伊藤克信のニュース

松山ケンイチと北川景子、若き日の失態談で森田芳光監督を偲ぶ

Movie Walker / 2015年12月20日20時21分

松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信らキャストと、杉山泰一監督が登壇した。松山は「今日は森田監督の命日ですので、こういうタイミングでこの作品の完成披露ができるのはとても感慨深いです」と語った。 森田監督とのエピソードを尋ねられた松山は「いちばん覚えているのが、『椿三十郎』の舞台挨拶で怒られたことです。最後の決闘のシーンの後、織田(裕二)さんが去っていくシーンで [全文を読む]

秋吉久美子、『の・ようなもの』のソープ嬢役は「口説かれてないです」

Movie Walker / 2016年01月23日19時15分

初日となる本日、同劇場で、秋吉久美子と伊藤克信、『の・ようなもの のようなもの』の杉山泰一監督が、35 年ぶりに映画撮影時のエピソードと新作の魅力を語った。秋吉は、今回の上映について「森田に代わって、光栄に思います」とお礼を述べた。 『の・ようなもの』で伊藤克信は、古典落語の修業に励む二ツ目の落語家役で、秋吉は、風俗嬢エリザベス役を演じた。秋吉は、森田監督 [全文を読む]

北川景子、故・森田芳光監督夫人に「DIO」と祝福される

Movie Walker / 2016年01月16日13時09分

松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、尾藤イサオ、野村宏伸、杉山泰一監督が舞台挨拶に登壇した。サプライズで、森田監督夫人である三沢和子プロデューサーからの感謝の手紙が読まれ、北川は目に涙をうるませた。 三沢プロデューサーの手紙には「お2人から森田芳光に対する温かい思いをひしひしと感じました」とあり、松山には「森田が、松山さんは自分と感性が一致すると、絶大なる信 [全文を読む]

松山ケンイチと北川景子が森田監督の命日に大喜利!

Movie Walker / 2015年12月20日18時16分

松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、杉山泰一監督が、古今亭志ん丸の進行の下、大喜利を行った。 松山は、「青春」のお題をチョイスし「青春とかけまして、エスプレッソのようなものとときます。その心は、最後に苦味が残ります」と言うと、拍手が上がり、伊藤が「やるね!」とほめちぎる。 続いて北川は「落語」を選び「落語とかけまして、お洒落のようなものととく。その心は、どち [全文を読む]

『の・ようなもの のようなもの』の予告編が解禁!

Movie Walker / 2015年09月25日13時00分

主演を森田監督の遺作『僕達急行 A列車で行こう』(12)の松山ケンイチが、ヒロインを『間宮兄弟』の北川景子が務め、そして『の・ようなもの』と同じ役で伊藤克信が登場する本作。予告編では、生真面目なばかりでさえない落語家・出船亭志ん田に扮した松山が落語を披露し、昔一門にいた兄弟子・志ん魚(伊藤克信)とのおかしな共同生活がスタート。志ん田を振り回しながら見守る [全文を読む]

北川景子が涙「忘れてほしくない」

モデルプレス / 2016年01月17日06時55分

なお、イベントにはこのほか松山ケンイチ、伊藤克信、尾藤イサオ、野村宏伸、杉山泰一監督が登壇した。(modelpress編集部) [全文を読む]

北川景子「DIO!」サプライズメッセージに感激「胸がいっぱい」

モデルプレス / 2016年01月16日11時38分

なお、イベントにはこのほか松山ケンイチ、伊藤克信、尾藤イサオ、野村宏伸、杉山泰一監督が登壇した。(modelpress編集部) [全文を読む]

松ケン&北川景子共演映画は下町“谷中”が舞台

Walkerplus / 2016年01月16日11時00分

落語を捨て気楽に生きる兄弟子・志ん魚(伊藤克信)との出会いや、思いを寄せる師匠の娘・夕美(北川)との関係を通し、自分らしく生きる楽しさに気づいていく。そして、作品全体から漂うゆるやかで温かい空気感や、さりげない人情を引き立てているのが、どこか懐かしい谷中の景色。その魅力を、劇中に登場した店やスポットを巡りながら紹介する。■ 「都せんべい」谷中といえば谷中銀 [全文を読む]

松山ケンイチと北川景子が語る森田芳光監督作の魅力

Movie Walker / 2016年01月15日14時00分

彼は、以前に一門にいた兄弟子・志ん魚(しんとと/伊藤克信)をもう一度高座に立つよう説得するため、2人でおかしな共同生活を始める。北川は、志ん田が思いを寄せるヒロイン、夕美役を演じた。松山は、35年ぶりに『の・ようなもの』の続編が製作されることを聞いた時、とても喜んだと言う。「森田さんが亡くなって、森田組のキャストもスタッフももう集まれないと思っていたので、 [全文を読む]

松山ケンイチと北川景子が森田芳光監督を語る

Movie Walker / 2016年01月14日13時23分

30歳で脱サラした冴えない落語家・志ん田(しんでん/松山ケンイチ)が、以前一門にいた兄弟子・志ん魚(しんとと/伊藤克信)をもう一度高座に立つよう説得するため、おかしな共同生活を始める。北川は、志ん田が思いを寄せるヒロイン、夕美役を演じた。 この志ん田役は、森田監督の遺作『僕達急行 A列車で行こう』(12)で松山が演じた小町役がモチーフとなっているし、夕美役 [全文を読む]

フォーカス