/i/21716/23/resize/d21716-23-918715-0.jpg ] 「源実朝」「鴨長明・兼好法師」「北条時宗」「楠木正成・高師直」「足利義教」「大内教弘」の8人を取り上げています。 歴史の勉強は、勝者や勇者だけに目が行きがちですが、実は「裏と表」があります。南北朝の争い、民衆の一揆など、敗 [全文を読む]

【真田丸】「関ヶ原のキーマン」小早川秀秋は肝疾患だった?新説に注目

しらべぇ / 2016年07月17日05時30分

ちなみに義量の後任は、万人恐怖の政治を行った「狂える将軍」足利義教である。いずれにせよ、「酒で早死する武将」は決して珍しくはないのだ。■歴史学の自由度こうした「戦国武将に関する新説」は、最近頻繁に登場するようになった。しかもそれは歴史学者ではなく、アマチュアの研究家が提唱する場合が多い。歴史学とは「解釈の学問」だから、様々な分野のプロフェッショナルが独自の [全文を読む]

<毎回「脳内脚本」を書いてます>私、江川達也は大河ドラマ「花燃ゆ」の屈折した大ファンである

メディアゴン / 2015年05月20日10時30分

光源氏(これは架空の人)、楠木正成、足利義教、織田信長、吉田松陰、伊藤博文、山県有朋、山本権兵衛、石原莞爾。自分以外の作者の描く歴史漫画は大体が嘘八百だと思っている。まあ、自分も編集者から漫画として面白くする為にウソをつくように説得されてしまったことがあるので大きな顔は出来ない。漫画として面白く描こうとすると歴史的史実と矛盾する。漫画として面白いということ [全文を読む]

フォーカス