佐伯祐三のニュース

【ホテル日航大阪】『佐伯祐三とパリ』展の開催を記念して、フランス料理「レ・セレブリテ」特別ランチメニューや割引ご優待を提供!

PR TIMES / 2012年04月27日12時04分

今年秋 開業30周年を迎える、大阪・心斎橋のホテル日航大阪(大阪市中央区西心斎橋1-3-3:総支配人代行 高橋 信行)のフランス料理「レ・セレブリテ」は、4/28(土)~7/16(月・祝)の間、大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室(大阪市中央区南船場3-4-26出光ナガホリビル13階:ホテルより徒歩約10分)にて開催される『佐伯祐三とパリ ポスターのある [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】ホテルの魅力を楽しむ絵画展 第19回 秘蔵の名品 アートコレクション展 『モネ ユトリロ 佐伯と日仏絵画の巨匠たち―フランスの美しき街と村のなかで―』

PR TIMES / 2013年06月25日14時25分

●黒色:佐伯祐三《リュクサンブール公園》(田辺市立美術館蔵)1924年、フランスに渡った佐伯祐三は里見勝蔵の紹介で、ブラマンクに作品を見せたところ、「このアカデミック!」と批判され、長時間罵倒されました。自分の表現を批判された佐伯は、激しい葛藤の中で、黒や赤、どす黒い青緑色の絵具を、激しい筆使いやパレットナイフで塗りこめるように描きました。その激しい色使い [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】チャリティーイベント『第19回 秘蔵の名品アートコレクション展』~モネ ユトリロ 佐伯と日仏絵画の巨匠たち-フランスの美しき街と村のなかで-~

PR TIMES / 2013年05月02日12時34分

今夏は、印象派の牽引者クロード・モネの《睡蓮》や印象派に続きフランスにて活躍した佐伯祐三の名作《リュクサンブール公園》など、フランスの風光明媚な街や村を描いた日仏絵画の巨匠たちの名作約90点を一堂に展示いたします。<19回目を迎えるホテルオークラ東京独自の絵画展>ホテルオークラ東京の創業者 大倉喜七郎は、横山大観などの日本画家たちを全面支援し、1930年に [全文を読む]

【ホテル日航大阪】開業30周年&「佐伯祐三とパリ」展 開催を記念した特別イベント フランス料理「レ・セレブリテ」「パリ祭 アコーディオンのアンサンブル」開催!

PR TIMES / 2012年07月02日11時05分

現在当店では、大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室(大阪市中央区南船場3-4-26出光ナガホリビル13階:ホテルより徒歩約10分)にて開催中の『佐伯祐三とパリ』展にちなみ、佐伯祐三がパリで暮らしていた20世紀はじめのフランス料理を再現した特別ランチコース(お一人様¥4,300)をコラボメニューとして提供しています。そこで今年の『パリ祭フェア』では、“画家 [全文を読む]

日本画と洋画、二つの大河の流れを秘蔵の名品から感じる「絵画の潮流展」

サライ.jp / 2017年03月07日11時30分

日本画では横山大観はじめ、東山魁夷・杉山寧・村上華岳・速水御舟・片岡珠子・田中一村・加山又造・平山郁夫ら、洋画では高橋由一はじめ、青木繁・岸田劉生・梅原龍三郎・安井曾太郎・佐伯祐三・小磯良平ら、誰もが知る近代日本の画家たち34名、約60点の作品を紹介します」 伝統を継承しつつ新たな挑戦によって生み出された日本画、写実と立体的な表現を求めた洋画、それぞれの [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】日本赤十字社、NHK厚生文化事業団に純益金を寄付:チャリティーイベント 第22回 『秘蔵の名品 アートコレクション展』旅への憧れ、愛しの風景 ―マルケ、魁夷、広重の見た世界―

PR TIMES / 2016年10月17日17時53分

第2章では、東山魁夷をはじめ、佐伯祐三ら明治以降の日本人画家が西洋風景に出会い描いたヨーロッパ風景と、20世紀フランスの重要な風景画家であり、静かで卓越した描写で注目されるアルベール・マルケの描いたフランスや地中海風景の絵画18点を展示し、その対比をお愉しみいただきました。また、第3章では、日本通運株式会社所有の歌川広重《東海道五十三次》全55枚を一堂に展 [全文を読む]

明治天皇はなぜ、どのようにすり替えられたのか? 落合莞爾・大暴露インタビュー

tocana / 2016年09月16日17時00分

始まりは平成7年(1995)9月に来訪された吉薗明子(よしぞの・あきこ)さんから、家蔵の佐伯祐三絵画の真贋調査を頼まれたことでした。明子さんの父・吉薗周蔵(よしぞの・しゅうぞう)の日記を見ると、周蔵は大正から昭和初年にかけて陸軍に最高首脳として君臨した元帥・上原勇作の個人付き特務(秘密諜報員)で、上原元帥の命を受けて陸軍に関わる極秘の国事工作に携わっていた [全文を読む]

第101回二科展開催のご案内

PR TIMES / 2016年08月16日10時47分

二科会の活動に参加した主な作家は、安井會太郎、熊谷守一、東郷青児、岸田劉生、梅原龍三郎、小出樽重、中川一政、林武、佐伯祐三、宮本三郎、岡田謙三、藤田嗣治、岡本太郎など、また海外からはジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ヴァン・ドンゲン、ヴィヤール、ボナール、ブールデル、ザッキン、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニ、など多 [全文を読む]

「二科展」の第100回記念展、国立新美術館にて9月に開催

FASHION HEADLINE / 2015年08月24日16時00分

これまでの参加者は、安井會太郎、熊谷守一、東郷青児、岸田劉生、梅原龍三郎、小出樽重、中川一政、林武、佐伯祐三、宮本三郎、岡田謙三、藤田嗣治、岡本太郎など。海外からもジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ボナール、ブールデル、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニなど、数多くの著名作家の作品が出品された。 「第100回記念 二 [全文を読む]

第100回記念 二科展開催のご案内

PR TIMES / 2015年08月24日09時36分

二科会の活動に参加した主な作家は、安井會太郎、熊谷守一、東郷青児、岸田劉生、梅原龍三郎、小出樽重、中川一政、林武、佐伯祐三、宮本三郎、岡田謙三、藤田嗣治、岡本太郎など、また海外からはジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ヴァン・ドンゲン、ヴィヤール、ボナール、ブールデル、ザッキン、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニ、など多 [全文を読む]

夏の終わり、アートから始まる恋(ハート) 美術館 de 街コン in 伝説の洋画家たち 二科100年展

PR TIMES / 2015年08月19日15時49分

岸田劉生、佐伯祐三、小出楢重、関根正二、古賀春江、坂本繁二郎、藤田嗣治、松本竣介、東郷青児など、二科展によって名をはせるようになった芸術家は数えきれません。本展は、日本三大公募展の一つ「二科展」が、2015年に第100回を迎えることを記念して開催されます。日本美術史に欠かせない伝説の洋画家、彫刻家たちの厳選された二科展出品作品約120点を、時代背景やエピソ [全文を読む]

「伝説の洋画家たち 二科100年展」梅原龍三郎「読書」を追加展示!いよいよ後期展示開始!

@Press / 2015年08月14日15時00分

岸田劉生、佐伯祐三、小出楢重、関根正二、古賀春江、坂本繁二郎、藤田嗣治、松本竣介、東郷青児など、日本美術史に欠かせない伝説の洋画家、彫刻家たちの厳選された二科展出品作品約120点を、時代背景やエピソードを織り交ぜながら紹介しております。二科展の歩みを通して日本近現代美術史を知ることができる必見の展覧会です。 【本展開催情報】 会期 :2015年7月18日( [全文を読む]

石坂浩二・小倉智昭・工藤静香のおすすめ作品は? 「伝説の洋画家たち 二科100年展」開催

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月06日18時00分

岸田劉生、佐伯祐三、小出楢重、関根正二、古賀春江、坂本繁二郎、藤田嗣治、松本竣介、東郷青児など、「二科展」によって名をはせるようになった芸術家は数えきれない。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 2015年7月18日(土)より開催されるのが、「伝説の洋画家たち 二科100年展」(以下、二科100年展)。日本美術史に欠かせない伝説の洋画家、彫刻家たちの厳 [全文を読む]

「伝説の洋画家たち 二科100年展」石坂浩二さん(俳優)が音声ガイドナビゲーターに!~ 5名の芸能・文化人による「わたしがおススメするこの1点」も発表! ~

@Press / 2015年07月01日14時30分

本展は、岸田劉生、佐伯祐三、小出楢重、関根正二、古賀春江、坂本繁二郎、藤田嗣治、松本竣介、東郷青児など、二科展によって名をはせるようになった画家、彫刻家たちの厳選された二科展出品作品約120点を、時代背景やエピソードを織り交ぜながら紹介します。 二科展との関わりも深い石坂さんが出品作品をわかりやすく解説する本展音声ガイドは、解説時間約30分で、貸出価格は [全文を読む]

日本最大のアートフェア 「アートフェア東京」 国際フォーラムで開催

太田出版ケトルニュース / 2014年03月06日11時44分

さらに「日本が創った近代」をテーマに、梅原龍三郎、佐伯祐三、藤田嗣治らの作品を紹介する「アーティスティックプラクティス」、日本を代表する現代美術の画廊が企画性の高いプロジェクトを展開する「ジープラス」、工芸、ジュエリー、ファッションなど、現代の応用美術をアートの文脈で紹介する「トーキョーリミテッド」など、多様なセクションが用意されている。 『アートフェア東 [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】東日本大震災復興支援チャリティーイベント 「アートで心をつなぐ」『第18回 秘蔵の名品アートコレクション展』 東京美術学校から東京藝術大学へ 日本絵画の巨匠たち

PR TIMES / 2012年07月13日19時23分

<画像>(左より)黒田清輝《婦人像(厨房)》 明治25年(1892) 東京藝術大学蔵横山大観《村童観猿翁》 明治26年(1983) 東京藝術大学蔵松岡映丘《千草の丘》 大正15年(1926)藤島武二《池畔納涼》 明治30年(1897) 東京藝術大学蔵佐伯祐三《自画像》大正12年(1923) 東京藝術大学蔵■チャリティーイベント「アートで心をつなぐ」秘蔵の名 [全文を読む]

フォーカス